1
/
5

0.1トンの社長が率いる組織【株式会社iRup】の未来とは?②

どーも~!!

株式会社iRup【0.1トン社長】の向井です!!

弊社の事務所に近くにあるケバブ屋さん



ここのケバブサンドは絶品です!!

コスパといい、ボリュームといい

100点ですね。



ケバブサンド2個いけちゃいます。

最近は通いすぎて、ケバブ屋にいる常に片耳イヤホンしているネパール人の店員さんと仲良くなりました。

今では【ブラザー】と呼び合う仲です。

事務所に遊びに来た際に【ケバブ】と言っていただけるケバブサンドご馳走します!!

ぜひ遊びに来てください!

今回も弊社の見据える【ビジョン】についてお話できればと思います!

2つ目は【AI×ドローン】です。

空の産業革命と呼ばれるドローン。

あらゆる産業でドローンの活用が進むことが期待されています。

弊社では【ドローン×農業】に挑戦し、共同開発を行っています。

こちらがドローンを活用し、農薬散布している様子です。



【ドローン×農業】のメリットとは?

① 効率性

② 薬剤による防除効果

③ 高齢化への対応

時速15kmで幅4mを散布するので、10aを1分程で散布することが可能です。

人力で散布するよりも作業時間を1/5短縮できます。

ドローンを導入した米農家さんは、「暑い炎天下で動噴機械を背負いながら防除作業をするのはもう戻りたくない。今はドローンが無ければ仕事にならない。」などの感想もあります。

農薬散布のみならず、【ドローン×農業】で様々なことが可能になります。

肥料散布、播種(種まき)、農作物の受粉、農産物等を運搬、

空撮して行う圃場センシング、鳥獣被害対策

現状ではまだ実証段階にあり、一般化されていない技術もありますが、農業用ドローンの活用法は今後ますます拡大すると考えられます。


【AI×ドローン】は間違いなく農業に革命を起こします。

株式会社iRupも歴史の1ページに残る開発を行っていきます。


弊社ではAIに特化した教育カリキュラムも導入する予定になっています。

AI特化型カリキュラムを自由に学ぶことが可能になります。

AIで世界が変わります。

より便利な世の中をiRupから世界に。

株式会社iRup's job postings
10 Likes
10 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more