1
/
5

「日本の経理をもっと自由に」プロジェクト立ち上げから1年を振り返って

こんにちは!

今回は、弊社が行なっている「日本の経理をもっと自由に」 プロジェクトについて、少しご紹介をしたいと思います。

プロジェクトの発足から1年を振り返って、私たちがなぜこのプロジェクトを立ち上げたのか。 プロジェクトの目的、思い、など、ティザーサイトだけでは伝わらない思いを発信したいと考えています。


2020年3月下旬の緊急事態宣言

コロナ禍で、急遽テレワークに移行した企業が増えた印象でしたが、緊急事態宣言下のテレワーク実施率は27.9%です。(あれ、意外と少ない)

一方時差出勤や、一部テレワーク等を行うことで、東京都営地下鉄の利用者数推移では7割減に迫る移動の減少がおきました。



では、経理担当者の在宅率はどうだったのでしょうか?

Twitterで検索すると、経理を生業として働く方の悲痛な叫びが沢山出てきます。みなさん、プロフィットセンターがテレワークになる中、経理は出社しているという声です。



やはりみんな、ペーパーワークと印鑑・機密情報取扱に阻まれて、テレワークを導入できていない企業が多かったようです。

*当社のユーザー様は、みなさん自宅からサポートデスクに問い合わせをいただいていたので、テレワーク化できていて安心しました。


声なき声、悲痛な叫びをなんとかしたい

企業でのコーポレート部門の適正な人員は5%程度、ガバナンスを強化している企業でも10%弱と言われています。そのうち経理・財務部門というとさらに人は少なくなり、1名〜2名で経理を回している企業も多いのではないでしょうか?


また経理部門は、横のつながりも少なく、情報もやりとりがされていない状態です。(マーケや営業・人事・広報は活発ですが…)


社内で声をあげても小さな声になり、横のつながりも少なくコミュニティもない経理の声は、見て見ぬ振りをされる。


経理が機能停止になったら企業運営が止まる状態になるのに、経理担当者はコロナリスクに晒されて出社を余儀なくされました。


ましてや、経理はミスが許されない仕事であり、機密情報を取扱う大事な仕事です。2020年10月からは電子帳簿保存法が改正され、社会が大きく変わろうとしていますが、誰かが旗を振らないときっと誰も動き出さない。


加えて、2020年10月からは電子帳簿保存法が改正され、社会が大きく変わろうとしている中で、誰かが旗を振らないときっと誰も動き出さない状況でした。だから我々は、喜んで旗を振ろうと立ち上がることにしたのです。


賛同企業も想いに共感

企画を完成させ、各企業様へ協賛の依頼を開始。

実際、経理をテレワークにすることができなかった企業様も見受けられましたが、経理業界にサービスを提供し、経理の働き方改革を推進する企業も沢山あります。もちろん、テレワークに移行できた企業様も。

皆様、一様にして、「働き方を変えて経理に自由を!」という思いをお持ちで、みずほ銀行様やランサーズ様をはじめとする150社以上の企業が協賛していただけました。


このプロジェクトで社会に変革を

改めてこのプロジェクトを振り返り、経理の働き方改革の大切さを今一度実感しています。私たちはこのプロジェクトを単体で終わらせたくないのです。

・150社を超える企業の賛同
・TV4番組/その他、600を超えるメディアでの報道
・IT投資に関する政府への嘆願書を提出



今後も、「日本の経理を自由に」 変革していくことで、誰もが働きやすい世の中を目指していきたいと思っています。

「経理の働き方を自由に」

この思いに共感していただける方はぜひ話を聞きに来てくださいね。



ROBOT PAYMENTは人材を募集しています!

事業開発・セールス
突然ですが、渋谷の超人気ITベンチャーで "未来の幹部候補" を募集!
私たちは、2000年の創業以来、BtoBtoC領域のビジネスに取り組んでまいりました。 本領域においては、お客様のビジネスを成功に導くことが最も大切です。 企業活動の血液である「お金」という存在。 『大切な「お金」だからこそ、払う側も、受け取る側もできるだけストレスなく関われるべきではないか?』 現代は、 ITを駆使して「お金」を管理・運用する時代です。 これからは企業においても、ITを使って、「お金」の請求・入金・管理・運用を行う流れが次第に加速していきます。 私たちは、日本中の企業の血液がスムーズに流れるよう、「IT × お金」にこだわって、 お客様を成功に導くソリューションを提供し続けます。 現在提供しているサービスは以下の2つです。 ■インターネット決済サービス 創業以降「かんたんに導入でき、売上がアップする決済サービス」をコンセプトに開発を重ね、毎年進化を続けています。 現在までに10,000社以上の企業のビジネスで活用され、年間700億円以上の「お金」の流れを媒介しています。 ■請求管理ロボ  2014年8月にサービスを開始した請求クラウド、「請求・集金・消込・催促」の作業を全て自動化し、経理業務の負担を減らす、クラウドサービスです。 2020年に訪れたCovid-19によって変化を求められた労働環境にあっても、変わらず出社をする理由として残る日本の経理業務の紙文化。そうした紙文化からの脱却を促し、経理の働き方を自由にできるよう訴えかけを続けています。 こうした時代背景の後押しも受けながら、働き方改革に経理分野から一石を投じるサービスになります。
株式会社ROBOT PAYMENT
未来の幹部候補
上場を一緒に目指しませんか?ITベンチャーで新卒から頑張りたい方募集!
私たちは、2000年の創業以来、BtoBtoC領域のビジネスに取り組んでまいりました。 本領域においては、お客様のビジネスを成功に導くことが最も大切です。 企業活動の血液である「お金」という存在。 『大切な「お金」だからこそ、払う側も、受け取る側もできるだけストレスなく関われるべきではないか?』 現代は、 ITを駆使して「お金」を管理・運用する時代です。 これからは企業においても、ITを使って、「お金」の請求・入金・管理・運用を行う流れが次第に加速していきます。 私たちは、日本中の企業の血液がスムーズに流れるよう、「IT × お金」にこだわって、 お客様を成功に導くソリューションを提供し続けます。 現在提供しているサービスは以下の2つです。 ■インターネット決済サービス 創業以降「かんたんに導入でき、売上がアップする決済サービス」をコンセプトに開発を重ね、毎年進化を続けています。 現在までに10,000社以上の企業のビジネスで活用され、年間700億円以上の「お金」の流れを媒介しています。 ■請求管理ロボ  2014年8月にサービスを開始した請求クラウド、「請求・集金・消込・催促」の作業を全て自動化し、経理業務の負担を減らす、クラウドサービスです。 2020年に訪れたCovid-19によって変化を求められた労働環境にあっても、変わらず出社をする理由として残る日本の経理業務の紙文化。そうした紙文化からの脱却を促し、経理の働き方を自由にできるよう訴えかけを続けています。 こうした時代背景の後押しも受けながら、働き方改革に経理分野から一石を投じるサービスになります。
株式会社ROBOT PAYMENT
まずはオンラインで話しましょう
周りと圧倒的な差をつけて社会人になれる!超成長できるインターン用意しました
私たちは、2000年の創業以来、BtoBtoC領域のビジネスに取り組んでまいりました。 本領域においては、お客様のビジネスを成功に導くことが最も大切です。 企業活動の血液である「お金」という存在。 『大切な「お金」だからこそ、払う側も、受け取る側もできるだけストレスなく関われるべきではないか?』 現代は、 ITを駆使して「お金」を管理・運用する時代です。 これからは企業においても、ITを使って、「お金」の請求・入金・管理・運用を行う流れが次第に加速していきます。 私たちは、日本中の企業の血液がスムーズに流れるよう、「IT × お金」にこだわって、 お客様を成功に導くソリューションを提供し続けます。 現在提供しているサービスは以下の2つです。 ■インターネット決済サービス 創業以降「かんたんに導入でき、売上がアップする決済サービス」をコンセプトに開発を重ね、毎年進化を続けています。 現在までに10,000社以上の企業のビジネスで活用され、年間700億円以上の「お金」の流れを媒介しています。 ■請求管理ロボ  2014年8月にサービスを開始した請求クラウド、「請求・集金・消込・催促」の作業を全て自動化し、経理業務の負担を減らす、クラウドサービスです。 2020年に訪れたCovid-19によって変化を求められた労働環境にあっても、変わらず出社をする理由として残る日本の経理業務の紙文化。そうした紙文化からの脱却を促し、経理の働き方を自由にできるよう訴えかけを続けています。 こうした時代背景の後押しも受けながら、働き方改革に経理分野から一石を投じるサービスになります。
株式会社ROBOT PAYMENT
株式会社ROBOT PAYMENT 's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more