1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

全社員vs新卒で代わるがわるオンライン飲み会した感想を新卒に聞いてみた

こんにちは。リグリットパートナーズの黒川です。

以前、新卒は入社して間もなくリモート研修になったが意外と生き抜いている、という記事を出しました。

(新卒研修を急遽全てオンラインにして2週間。新卒が意外とのびのびやれている件について。)


それは良い事ですが、4月中旬の彼らは依然としてかわいそうだと思いました。なぜなら優秀で魅力的な素晴らしい先輩社員たちと飲みに行けないからです。

彼らは絶対飲みに連れて行って欲しかったはずです。私たち先輩も飲みに連れて行けず悔しかった。というか飲みたかった。

・・・真面目な話、彼らが会社に帰属意識を持てるかどうか不安でした。当時の新卒は研修講師やメンターしか社員と会っておらず、その他多数いる特徴的な先輩社員は一度も顔を見たことがありません。これでは、「期待して入った通り面白い会社だ」と体感してもらえません。

そんな彼らを救うため「新卒とのオンライン飲み会」を半強制的に開催することにしました。開催目標はシンプルに「1/3の先輩社員に会おう」です。

しかし、昨今「オンライン飲み会の断り方」などネガティブな記事もよく見かけます。「彼らを救うために開催した飲み会だが、実は嫌な人もいたのでは?」と不安になったので、彼らの本音をアンケートで聞いてみました。

結果、感想を聞けた以上に、オンライン飲み会を開催するメリット、注意点や対策が浮かび上がってきました。今回はそんなオンラインコミュニケーションのリアルな感想とTipsをお伝えします。

(新卒よなぜこの写真を撮ったんだ)

どう開催したか

アジェンダ

通常の飲み会同様、特に話す内容は決めませんでした。変に話す内容を決めてかしこまった会になって欲しくないなと思ったためです。

社員との組合せ

先輩側まであまり見知らない組合せにすると、それこそめちゃくちゃつまらない会になるかもしれなかったため、先輩側は普段同じ案件に入っているチーム単位で参加してもらう事にしました。

スケジュール

日程調整は新卒に行ってもらいました。シンプルに先輩側が忙しかったためです笑。自分たちのための飲み会を自分たちで調整する様子はユニークでしたが、先輩とファーストコンタクトを取る機会にしてもらいました。

ルール

入退室も基本的には制限しませんでした。先輩側は業務優先のため普段から急なタスクで飲み会に遅れる事があり、今回もリアルさを再現しました。同様に新卒も退席したくなったら退席して構わないようにしましたが、実際は気を遣い難しかったかもしれません。

※新卒です(紹介記事)

開催して良かったこと

結論としては、新卒のみなさん、完全リモートの状態で先輩方と話せて意外と楽しんでくれたようです。安堵安堵。そんな感想の中で目立つものをまとめました。


オフラインより気楽だったらしい

初対面だと緊張したかもしれないが、画面越しなのでスムーズに話せた
お酒を飲めないが、変に気を遣って飲まずに済んだ
オフライン時より参加・退席が楽

自分が新人の時も同じようなことを気にしていたなあと思い出しました。新卒側の余計な気疲れが減るという点で、オンライン飲みは有効なのかもしれません。

また、別の意見で、

副流煙を気にせずに済んだ

というものがありました。喫煙者の方は今後オフライン飲み会が再開したのちも、再び嫌な気持ちにさせないよう注意したいポイントですね。


時間的ストレスが減るらしい

自宅がオフィスから遠いが、オンラインだと終電を気にせずに話せた
飲み会の前に家事を終わらせられるので、生活に余裕をもって飲みに参加出来た

連日深夜まで飲んでいたわけではありません笑。ただ、オフライン飲み会だと帰宅後に家事をせざるを得ません。

対して、全て家事を完了してからゆっくり社員と話せるのは、確かに画期的な効率化かなと思いました。


コスパが良いらしい

めっちゃ安い。それでいて好きなものを飲み食いできる。

確かにそうだなと思いました。が、安さに関して冷静に考えると「それは概して奢る側である先輩社員のメリットでは???」と気づきました。

朗報です。金欠の先輩社会人の皆さん、「今日はオンライン飲みの気分だね!!」

これで全て解決します。

開催して感じた改善すべき点

大成功!ではありませんでした。新卒の皆さまが、不快に思われる部分があったそうです。大変申し訳ありませんでした。私を含めた先輩社員が猛省するために気づきをまとめます。

改善点①:沈黙をやめてくれ。頼むから何か話してくれ。
改善点②:ずっと数人で喋んないでくれ。話に入りづらい。
改善点③:人数多過ぎ。話に入りづらい。

主にこの3点です。
① :社員側も会話が得意な人ばかりではないので、上手く回せなかったのかもしれません。

②、③:ついつい気心知れている社員同士で話が盛り上がり過ぎてしまうことや、舌が回りすぎて独演会状態になり、主役の新卒様に入る隙を与えないトークが展開されてしまうこともあったようです。「俺たちはラジオ聞きに来たんじゃないんだぞ」という新卒のコメントはちょっと面白かったです。

また、見てて悲しい気持ちになったコメントはこちらです。

改善点④:オンラインで声が伝わりづらく、話のオチが伝わらなかった。滑った感じになりつらかった。

読んでるこっちがつらい笑。会話、拾ってあげましょう。

新卒が工夫したこと

彼ら、なんと自分たちで対策を打っていました。開催以後野放しにしていたので(ただ飲んでいるだけだと思っていたので)驚きました。

改善点①②に対しては、

話す内容・流れを予め大体決めておく
話のネタ振りルーレットを回す
進行役を立てる

こんな事を工夫していたようです。沈黙を作らず、トークの暴走もさせず。さすがリグリットの若手、優秀ですね、うん。ネタ用のルーレットを作る当たりはユーモアがあって好きです。

改善点③はシンプルに開催人数調整です。6名以下がベストだと言っていたので、今後の課題ですね。


また、解決策の無いと思われた改善点④に対しても策を編み出していました。

チャット機能を副音声代わりにして、ツッコミを入れる

もはや工夫なのか分かりませんが、新たなスベりは回避されたそうなので良かったです。

ただ、実際社内研修の際も、参加者は基本ミュートなため、裏でチャットが盛り上がる現象が良く起きています。基本話したがりばかりなのでしょう。発話者以外無音のテレカンにお勧めです。

※新卒です(紹介記事)

新卒が聞いて面白かったこと

ここまでオンライン飲み会のメリデメのような事をまとめましたが、肝心の飲み会の内容について書いていませんでした。

コンサルとしての矜持、仕事のノウハウなど、さぞ良い話が聞けたことでしょう。どれどれ。

趣味のお話を聞いたら知識が深すぎてにわかの私は黙った。マニア怖い。
先輩のお子さんお勧めの「おしりたんてい」を知れてよかった。
Amazon Prime、NETFLIXのおすすめコンテンツをたくさん聞けたので週末見たい。

・・・ただの飲み会か!!!

ただの飲み会でしたねそういえば。最後にこのオンライン飲み会の総括にふさわしい、新卒のコメントを紹介します。

この会社の社員はとにかくサウナが好きだと分かった。計11回オンライン飲み会をしたが、毎回誰かしら一人は「趣味はサウナです」と言っていた。一体なぜなんだ。言わされているのか。それとも"サウナ教"の教祖がいて布教活動でもやっているのか、、、あ、ちなみに僕もサウナ大好きです。

また無事にリグリットサウナ部の部員が増えたようです。オンライン飲み会を開催した甲斐がありました。

(リグリットマネージャーがサウナについて超真剣に書いた記事はこちら

今回はリグリットで新卒向けオンライン飲み会を開催した結果分かった、

オンライン飲み会を開催するメリット
開催時の注意点とちょっとした対応策

をお伝えしました。半強制にも関わらず快く参加して頂いた社員の皆さん、本当にありがとうございました。オフラインで話したい気持ちが爆発した新卒がいるそうなので、是非オフラインでも飲みに誘ってあげてください。

今後もラフな社内の様子や、何か役立つ内容をお届けしたいと思います。それでは。

Regrit Partners's job postings
29 Likes
29 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more