1
/
5

パンスクのブルーベリーチーズパン(社内孤独編)


時間や社会に囚われず幸福に空腹を満たすとき、
束の間、彼は自分勝手になり、自由になる。

誰にも邪魔されず、気を使わず物を食べるという孤高の行為。
この行為こそが、現代人に平等に与えられた最高の癒しと言えるのである。

第一話 パンスクのブルーベリーチーズパン(社内孤独編)

いい感じにおしゃれなオフィス。
この自由な空間で力を最大限発揮してくれと言わんばかりだ。

お、あれは、、、冷蔵庫だ。


家庭用か、、どうやら社長が使っていたものらしい。
冷凍庫を開けるとそこには

「冷凍のパンがあるのか。」


しかもこれが食べ放題だというから驚きだ。
いろんなパンがあるんだな。

これにしてみよう”ブルーベリーチーズパン”。


ドリンクも飲み放題らしい。

すごい福利厚生だ。
ちなみにできるビジネスマンはドデカミンを飲むらしい。

迷わずにドデカミンを選択する。

レンジでチンすればすぐに食べられるらしい。
時間を50秒に設定して束の間の待ち時間を過ごす。

この感覚がたまらないんだよなぁ。

表記の時間を微妙に無視してるんだよなあ。

完成の時間はすぐに訪れた。

早速一口食べてみよう。


ブルーベリーの芳醇な香り
甘さのないクリームチーズが包み込みパンとうまく調和している。

美味いじゃないか。


フランスパンの部類に入るのでパンが少し硬い

そしてクリームチーズがレンチンなのでめちゃくちゃ熱い(噛みきれない)

口の皮がすでにデロデロです!


でもそれ以上の感動がある。

しかもこのパン。どれだけ食べても無料らしい。

社長の素敵な思いやりが感じられるこの社食制度。

ちなみにヨーグルトやカップ麺も食べ放題なので、

ぜひともオフィスで堪能して欲しい。

そして猿では僕を孤独から開放する22卒人材を大募集しています。

ちょっとでも面白いと感じた方はぜひとも応募してみてください。

株式会社 猿's job postings
8 Likes
8 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more