1
/
5

なにもかも、自分次第。創業から会社と一緒に成長してきた酒井さんが語る、自由と責任。

新卒で創業すぐのSARAHに入社し、現在27歳の若さでSARAHの中核を担う、最年少マネージャー酒井さん。知識や経験もない中、自ら手を上げ、自ら学習する姿勢で、会社とともに成長してきました。不安で眠れなくなるほど自信をなくしていた時期もありながら、会社の運命は自分次第なのだと気づき、責任ある立場を任されるようになっていった、その道程を話してくれました。


入社して最初の仕事は「法人登記」

元々、ベンチャー企業に興味があり、大学でもスタートアップ企業の経営などを研究していました。就活でもメガベンチャーやインターネット企業を受けていましたが、性格診断テストを受けるとたいてい、「切り開く力」は「10」なのに「協調性」が「1」で、、、

思ったことをすぐ言ってしまうんですよね・・・議論がしたいだけなんですけど。真面目だったのでゼミの先生に会社を紹介してもらったりもしたけど、最後面接で偉い人と喧嘩して落ちたり(笑)

就活は無理だ、もう本当に小さい規模の会社に入るしかないと思っていたときに、ちょうどゼミの先輩である高橋さんが起業したと聞いて、飛び込んだのがSARAHでした。

そしたら最初の仕事が、まず「法人登記」(笑)高橋さんに「じゃ、よろしく」って言われたけど、やったこともないし、自分で調べるしかない状況。まあ、そこからずっとそんな調子です。

アプリの数値を計測したり、マーケティングの施策を考えたり、社内に分かる人もいないから、自分で全部調べてやるしかない。高橋さんはいつもそれぞれの分野に詳しい人を繋げてくれることはあっても、教えてくれることはない。

でもそのおかげで、いろんなスキルがひとつひとつ自分のものになっていきました。



会社の運命は自分次第なんだと気づいたら吹っ切れた

社員が5人くらいになったとき、フランス人の優秀なWEBデザイナー、ダミアンが入社してきたんです。でも高橋さん含め、誰も英語が話せなくて。少しくらい日本語通じるかと思ったら、一向に日本語を話してくれる様子はない。海外でも外資系でもないのに、突如、英語を話さないと仕事ができないという状況になったんです。なんでや。

でもこれはチャンスだと思って。だって、ここで僕が話せるようになったら、ダミアンに仕事をお願いできるのは僕だけ。そこから2ヶ月くらい、ダミアンと会話しながら必死に学習して、英語ができるようになりました。

ただ、分かっていたことなのですが、SARAHはなかなか一気にグロースするようなサービスではなかったこともあり、不安になることもありました。もし会社がなくなったり、他の優秀な人に仕事を奪われたりして、世の中に放り出されたら、自分はどこにも行き場がない・・・。不安で全然眠れない時期も。そうすると次の日、仕事でもパフォーマンスが下がる、悪循環。

でも、ある日、会社の運命は自分次第なんだっていうことに気づきました。自分のパフォーマンスが上がれば、サービスもうまくいく。自分でドライブを握れているということが分かって、そこから、なにか吹っ切れたような気がします。

そうやって、終電まで残ってがむしゃらに働いているうちに、社員も増え、部下やインターン生も増え、事業責任者という立場で仕事をするようになっていきました。


自由と責任は表裏一体

これだけ自分の身を削っているから、上場とか小銭稼ぎとかには、興味ないです。大事なのは、世の中に対してどういうインパクトを出せたのか、世の中に何を与えられたのかということ。「食」というものを変えていきたい。まだまだデータ化されていない「食行動」をデータにしたときに、新しい世界がみえると思っています。

ベンチャー企業というと、自由で楽しいというイメージもあるかもしれません。でも、自由と責任は表裏一体だと、僕は思います。しんどいから楽しいんですよ。

自分から動かない人は止まったままだし、自分から聞きに行かないとなにも教えてくれません。逆に、自分からやりたいと手を上げて、NOと言われることがない。

僕も、後輩には、やろうと思ったらなんでもできる環境は整えていますが、やることを細かく指示することもないし、ひとつひとつ教えるつもりはありません。ときに厳しく指摘することもありますが、ただシンプルにサービスを良くしていきたいだけ。だから、八方美人みたいな人よりも、何でもはっきり伝えて、“やなやつ”と言われてきた僕みたいな人の方が信頼できる(笑)僕の文句に反論してくれるほうが嬉しいですね。

最近、また高橋さんと仕事する機会もあるんですが、「法人登記よろしく」と言われた入社時から相も変わらず、仕事の振り方はめちゃくちゃ雑です。でも今は、あの頃よりもいいパスを受け取って、ちゃんとさばけている感覚がある。

いま、一番楽しいかもしれない。


<プロフィール>

酒井勇也

1993年3月30日生まれ

2015年法政大学キャリアデザイン学部卒

在学中より、創業前のSARAHにインターンでジョイン

2015年創業メンバーとしてSARAHに入社

Webディレクション,アプリディレクション,SEO,マーケティング,グロースハックなど幅広く担当する

現在はSARAH,SmartMenuのPM業務を行っている

好きな一皿は、ひるねのチャーシュー

株式会社SARAH's job postings
10 Likes
10 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more