1
/
5

『やっぱ猿しか勝たん!』数あるインターン先から猿に即決した理由!♯2

こんにちは!
インターン歴3か月目のナホです!☺

洋服大好き!買い物大好き!友達とはインスタでご飯行くところ探して予約してカフェ行って☕
そこらへんにいる大学三年生です!

さてさて!今回は前回の後編になります!

✔前回の記事↓↓こちらの続きになりますので是非読んでください!

1、散々悩んで何故猿にしたのか!?

色んな企業を受けていくなかでも、何故猿を選んだのか…
それは、

『FBを的確にくれたから!』

正直これが一番大きかったです。

・なにがよかったのか?なにができているのか?
・なにが課題なのか?

など、自分の課題を理解して、じゃあ次はどうするのか!がわかりやすいとどんどん自分のスキルを上げられる気がしていました。
だからこそ周りの人の意見をとても大事にしたいと思っていました。

1DAYインターンのワークに関して実際にいただいたFBがこちらになります♪

まだ猿に入ると決めていないインターン生候補にもFBをくれて、スキルアップできる機会が溢れていて、自己成長できるチャンスが沢山あると思って猿にしました🐵!
そして猿に入った私は、どんな動きでお仕事をしていたのかご紹介します♪

2、猿に入ったらどんな動きなのか!?

✔業務内容(ノルマ)

入ってから最初の2か月で

①1DAYインターンで扱った記事LP1本作成
②もう1つの記事LP作成
③SEO記事15本作成、または他の仕事が任せられる

まずはこのノルマをひたすらにこなします!🐵💻

私は最初の記事LP2本、SEO記事14本、途中で他の記事LPを作成したりしていました!

✔メンター制度

先輩インターン生が1人ついてくれて、記事作成や仕事に関して全てサポートしてくれます!!☺

記事作成(自分)→FB(先輩)→修正(自分)→FB(先輩)

って感じで良い記事が書けるようにとことん寄り添ってくれます!

ちなみに私についてくれた先輩(※1)には本当にお世話になっていて、いつも快く対応していただいて感謝です!
FBをいただくときは毎回こんな感じで↓↓

毎回FBをくださるとき、必ず褒めてくれてその後に改善点の提案などを伝えてくれて、常に最高モチベで記事作成に取り組むことができました!
『こうして!!!』って言われるよりも『こっちのほうがいいかも!!』の方が自分でより良いもの考えるきっかけにもなり、沢山学ばせていただきました♪

記事を書いていてわからないことなども丁寧に教えてくれるので心強かったです!

3、インターン3か月目で実感することは!?

でも実際、インターン3か月で何が変わるの!?

しいて言うなら、

記事LPやSEO記事の書き方のノウハウなどを学べて記事作成ができるようになったことです!☺(まだまだ修行は必要ですが…)

でも!!!今までビジネスを1ミリも経験したことがない私にとって

✔自分の記事が誰かに読まれるという責任感を持つようになった
✔前回よりも良い記事を書く!って熱くなれた
✔猿はインターン生にも色んな仕事を任せてくれるので、猿以外の方とお仕事をさせていた だくなかで、色んな会社や仕事を知り、社会勉強になったり…
✔年上の方と話すのが苦手だった私が抵抗なく話せるようになったり…

3か月前の私と比べたら大人と話すことに慣れ、仕事をする責任感も芽生えたと思います!

まだまだ『できないこと』が多くて、できないことが多い状況を私は楽しみながら、先輩方を頼らせていただきながら業務をこなしています!

猿の魅力を伝えつつ、猿に興味を持ってくれるきっかけになれれば嬉しいです!
インターン生も色んな学生がいるし、心配することは何もないと思います♪
もし、インターン探しに困っていたり、なかなかいい会社に出会えなかったら、是非猿の人と一度話してみてください♪

※1 私のメンターの『きお』さんの記事も是非読んでください!(内定式エントリー)(在宅勤務インタビュー)

猿では、一緒に働く仲間を募集しています!

「話を聞いてみようかな」
「猿についてもっと見てみたい」
興味を持った方はぜひメッセージを送ってください!

<インターン生>

広告運用|インターン
年明けまで30日!年内までにマーケ会社で長期インターンを探している学生へ!
【Webマーケティング・コンサルティング事業】 猿公式ホームページ→https://saru.co.jp/ 私どもは、日本をもっと輝かせるために 『人のこころに眠る「わくわく」を呼び覚ます』 という信念を持って業務を遂行します。 主なコンサルティングサービスは以下の通りです。 --- ・記事LP戦略サポート (広告とランディングページの間に挟む記事風広告、広告を嫌うユーザーや潜在層にも効果的です。) ①広告を嫌がるユーザーにも商品・サービスを買ってもらうことができる ②95%以上と言われる潜在層にも商品・サービスに興味を持ってもらえる ③相対的に安く顧客を獲得できる 例えば3に関しては以下の通り、検索広告より安い単価で顧客を獲得できています。 ※ ベリーベストのB型肝炎の事例 https://best-legal.jp/hepatitis-subsidy-6372 詳しくは、 記事LP→https://saru.co.jp/lp-article-writing/ ランディングページ→https://saru.co.jp/lp-article/ --- ・戦略的わくわくマーケティングサポート (クライアントがお客さんに「わくわく」を感じてもらえるようなマーケティングをサポートします。) 日本でマーケティング戦略を構築するにおいては、「わくわく」という要素が不可欠だと考えています。 そもそもなぜ日本でデフレが置き、そしてなかなか払拭されないか分かりますか? それは、日本人の長所でもあり短所でもある「慎重さ」ゆえです。 慎重さが日本人の消費行動に対して消極的にさせているのです。 では、そんな日本人に商品・サービスを「気持ちよく」買ってもらうにはどうしたらいいでしょうか?(絶対に「買わせる」のではありません。お客さんとの間でWin-Winの関係を築くのです) それは、お客さんに「わくわく」を感じてもらうのです。 買い物に対してわくわくできればお客さんは気持ちよくお金を支払ってくれます。 買い物が楽しくなります。 私どもは、クライアントがお客さんに「わくわく」を感じてもらえるようなマーケティングサポートをします。 例えば、「成果報酬型広告」の仕組みを活用して、広告主と消費者がWin-Winになる集客を目指しています。猿は集客を担い、決められた報酬の中で利益を出し続けるためには、消費者の信頼を得ることが不可欠です。優れた商品を必要とする消費者に届けることが猿の役割です。 --- ・戦略的LP制作 きちんと効果が出る戦略的なランディングページを制作しています。 「LPを作ってリスティングをすれば売れる」そんな時代もありました。しかし今はそうではありません。 「LPを作って数十万円、数百万円かけても全く売れない」 そんなことが起こりうるのです。 ではLP制作をやめた方がいいのでしょうか? 断言します。 「やめて下さい」 ただし条件付きです。 “お客さん、競合、自社、市場環境のことを深く分析しないのであれば”、やめて下さい。 逆を言うと、 [お客さん] [競合] [自社(の強み)] [市場環境] をきちんと分析し、それらを材料として戦略を構築した上でLPを作ればまだまだ効果は出ます。 私どもはきちんと効果が出る戦略的LPを制作しています。 --- ・戦略的SEOサイト制作 (目的とする売上・利益を獲得するためのSEOに強いサイト制作を提供します。) 私どもには以下の相談がよく寄せられます。 「SEOしたいんだけどお願いできますか?」 こういう相談を頂いたら必ず以下の通り返答します。 「そんな目的が漠然とした状態でお仕事をお引き受けすることはできません。 まずは、目標とする売上・利益を明確にし、その売上・利益を実現するためにどんなキーワードで上位表示させたらいいか、 というところから戦略的に考えてお手伝いさせて下さい。いかがでしょうか?」 ただ単にSEOをするだけでは意味はありません。 目的とする売上・利益を獲得するには もっと戦略的に考えなければならないのです。 私どもは戦略をきちんと構築した上で SEOに強いサイト制作をお手伝いしています。 Webマーケティングメディアでの代表インタビュー記事 https://ferret-plus.com/14255
株式会社 猿
22卒|新卒採用|マーケ職
弊社でデジタルマーケターのプロとして、市場価値上げにいきませんか?
【Webマーケティング・コンサルティング事業】 猿公式ホームページ→https://saru.co.jp/ 私どもは、日本をもっと輝かせるために 『人のこころに眠る「わくわく」を呼び覚ます』 という信念を持って業務を遂行します。 主なコンサルティングサービスは以下の通りです。 --- ・記事LP戦略サポート (広告とランディングページの間に挟む記事風広告、広告を嫌うユーザーや潜在層にも効果的です。) ①広告を嫌がるユーザーにも商品・サービスを買ってもらうことができる ②95%以上と言われる潜在層にも商品・サービスに興味を持ってもらえる ③相対的に安く顧客を獲得できる 例えば3に関しては以下の通り、検索広告より安い単価で顧客を獲得できています。 ※ ベリーベストのB型肝炎の事例 https://best-legal.jp/hepatitis-subsidy-6372 詳しくは、 記事LP→https://saru.co.jp/lp-article-writing/ ランディングページ→https://saru.co.jp/lp-article/ --- ・戦略的わくわくマーケティングサポート (クライアントがお客さんに「わくわく」を感じてもらえるようなマーケティングをサポートします。) 日本でマーケティング戦略を構築するにおいては、「わくわく」という要素が不可欠だと考えています。 そもそもなぜ日本でデフレが置き、そしてなかなか払拭されないか分かりますか? それは、日本人の長所でもあり短所でもある「慎重さ」ゆえです。 慎重さが日本人の消費行動に対して消極的にさせているのです。 では、そんな日本人に商品・サービスを「気持ちよく」買ってもらうにはどうしたらいいでしょうか?(絶対に「買わせる」のではありません。お客さんとの間でWin-Winの関係を築くのです) それは、お客さんに「わくわく」を感じてもらうのです。 買い物に対してわくわくできればお客さんは気持ちよくお金を支払ってくれます。 買い物が楽しくなります。 私どもは、クライアントがお客さんに「わくわく」を感じてもらえるようなマーケティングサポートをします。 例えば、「成果報酬型広告」の仕組みを活用して、広告主と消費者がWin-Winになる集客を目指しています。猿は集客を担い、決められた報酬の中で利益を出し続けるためには、消費者の信頼を得ることが不可欠です。優れた商品を必要とする消費者に届けることが猿の役割です。 --- ・戦略的LP制作 きちんと効果が出る戦略的なランディングページを制作しています。 「LPを作ってリスティングをすれば売れる」そんな時代もありました。しかし今はそうではありません。 「LPを作って数十万円、数百万円かけても全く売れない」 そんなことが起こりうるのです。 ではLP制作をやめた方がいいのでしょうか? 断言します。 「やめて下さい」 ただし条件付きです。 “お客さん、競合、自社、市場環境のことを深く分析しないのであれば”、やめて下さい。 逆を言うと、 [お客さん] [競合] [自社(の強み)] [市場環境] をきちんと分析し、それらを材料として戦略を構築した上でLPを作ればまだまだ効果は出ます。 私どもはきちんと効果が出る戦略的LPを制作しています。 --- ・戦略的SEOサイト制作 (目的とする売上・利益を獲得するためのSEOに強いサイト制作を提供します。) 私どもには以下の相談がよく寄せられます。 「SEOしたいんだけどお願いできますか?」 こういう相談を頂いたら必ず以下の通り返答します。 「そんな目的が漠然とした状態でお仕事をお引き受けすることはできません。 まずは、目標とする売上・利益を明確にし、その売上・利益を実現するためにどんなキーワードで上位表示させたらいいか、 というところから戦略的に考えてお手伝いさせて下さい。いかがでしょうか?」 ただ単にSEOをするだけでは意味はありません。 目的とする売上・利益を獲得するには もっと戦略的に考えなければならないのです。 私どもは戦略をきちんと構築した上で SEOに強いサイト制作をお手伝いしています。 Webマーケティングメディアでの代表インタビュー記事 https://ferret-plus.com/14255
株式会社 猿

<中途>

広告運用|マーケティング
コンテンツマーケティングを極めたいディレクターを募集中!
株式会社猿には、現在5つの事業部があります。 【Webマーケティング事業部】 日本をもっと輝かせるために『人のこころに眠る「わくわく」を呼び覚ます』という信念を持ってクライアント企業に対してLP戦略や記事制作、SEO記事制作、広告運用などを活用したマーケティングコンサルティングを行っています。 https://saru.co.jp/ 【HOW TO MARRY】 『日本を世界で一番愛を感じられる国にする』という信念を持って、結婚を予定している女性たちに寄り添ったリアルで役立つ情報をお届けするウェディングメディアを運営しています。結婚指輪や結婚式場のご紹介も行っています。 https://how-to-inc.com/ 【不動産投資の教科書】 『不動産投資業界をもっと健全でわくわくするものに』という信念を持って、不動産投資をしようとしている方のミシュランガイドとなるようなメディアを運営しています。 https://fudousan-kyokasho.com/ 【Y・A・C】 『わくわくするような情報で働く女性を後押ししたい』という信念を持って、忙しく生きるすべての女性の人生を肯定し、応援できるような女性向けメディアを運営しています。 https://very-precious.com/ 【TVログ】 国民のわくわくした毎日を加速させるため『国民1億人が使うサービスを創る』という信念を持って、TV業界に「視聴率」とはまた違った評価軸を創ることを目的としたレビューサイトとメディアの運営をしています。 https://tv-log.com/ 【クリクロ】 『人々のファッションライフを豊かにする』という信念をもって、人々がファッションをもっと楽しめるようなサービスを新規事業として始めています。
株式会社 猿
Webマーケター/ディレクター
CXO候補|培ってきたマーケティング経験を活かしてみたいという方に。
【Webマーケティング・コンサルティング事業】 猿公式ホームページ→https://saru.co.jp/ 私どもは、日本をもっと輝かせるために 『人のこころに眠る「わくわく」を呼び覚ます』 という信念を持って業務を遂行します。 主なコンサルティングサービスは以下の通りです。 --- ・記事LP戦略サポート (広告とランディングページの間に挟む記事風広告、広告を嫌うユーザーや潜在層にも効果的です。) ①広告を嫌がるユーザーにも商品・サービスを買ってもらうことができる ②95%以上と言われる潜在層にも商品・サービスに興味を持ってもらえる ③相対的に安く顧客を獲得できる 例えば3に関しては以下の通り、検索広告より安い単価で顧客を獲得できています。 ※ ベリーベストのB型肝炎の事例 https://best-legal.jp/hepatitis-subsidy-6372 詳しくは、 記事LP→https://saru.co.jp/lp-article-writing/ ランディングページ→https://saru.co.jp/lp-article/ --- ・戦略的わくわくマーケティングサポート (クライアントがお客さんに「わくわく」を感じてもらえるようなマーケティングをサポートします。) 日本でマーケティング戦略を構築するにおいては、「わくわく」という要素が不可欠だと考えています。 そもそもなぜ日本でデフレが置き、そしてなかなか払拭されないか分かりますか? それは、日本人の長所でもあり短所でもある「慎重さ」ゆえです。 慎重さが日本人の消費行動に対して消極的にさせているのです。 では、そんな日本人に商品・サービスを「気持ちよく」買ってもらうにはどうしたらいいでしょうか?(絶対に「買わせる」のではありません。お客さんとの間でWin-Winの関係を築くのです) それは、お客さんに「わくわく」を感じてもらうのです。 買い物に対してわくわくできればお客さんは気持ちよくお金を支払ってくれます。 買い物が楽しくなります。 私どもは、クライアントがお客さんに「わくわく」を感じてもらえるようなマーケティングサポートをします。 例えば、「成果報酬型広告」の仕組みを活用して、広告主と消費者がWin-Winになる集客を目指しています。猿は集客を担い、決められた報酬の中で利益を出し続けるためには、消費者の信頼を得ることが不可欠です。優れた商品を必要とする消費者に届けることが猿の役割です。 --- ・戦略的LP制作 きちんと効果が出る戦略的なランディングページを制作しています。 「LPを作ってリスティングをすれば売れる」そんな時代もありました。しかし今はそうではありません。 「LPを作って数十万円、数百万円かけても全く売れない」 そんなことが起こりうるのです。 ではLP制作をやめた方がいいのでしょうか? 断言します。 「やめて下さい」 ただし条件付きです。 “お客さん、競合、自社、市場環境のことを深く分析しないのであれば”、やめて下さい。 逆を言うと、 [お客さん] [競合] [自社(の強み)] [市場環境] をきちんと分析し、それらを材料として戦略を構築した上でLPを作ればまだまだ効果は出ます。 私どもはきちんと効果が出る戦略的LPを制作しています。 --- ・戦略的SEOサイト制作 (目的とする売上・利益を獲得するためのSEOに強いサイト制作を提供します。) 私どもには以下の相談がよく寄せられます。 「SEOしたいんだけどお願いできますか?」 こういう相談を頂いたら必ず以下の通り返答します。 「そんな目的が漠然とした状態でお仕事をお引き受けすることはできません。 まずは、目標とする売上・利益を明確にし、その売上・利益を実現するためにどんなキーワードで上位表示させたらいいか、 というところから戦略的に考えてお手伝いさせて下さい。いかがでしょうか?」 ただ単にSEOをするだけでは意味はありません。 目的とする売上・利益を獲得するには もっと戦略的に考えなければならないのです。 私どもは戦略をきちんと構築した上で SEOに強いサイト制作をお手伝いしています。 Webマーケティングメディアでの代表インタビュー記事 https://ferret-plus.com/14255
株式会社 猿
株式会社 猿's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more