1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

コーヒーのスタートアップ「PostCoffee」のカルチャーのルーツとオフィスの紹介


はじめまして!PostCoffeeの代表、下村です。
Wantedlyを通じて弊社のオフィスを訪問される方が、私達のオフィスを見て、色んな意味で驚かれることが多いので先にこちらで情報を掲載し、耐性をつけていただこう思い、初めて投稿させていただきます 笑

今回は私達のカルチャーのルーツとオフィスについて紹介させていただきます。

もともとはデジタルクリエイティブ制作の会社

私はもともとデザイン制作やシステム開発をするデジタルクリエイティブ制作の会社を経営していました。現PostCoffeeのオフィスはそのデザイン会社オフィスをそのまま使っています。

創業者兄弟の趣味のギアで溢れた(あふれすぎw)、オフィスっぽくないガレージ感のあるオフィスです。昔からオフィスは「仕事に行くのが楽しくなるようなワークスペース」になるようにと心がけているので自然と遊び場みたいなオフィスみたいになっています。

渋谷でコーヒー屋もやっていました

また、私達はデザイン会社を経営する傍ら、渋谷でコーヒー屋を立ち上げ、3年ほど運営をしていました。「やりたいことは勢いよく全力でやる」のが私のモットーなので、Youtubeで工事職人の技を観て盗みながら内装はすべて手作りで仕上げ、エスプレッソマシンはオランダのエスプレッソマシン職人に発注、その時はまだ知られていなかった"コワーキングスペース"のシステムを導入するなど、様々な挑戦をしました。

そして、このコーヒー屋を運営する中で、大きな「コーヒーの課題」を見つけます。それを解決するためにコーヒー屋をいったん閉業、16年経営してきた制作会社のノウハウをフル活用して、新しいコーヒー屋の構想を始め、PostCoffeeの立ち上げに至りました。

いまのオフィス

オフィス内はコーヒーの香りがふわりと漂い、常に音楽が流れ、シーンと静まり返るときはありません。

コーヒー屋で使っていたエスプレッソマシンはいまはオフィスで使っています。実はこれ日本に1台しかないレアなマシン。

DIYで作ったデスクと配送センターでコーヒーの作業を行います。

オフィスはもちろんコーヒー飲み放題です☕

と、ここまで紹介しておいてアレですが、来年1月に移転を予定しています。
詳細はまだ明かせませんが、またとことん挑戦します。

そして移転と共に、一緒にPostCoffeeのサービスを成長させていく仲間を超募集しています。一刻を争う急募です。気になる方はぜひお話を聞きに来てくださいね。

POST COFFEE 株式会社's job postings
28 Likes
28 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more