This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

『可能性しか、ない。』長期インターンでできない自分を変えませんか?

『可能性しか、ない。』

ここのインターンを始めてからよく聞く言葉です。

神戸大学経済学部3年のインターン生、上野です。

Radixで長期インターンを始めて早2ヶ月になります。


6月。いわゆる「就活」を始めた私は、何もわからずふと見つけたここの2dayインターンに参加しました。

全く面識の無かった同い年の学生と、チームで新規事業を考えるという経験。

初めての経験で答えもやり方もわからないままにまるまる2日間費やした結果は悲惨なものでした。自分が何も知らず、経験値も足りないということを強く実感しました。

その後、夏期休暇の間に興味のある企業の短期インターンに複数参加しましたが、そう過ごす内に、ある1つの疑問を持ちました。

こんな3時間程度のインターンで、いったい何を得られるのか?と。

営業や人事とかは名前だけなら知っているけど、具体的に何をやっているのかはよく分からない。

そもそも、世の中にはどんな仕事があるのかすらよくわからない。

インターンから本選考、内定という就活の流れのなかで、実際に働くこととはどういうことなのかを知らないままに将来40年間勤める会社を決めるなんて、運試しと一緒じゃないか??

怖すぎる。

そう考えたとき、以前参加したRadixのインターンの思い出が頭をよぎりました。

あれほど濃密に頑張って、全く太刀打ちできなかったインターンはなかったな。

実際に働くとはどういうことなのか、ここで頑張れば学べるだろう。

そうして私は一歩踏み出すことを決めました。

長期で入ってから、本当に色々なものを得られたと感じています。

どういうことをやっているのか。どういう仕組みでもうけているのか。自分のやったことでどれだけの売上が上がるのか。それはビジネス面にはとどまらず、仕事に対する考え方や、社会人と接する上でのマナーや気遣いなどの精神面でも強く影響を受けています。

その中でも特に、尊敬できる上司や同期との関わりや、仕事上で出会う色々な学生との出会いなど、人との出会いが一番得難いものだと感じています。

正直成長している実感はあまりないですが、それでも入る前とは、いまの私は全然違うと断言できます。

あの時一歩踏み出していなければ、こういう風には思わなかったでしょう。

変われる『可能性』は、つかめなかった。

私の尊敬する上司や同期は、口ぐせのようにこう言います。

『可能性しか、ない。』

自分を変えたいそこのあなた。

成長できる『可能性』をつかみに来ませんか?


採用サイト:http://radix-media.co.jp/recruit/

採用動画:https://youtu.be/MjjRFQ4KnB8

株式会社Radix's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings