This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

困ったらいつでも頼ってもらえる存在でありたい|人事 2018年中途入社

困ったらいつでも頼ってもらえる存在でありたい

大きな会社の歯車よりも私自身が会社の強みになれる場所を探して

私は元々大手デジタルマーケティング会社のグループ会社で人事をやっていました。その後一度転職したのですが、そこは日本国内でもトップの大手広告代理店のグループ会社。私としてはキャリアに箔がついたと思ってやる気満々だったのですが、仕事が楽しいと感じる事ができませんでした。自分の頑張っていることがどうしても小さな歯車の一つのように感じられたんです。(※良い経験もたくさんさせていただきました!)

それが嫌で、小さい会社でも一人目の人事として採用周りなどを一気通貫で出来る会社を探していたときに、代表の軽部と出会いプロズサービスに入社しました。


代表の軽部の助けになりたい、そんな思いで入社

前職を辞めようと決めて、転職活動をはじめたのですが、エージェントは通さないというのを決めていて、自分が興味ある会社と直接コミュニケーションを取れる方法で次の会社を決めたいと思っていました。その中でプロズサービスの求人を見て一度会ってみようと思い最初は気軽な気持ちで面談しました。

その時に初めて代表の軽部と会ったのですが、採用面でにっちもさっちも行かなくて困っているんですよ〜と話していたんです。その話している表情を見て、あ、これはガチで困っているなと思ったんです(笑)。

自分が力になれるならこの人とこの会社を助けたいと思ったのが一番の理由でした。


目の前の課題を改善していく過程にやりがいを感じる

私の仕事は、新卒・中途採用の担当として色々な媒体を運用しています。また、それ以外にも評価制度の企画や運用、社内コミュニケーションなど人材に関わる何でも屋のような立場です。

当社の現状は、まだ制度や人事面という点で、働き方改革などの世の中の流れから乖離しているなと感じています。そこを私自身が企画立案して改善していく過程はとてもやりがいを感じています。

また、当社の事業はいわゆるSESと呼ばれる客先常駐型で当社の社員であるエンジニアやスタッフをお客様先に派遣しているのですが、そういったスタッフに対してのメンタル面のフォローや困ったときにすぐに駆けつけるというような事はまだまだ足りていない。リアルタイムで表情が見えないので、困った事があったらすぐに相談してもらえるような信頼関係を今以上にもっと作っていきたいと思っています。


応募・入社を検討されている方へ

プロズサービスの面白くて良いところは、歴史と伝統がありながら、代表の軽部を中心に第二創業期のベンチャー企業であるところです。1990年からある会社が母体になっていながらもベンチャー企業という両方味わえるところが面白い会社だと思っています。

昔からある良い文化や社風、メンバーがありつつ、もっとこうした方が良いんじゃない?と言えばそれが出来てしまう環境。こういう会社にはなかなか巡り会えないと思っています。そういう変化を楽しめる会社がプロズサービスです。


株式会社プロズサービス採用サイトより転載:https://pros-service.talentcld.com/staff/800

株式会社プロズサービス's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings