1
/
5

弊社営業部のやりがいって? 「あなたに頼んでよかった」 と言わせた営業マンの努力とは

こんにちは、ROBOT PAYMENT人事部の平野です。

今回は、弊社営業部の「やりがい」 について、セールスフォース事業部の金子さんに取材を行いました。

数々の賞を受賞し、トップセールスマンとして華々しい活躍を遂げてきた金子さんは、営業の仕事にどんなやりがいを感じているのでしょうか?

ぜひ最後までご覧ください!


■ Profile
2015年10月より株式会社ROBOT PAYMENTに入社。加盟店審査業務、クレジットカードの不正利用等のリスク業務を1年間行った後、2016年10月にファイナンシャルクラウド事業、営業課に配属となり請求業務を自動化するクラウドサービスの営業を行う。2017年、最も最難関の目標を追いながら、新人の教育を担当し、大手賞、社長賞を獲得。新人教育に加えてターゲット分析、パートナー協業、施策考案で個人目標を達成し、部署達成にも貢献。年間MVPを獲得する。

2020年1月からは、Salesforce AppExchange事業のセールス、アライアンスを担当。Salesforce利用企業に対して提案をしながら、Salesforceのアライアンス担当と協力し施策を実行している。


■ 表彰歴

粗利賞 2017年

社長賞 2017年

年間MVP 2018年

粗利賞 2020年

ー 今までで最も記憶に残っている、クライアント様との思い出を教えてください

とある上場企業様へのご提案で、営業として大きく成長できた思い出です。

その企業様は、これから上場を控えている企業様だったのですが、上場するに当たってIT監査を強化する必要があり、「監査に通用するシステムを作りたい」 というご相談をいただいていました。

従来だと手作業での処理なので請求書などを改ざんができる仕組みだったんですよね。だから全てをシステム化して改ざんができないようにというご依頼でした。そこで、もともとは自社システムで全て賄っていたシステムを作り直すことになったんです。

ただ、ここで1つ問題が浮上しました。

すでに使用している、Salesforceさんやサイボーズさんなどの外部システムとの連携です。

外部システムは、当然うちで作っているシステムではないので引き続き使用するには、外部との連携が必要になるのですが、ただこの時、うちでは他社さんと連携してシステム構築を行った実績がまだなくて、私が初めて挑戦することになったんです。当時はとにかく不安でいっぱいでしたね。やったことがないことばかりだったので、毎日悪戦苦闘していました。

自分の領域以外の知識が求められるので、その時は猛勉強しましたよ(笑)。クライアント様に徹底してヒアリングを行い、どんなものが作りたいのかしっかりと確認しつつ、そこで出た質問は、全て開発会社に確認をして、丁寧に進めていきました。



クライアント様と開発会社との間に立って相互の橋渡し役に徹した結果、システムが完成した後にクライアント様から、「金子さんにお願いできてよかった。金子さんが内部まで入り込んでやりたいこを理解し提案してくれたから。本当に感謝してます」 とというお言葉をいただいて…。

あの瞬間は本当に嬉しかったですね。今でも忘れられない思い出です。

あとは、これまでと違って、1人で進めることが難しい状況の中で、開発会社や銀行など、色々なところを巻き込んで提案し、成功体験をつむことができたのですが、その経験が自分への自信につながりました


ー その経験は金子さんにとってどんな経験になりましたか?

やはり、挑戦することの大切さを学んだと思います。

分からないことだらけの中で、全て手探りで進んでいったので時間もかかりましたし、とても大変だったのですが、それでも成功した瞬間は大きな自信につながりました。「挑戦してよかったな」 と今でも思います。

それに、その経験のおかげで、今やっている業務の基盤を作ることができているんですよ。経験してきたことが、今やっている新しい仕事に繋がっているんです。

私は元々システムが苦手で、こういった分野を避けていたのですが、この経験を機に、システム分野にも少しずつ領域を伸ばせるようになって、仕事の幅も大きく広がりました。

やってみると意外とできたりするし、1度成功体験を積むと、できることが広がって視野も広がっていくので、みなさんにも、もし何か挑戦したいと思った時には、ぜひトライしてほしいと思いますね。「失敗を恐れずにとりあえずやってみよう!」 という気持ちで何事にも取り組むことを大切にして欲しいです。


ー 今後はどんなことに挑戦していきたいですか?

現在は「セールスフォース課」 で請求管理ロボ for Salesforceの営業をしています。Salesforceと連携することが前提のサービスなので、Salesforceの営業担当や開発会社との関わりがとても多いのですが、これまでの経験を活かして、いいサービスを提供できるよう頑張っていきたいと考えています。

あとは現在、請求管理ロボ for Salesforceの売上を伸ばす取り組みにも挑戦しています。Salesforceの中には、請求管理を行う仕組みがないので、Salesforceをご利用中のお客様が「請求も行いたい」 となった時に対応できるシステムがないんです。そこで、うちの請求管理ロボ for Salesforceをご利用いただきたいなと。

そのためには、Salesforceの営業担当に、請求管理ロボの存在を知っていただき、認知度を上げていく必要があるので、お客様にご紹介いただけるよう、今は体制作りに励んでいます。

将来的にはもっと目線を上げて新たな事業に関わっていきたいと考えています。


ー 最後にROBOT PAYMENTで働く魅力を教えてください

自分から「やりたい! 」 と発信したら、それをやらせてもらえるところが1番の魅力だと思います。挑戦したという気持ちを大切にしてくれるので、どんどん成長していきたい人や、できることを増やしたい人にはとてもピッタリだと思います。

それと、周りを見ていても成長スピードの速さは感じますね。私自身、Salesforceと密に連携を取りながら仕事をしているのですが、そんなことをしている人って周りにはなかなかいないので、若いうちから挑戦させてもらえていることに有り難みを感じています。すごくプラスになる経験をさせてもらえてるなと。

他の企業様と話していても、市場価値をあげられる環境にあるんだなと感じるので、そこは自信を持って断言できますよ。

あとは…社員同士の仲が良く、楽しく仕事ができることでしょうか?

落ち込んでても仲が良い社員と話すと本当に元気になります。こういう仲間に出会えることって、これから先の人生、そうそう多くはないと思うので、信頼できる仲間に出会えたことをとても嬉しく感じています。



まとめ

金子さんは、営業部の中でも、どんどん新しいことに挑戦している人物なのですが、弊社には挑戦する人を全力で応援する風土が整っています。

裁量を持って若いうちからどんどん活躍したいという方はぜひ一度、話を聞きにきてくださいね!

あなたに会えることを楽しみにしています!


ROBOT PAYMENTでは人材を募集しています!

経験・スキル不問
やりがいも楽しさも成長も欲しい、欲張りさん!渋谷のITベンチャーはどう?
私たちは、2000年の創業以来、BtoBtoC領域のビジネスに取り組んでまいりました。 本領域においては、お客様のビジネスを成功に導くことが最も大切です。 企業活動の血液である「お金」という存在。 『大切な「お金」だからこそ、払う側も、受け取る側もできるだけストレスなく関われるべきではないか?』 現代は、 ITを駆使して「お金」を管理・運用する時代です。 これからは企業においても、ITを使って、「お金」の請求・入金・管理・運用を行う流れが次第に加速していきます。 私たちは、日本中の企業の血液がスムーズに流れるよう、「IT × お金」にこだわって、 お客様を成功に導くソリューションを提供し続けます。 現在提供しているサービスは以下の2つです。 ■インターネット決済代行サービス 創業以降「かんたんに導入でき、売上がアップする決済サービス」をコンセプトに開発を重ね、毎年進化を続けています。 現在までに10,000社以上の企業のビジネスで活用され、年間700億円以上の「お金」の流れを媒介しています。 ■請求管理ロボ  2014年8月にサービスを開始した請求クラウド、「請求・集金・消込・催促」の作業を全て自動化し、経理業務の負担を減らす、クラウドサービスです。 2020年に訪れたCovid-19によって変化を求められた労働環境にあっても、変わらず出社をする理由として残る日本の経理業務の紙文化。そうした紙文化からの脱却を促し、経理の働き方を自由にできるよう訴えかけを続けています。 こうした時代背景の後押しも受けながら、働き方改革に経理分野から一石を投じるサービスになります。
株式会社ROBOT PAYMENT
圧倒的成長!
渋谷のITベンチャー!爆速成長と圧倒的なキャリアアップはここで手に入れろ!
私たちは、2000年の創業以来、BtoBtoC領域のビジネスに取り組んでまいりました。 本領域においては、お客様のビジネスを成功に導くことが最も大切です。 企業活動の血液である「お金」という存在。 『大切な「お金」だからこそ、払う側も、受け取る側もできるだけストレスなく関われるべきではないか?』 現代は、 ITを駆使して「お金」を管理・運用する時代です。 これからは企業においても、ITを使って、「お金」の請求・入金・管理・運用を行う流れが次第に加速していきます。 私たちは、日本中の企業の血液がスムーズに流れるよう、「IT × お金」にこだわって、 お客様を成功に導くソリューションを提供し続けます。 現在提供しているサービスは以下の2つです。 ■インターネット決済代行サービス 創業以降「かんたんに導入でき、売上がアップする決済サービス」をコンセプトに開発を重ね、毎年進化を続けています。 現在までに10,000社以上の企業のビジネスで活用され、年間700億円以上の「お金」の流れを媒介しています。 ■請求管理ロボ  2014年8月にサービスを開始した請求クラウド、「請求・集金・消込・催促」の作業を全て自動化し、経理業務の負担を減らす、クラウドサービスです。 2020年に訪れたCovid-19によって変化を求められた労働環境にあっても、変わらず出社をする理由として残る日本の経理業務の紙文化。そうした紙文化からの脱却を促し、経理の働き方を自由にできるよう訴えかけを続けています。 こうした時代背景の後押しも受けながら、働き方改革に経理分野から一石を投じるサービスになります。
株式会社ROBOT PAYMENT
ITベンチャーでマーケ!
大人気ポジション!渋谷の最先端ITベンチャーでマーケインターンを大募集
私たちは、2000年の創業以来、BtoBtoC領域のビジネスに取り組んでまいりました。 本領域においては、お客様のビジネスを成功に導くことが最も大切です。 企業活動の血液である「お金」という存在。 『大切な「お金」だからこそ、払う側も、受け取る側もできるだけストレスなく関われるべきではないか?』 現代は、 ITを駆使して「お金」を管理・運用する時代です。 これからは企業においても、ITを使って、「お金」の請求・入金・管理・運用を行う流れが次第に加速していきます。 私たちは、日本中の企業の血液がスムーズに流れるよう、「IT × お金」にこだわって、 お客様を成功に導くソリューションを提供し続けます。 現在提供しているサービスは以下の2つです。 ■インターネット決済代行サービス 創業以降「かんたんに導入でき、売上がアップする決済サービス」をコンセプトに開発を重ね、毎年進化を続けています。 現在までに10,000社以上の企業のビジネスで活用され、年間700億円以上の「お金」の流れを媒介しています。 ■請求管理ロボ  2014年8月にサービスを開始した請求クラウド、「請求・集金・消込・催促」の作業を全て自動化し、経理業務の負担を減らす、クラウドサービスです。 2020年に訪れたCovid-19によって変化を求められた労働環境にあっても、変わらず出社をする理由として残る日本の経理業務の紙文化。そうした紙文化からの脱却を促し、経理の働き方を自由にできるよう訴えかけを続けています。 こうした時代背景の後押しも受けながら、働き方改革に経理分野から一石を投じるサービスになります。
株式会社ROBOT PAYMENT
株式会社ROBOT PAYMENT 's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more