1
/
5

What we do

【秋葉原オフィス】エントランスの壁画
グロースハックに求められるスキル
▼創設から現在まで▼ PROJECT GROUP株式会社は、マーケティングの戦略コンサルティング企業であり、また同時に国内トップクラスの実績を持つグロースハック企業でもあります。 当社は、2012年に社長である田内を中心に友人3名、2DKのマンションの一室から始まりました。起業当初はFacebookページの開発/運用のコンサルティング業務を展開し、紆余曲折がありながらも大手企業を中心とした受託開発事業、自社メディア事業を経て事業を拡大。 2014年中盤からは、著名なIT企業が集うシリコンバレーにて誕生した「グロースハック」を国内に取り込み、2015年にはグロースハックを主軸とした事業展開・拡大に成功。サイト改善事業のみならず、広告事業・SEO事業・M&A事業・自社メディア事業に従事し、創業から毎年売上200%成長を記録、2018/2019には「ベストベンチャー100」に連続受賞しました。 2020年からは、マーケティング市場の大きな変化に対応する形でグロースハック事業をさらに本格化。サイト改善や広告出稿といった「手法」にとらわれず、クライアントのデータをもとに最適なアプローチ方法を取捨選択。「マーケティング全体」の戦略コンサルティング企業として事業改革を行ってまいりました。 2021年はマーケティングツールの需要拡大に伴い「開発事業」を設立。これまでに培ったデータ解析のナレッジをもとに、業務効率化・ビッグデータを中心としたツール開発に従事しています。 創立10周年を迎える2022年は「SaaS事業」を展開すべく、開発事業のさらなる強化を計画中です。 ▼「数字で見る」PROJECT GROUP株式会社▼ ・総売上改善額100億円以上 ・実施テスト数25,000回以上 ・累計プロジェクト数250件以上 ・改善成功率98.6% ・契約更新率95%以上

Why we do

代表取締役 田内広平(タノウチコウヘイ)
PROJECT GROUP株式会社
マーケティング市場は「目まぐるしい速度で変化していく」という特徴があります。 例えば、IT技術の進歩で新ツールが登場したり、これまでのツールもさらに高度化したり。長年Googleが主流だった広告市場がTikTokの登場以降、TikTok広告の需要が爆発的に増加したり。法律の改定で、これまでのマーケティング手法が一切通用しなくなったり。 このような市場変化に「いかに迅速に対応してくか」が企業の成長・存続のポイントに深く関わってきます。しかしながら、日本はこの変化速度に追いつけずにいる企業で溢れかえっており、急激な経営不振に追い込まれるケースも日常的に起きています。 こういった現状は、海外市場との差をさらに開くだけでなく、国内に「優秀な人材」が誕生しない環境も生み出しています。 PROJECT GROUPではクライアントの成長に対し、部分的なアプローチは無意味だと考えています。データ収集の基盤が無ければ、構築方法や環境を提供します。データ解析が一切出来ないのであれば、研修などを通してナレッジを提供します。そしてクライアントが現在の市場でも自走できるようになるまで、私たちは並走し続けます。 私たちの使命は「クライアントの成長」ではありません。後れを取り続ける日本のマーケティング市場にメスを入れ、日本が世界屈指のマーケット、企業レベルに押し上げる。これが私たちの目指すべきゴールです。 ▼データマーケティングのその先を行く▼ 日本のマーケティング業界は腐っている。 根拠のないマーケティングアプローチを推進し、運否天賦の勝負を繰り返す。 マーケティングとは、狙った通りに獲物を捕らえる狩人のように、勝つべくして勝つポーカープレイヤーのように、自らの理論と数値が目指すべく結果に繋がるところにある。 Googleは年間7,000回以上のABテストを行う。Amazonは現場にABテストの権限を委譲している。Facebookは1万種類のバージョンを持ち、如何なるABテストもエンジニアチームの意向で試せる。国内のマーケティングは海外のそれと比べて脆弱すぎる。 データマーケティングは、マーケティング業界の闇を祓いマーケットを正しい道へと導く。我々は、それこそが日本が世界に勝つ布石であると信じている。 ― 代表取締役 田内広平

How we do

階級に関係なく分け隔てのないコミュニケーション
経験豊富な先輩陣による実践的な教育
▼PROJECT GROUP「5 minds」▼ 【01】商人であること モノの価値を高め、需要に答えモノを売り、モノの共有を行い前進させる。そのために、マーケティングという概念を科学し、追求し、用いる。 【02】矛盾を超える ベンチャーとは、矛盾を超える行為だ。それもスピーディに。 【03】Q.E.R 最高品質(Quality)、最高効率(Efficiency)、再現性(Reproduction)。 【04】持つ者の義務 ヒトには社会的義務がある。特に能力にはモノゴトを良化する義務が付きまとう。 【05】変化を楽しむ 変革は必ず起こる。ならば楽しむべきだ。人は目的地を楽しむのではなく、道中を楽しむ。変化の過程を楽しみ、自らにもっと大きな変革を迫る。 私たちは日本のマーケティング市場を世界レベルに引き上げるべく、決して忘れていはならない「5つのマインド」を掲げています。また企業は「人」の集合体です。社員一人一人が当事者意識を強く持ち、各々が熱量を持って使命に取り組んでいます。 ▼PROJECT GROUPが取り組んでいる事業▼ ≪グロースハック/コンサルティング事業≫ コンサルティング・戦略設計・マーケティング実行支援サービス。 ≪広告代理店事業≫ クローズド型ASP。Web広告の仲介サービス。 ≪開発事業≫ 業務システム/マーケティングツールの自社開発。 ≪不動産事業≫ インフルエンサー向けの高額物件・賃貸の仲介。企業への福利厚生支援サービス。