This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

What we do

スポーツ業界の“裏側”を支える人にフォーカスしたメディアを運営中
自社アプリ「TeamHub」は野球チームを中心に多くのアマチュアチームに使われています。
▼株式会社Link Sportsについて ビジョンは「スポーツをしている人をもっと幸せに」 スポーツをする上での必要不可欠なインフラになることを目指しています。 ▼SERVICES ・スポーツチームマネジメントツール「TeamHub」  https://tmhub.jp/ ・誰もが知らないスポーツの裏側を伝えるwebメディア「AZrena」  https://azrena.com/ ・行動する女性を応援するワークアウトメディア「LIA」  https://liawomen.com/ ▼NEWS ・2019年に大型提携を完了しました。 ・2017年11月に1億の資金調達をしました。  https://jp.techcrunch.com/2017/11/22/teahub-fundrasing/ ・2016年8月に6000万の資金調達をしました。  https://jp.techcrunch.com/2016/08/17/linksports/ ▼CEO×CTOが「TeamHub」について語るインタビュー記事 スポーツマネジメントアプリ「TeamHub」は“アスリートのLinkedIn”になれるか? https://www.wantedly.com/companies/qandasports/post_articles/115955 ---------------------------------

Why we do

有名アスリートを取材することも…
スポーツ業界のリアルを、世の中に発信しています。
弊社は「スポーツをもっと楽しもう」というミッションを掲げ、プロダクトを開発しています。 私たちはスポーツは性別問わず、幅広い年代層において体、そして心を豊かにする最高のツールだと考えています。 しかし、スポーツをする上ではたくさんの課題があります。 チームメンバー間でのコミュニケーションに複数のツールを使わなければならなかったり、同レベルの対戦相手が見つからなかったり、場所の確保が困難であったり、費用の管理が大変だったり。 これらはすべて開発メンバーがプレーヤーとして、コーチとして、チーム運営者として実際に体験してきたことです。 こうした課題に対し、スポーツ業界ではまだ整っていないITを用いることでスポーツをする人、支える人達がより笑顔になり、 「もっとスポーツをしたい」と思えるような世界を作っていきたい。 そしてスポーツの魅力を世の中に発信する人を増やしていきたいと考えています。 これからも我々はスポーツを愛する熱き心を胸に、関わるすべての人のスポーツライフを豊かにするべく、挑戦を続けて参ります。

How we do

プランニングポーカーを使用し見積を作るエンジニア
年始恒例のママチャリGP。スポーツイベントは多数!
やりたいことを自分から発信していくメンバーと一緒に、アイデアをすぐに形にできる環境で仕事をしています。 少ない人数だからこそ、全員が会社の状況を理解し、すぐにサポートしあう空気感のなかで働いています。 また、現役アスリートを始めスポーツ関係者とのつながりが強く、IT分野だけでなくスポーツ分野での幅広い人脈構築が可能です。 勉強会や交流会、その他イベントへの参加費と交通費は、おおかた会社で負担しています。 オフの時間はみんなで代表戦を見たりとくつろいだりとメンバーは全員スポーツ好きで会社としてもスポーツ活動を奨励してます。 また、月1回スポーツイベントを実施しています。 (野球、サッカー、フットサル、ボルダリング、バスケット、ラクロス、バドミントン、ボードゲーム等) 古い枠組みにとらわれず、新たな価値を見出し、仕組みを作ることにやりがいを感じられる方をLink Sportsの第2創業メンバーとして迎え、スポーツを通して感じられる喜びを分かちあいながら、全ての人がスポーツをする上での必要不可欠なインフラを共に創っていけたらと考えています。 弊社に共感してくださる方、自らのスキルで、スポーツの世界をより便利に、楽しくしていくことに興味を持たれた方と、お会いできることを楽しみにしております。 エントリーをお待ちしています!

Page top icon