This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

技術者の働き方改革を体現!ホンダ出身中村氏が説く、独立時に求められる考え方の変化とは?

株式会社リプルです。今回はホンダ出身の中村さんへ第三弾のインタビューをしてまいりました。弊社のサービスや中村さんのこれまでのキャリアや後輩技術者へ向けてのメッセージなどに焦点を当てた記事になっております。是非お読みください。

プロフィール


中村 光勇(Mitsuo Nakamura)

69歳。現在、個人事業主として活動。多年に渡る自動車会社においての研究開発を通じ、研究開発戦略、新技術へのチャレンジ、及びマネージメントを習得。英国駐在時代には、市場品質解析とサプライヤを含む工場の改善や指導、海外での会社運営を経験。 帰国と同時に関係会社への転籍後、ゴム機能製品の開発と工場の運営、また常務役員職としてドイツの会社との提携を含め企業経営にも携わった経験を持つ。 


--中村さんは現在個人事業主としてご活躍されているんですね。個人事業主としては長いんですか?

3社で自動車産業一筋で60歳まで働き、その直後から個人事業主を一度始めました。研究開発分野でこれまでのキャリアを築いてきたので、それを生かすようにしてました。


--10年前に個人事業主デビューをされたんですね。始めてからはいかがでしたか?

中村:当時、常勤以外の働き方を求めて、多くの人材サービスに登録していましたが、なかなか年齢の壁は大きく、単発案件などを含め個人的に求めているものはない状態でした。

ご縁をいただき、当時61歳という年齢にもこだわらずに、外資系の自動車部品の会社に常勤としてお世話になりましたが、片道2時間以上を要するため、家に帰るのは早くて夜の九時という感じの生活を定年後もずっと続けていました。

もう少し良い意味で身体に負担をかけ過ぎずに、仕事を楽しくやりたいと思い始めて、週に数日という働き方をしようと思い始めました。そこで知人からリプルさんをご紹介頂きました。


--リプルを通じて、どのようなお仕事をされたんですか?

中村:最初はセミナー講演の仕事でしたね。その後いくつかのリピートを頂き、コンサルタントとして年明けから仕事をさせて頂くことになりました。ありがたいことに、その後他社さんからもオファーを頂きまして、いまは少し自分で仕事を選べる状態です。


--中村さんにはなぜオファーが殺到しているんでしょうか?

佐藤:もちろん、仕事ぶりが素晴らしいというところがまず前提としてあります。そして中村さんの経験して来たことが時代背景としてもとても求められています。

現在 化学材料メーカーは、単なる原材料の供給ではなく、実際の製品をどのように適合させてゆくか、あるいはEV時代において自社で製品そのものを製造し供給する可能性を探ってる例が多く見られます。

実際に、材料や部品メーカーはEV化を契機にコンシューマーに一歩でも近いところに行きたいと思っています。

それぞれの階層でレベルが異なる顧客へ、ソリューション提案ができるメーカーが今後生き残っていく時代が来ています。


中村:業界の動きは近年加速していますね。材料メーカーがそのようなことを求めているという事実をリプルの仕事をしてから初めて知りました。


--リプルの仕事を通じて、新たなことも得ているんですね。先ほど他の人材サービスも利用したという話をされてましたが、中村さんとしてリプルと他社はどのように違いますか?

中村:まず、一般的な人材サービスは常勤案件が基本になっています。中には外資でフレキシブルにテレビ会議で仕事ができるような会社もありますが、まだごく一部です。まだまだ自分に合った仕事を見つけるには時間がかかります。

対して、リプルさんとは初めてお会いしてから、あっという間に最初の仕事が決まりました。早い上に個人的に希望していた、月数日かの仕事ですので、リプルを通した仕事は楽しいです。

時間に少し余裕ができることで、どういうことで自分が役に当てるか、お客さんがどんなことで悩んでいるかを余裕を持って考えることができています。


--かなりリプルに対する満足度が高いんですね!

中村:そうですね。常勤でバリバリ働きたいって人も一部いるかもしれませんが、私のように無理のない範囲で働きたいって人もいます。

リプルさんはそういうニーズをしっかりと捉えてくれるし、案件の選択肢もたくさんあります。特に大企業とのパイプが強いことには驚きました。とてもお世話になっているので、あとは迷惑をかけないように、顧客に満足のゆく仕事となるようにセルフマネジメントをしっかりしたいです(笑)

佐藤:中村さん、ありがとうございます。そう考えると、外資の方が働き方の多様化が進んでいますよね。技術者の世界は特に閉塞感があるので私たちリプルが変えていきたいです。

中村:自分でこういうのもなんですが、少しは役に立てる年寄りが多くいると思います。年齢だけで雇用関係や契約関係を断念させることはとても勿体無いです。私も年金だけもらっていても社会的貢献ができないので、このような機会を創って頂けたリプルにはとても感謝しています。


--良い話ですね。日本の製造業はまだまだ働き方の多様化が進んでいないとことでしたが、どのような理由からなんでしょうか?

佐藤:普段営業活動をしていて思うのは、正社員契約と業務委託契約の違いに対する理解が進んでいないように思います。例えば月に2日の出社で今企業が抱えている課題を解決できれば、良いことかとは思うんですが、別の雇用概念がネックになることは多いですね。

知的労働者と普通の労働者は違うので、働いた時間にフォーカスした評価の仕方だけをすると、その会社に取って大きな機会損失をするのではと思っています。

実際に弊社のサービスを使って頂けると、効果のほどが明確に出て、結果的にクライアントからとても感謝されております。作業時間ではなく、課題解決に対してお金を払うということの価値に気づいてくれるからなんですよね。これからもどんどん啓蒙活動をしていきます。


--もともと思い描いていた働き方を実現したことによって、どのような変化がありましたか?

中村:先ほど少しお伝えしたように、以前は通勤で往復4時間以上かかって1日8時間会社におりました。 課題は山ほどあり、内部の改革も必須の状態でしたので、役員でもあり当然早々帰宅など出来ない状態でした。当然のことながら、家に帰ってお風呂に浸かり寝るだけと行った感じの生活で、とにかく仕事優先の状態が続きましたので、モチベーションを保つためにも変化が必要だとは認識していましたね。

現在は少しは時間的なゆとりも出来て、スキーや旅行に出かけたり自宅でギターを弾いたりする時間も確保できるようになり、心身ともにより一層健康になりました。


--ありがとうございます。中村さんが独立をこれから考えている技術者に伝えたいことを教えてください!

中村:サラリーマンの職務は基本的にピラミッド組織になっています。大手に長年勤めていると勤続年数が長くなればなるほどそれなりの役職につきます。

しかし、独立となるとそんなことは一切関係ありません。今まで自分が何をしてきてどういう知見があって、お客さんに対して何ができるかということが大事です。慢心や誤解をしない方がいいですね。

過去にしがみつかず、常に新鮮な気持ちでお客さまの困りごとを理解し解決する、そのためには自ら学び、常に考えてアウトプットして行くことが大事ですね。

佐藤:中村さんのおっしゃる通りでなかなか独立モードに切り替えることは難しいですが、切り替えが早い人ほど仕事が決まっていく傾向があります。


--技術はもちろんのこと、マインドや姿勢が大事なんですね。中村さんがこれからやっていきたいことはありますか?

中村:新しい案件を受けることで自分ができることの深さと広さの両方をもっと出していきたいですね。

当然ながら、これから新たに勉強が必要な案件も出てくると思いますし、それこそが己に対するチャレンジと思ってます。今はインターネットがあるから、なんでも素早く勉強できる時代ですね。

そして何より楽しく仕事をしていたいですね。

大きい話をすると、日本が中国やアメリカに対抗していけるような体力のある国にしていきたいですね。そこで自分なりに若い人たちや企業、そして日本に対して役に立っていくこと、結果的には何かを残していくということをしていけたら幸せだと思います。

株式会社リプル's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more