1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

What we do

PostCoffeeは毎日のコーヒーをもっと美味しく、スマートにするために、次の時代のコーヒーライフを創っているスタートアップです。テクノロジーの力で日本のコーヒーを様々な側面からアップデートしています。 2019年10月資金調達を行い、2020年2月に正式版サービスを開始、実店舗&焙煎所&オフィスをオープンしました。 https://postcoffee.co/ ––––––––––––––– 月額1480円からのコーヒーサブスク「PostCoffee」は“自分に合った”コーヒーが定期的に届く | TechCrunch Japan https://jp.techcrunch.com/2020/02/06/postcoffee-launch/ 好みのコーヒー豆をweb診断で届けるサブスク登場、実店舗も同時オープン | スタートアップ&イノベーション | ダイヤモンド・オンライン https://diamond.jp/articles/-/228046 話題のサブスク「PostCoffee」を体験したらコーヒー観が変わった | ライフハッカー[日本版] https://www.lifehacker.jp/2020/05/212060subscription_service-postcoffee.html 「テクノロジーで多くの人においしいコーヒーを提供したい」 D2Cコーヒーサブスク「ポストコーヒー」の挑戦  | WWD JAPAN.com https://www.wwdjapan.com/articles/1050198 ––––––––––––––– 領域はオンラインだけに留まらず、オフラインでの体験設計も含め、昨今話題になっている、D2C、サブスクリプション、パーソナライズ、ニューリテール、といった要素を絡めた新しいビジネスモデルに挑戦しています。

Why we do

私たちはコーヒーが大好きで、毎日、コーヒーを淹れて飲むのが日課です。 毎日のコーヒーをできるかぎり美味しく飲むために、日本全国(海外も!)の小さなローカルコーヒー屋でコーヒーを試し、自分の好みのコーヒーを見つけては、都度コーヒー豆を購入していました。 いろんな場所、ネットでコーヒー屋を探し、店主の個性を感じられるコーヒーを飲むのはとても楽しいのですが、毎日飲むコーヒーとなると月に何度もこの作業をしなければなりません。すると楽しかったはずのコーヒー選びがだんだん手間になってきます。 ただ、美味しいコーヒーを毎日飲みたい!だけなのに、どうして美味しいコーヒーを買うのはこんなにも大変なんでしょう。 調べると国内のコーヒーの消費量の中で、美味しいコーヒーはわずか8%しかない事がわかりました。どうりで身近にあるコーヒー屋では美味しいコーヒーが買えないわけです。 そこで私たちは考えました。美味しいコーヒーはもちろん、私、あなたの好みのコーヒーが、手間なくいつも手元に届く、という素敵なコーヒーライフ。これがPostCoffeeです。 弊社創業者はクリエイティブ業界に20年ほどいた経歴をもちつつ、渋谷区でコーヒー屋も経営していました。 コーヒー屋を経営していく中で、業界のレガシーな実態、そして課題を目の当たりにし、それを自分たちのもつクリエイティブとテクノロジーの力で解決したいと考えています。 消費者と生産者、カップから農園まで、テクノロジーをしっかりと浸透させることで、両者が幸せに、世界のコーヒー業界が変わると信じています。 わたしたちはスタートアップという形をとってるからこそ、いままでコーヒー屋が足を踏み入れることができなかった領域で、コーヒーの再定義に挑戦する義務があると思っています。

How we do

全く新しいコーヒー体験を多くのユーザーに届けるため、少数精鋭のチームで事業開発からクリエイティブ、マーケティング、商品開発をこなしています。 オフィスは常に音楽がかかっているし、組織は超フラット、常にコーヒーの香りが漂う、一見仕事をしているように感じない環境です。この自由な環境でメンバーそれぞれが主体性を持って目標を立て、施策を考え、タスクを作り、仕事をしています。 少人数のスタートアップなので、職種の境はなく、必要なスキルはそれぞれが学びながら、そして助け合いながら実践しています。 ポップアップショップ、マルシェなどの出店、カッピングイベント、コーヒー女子会など、様々なイベントをチームメンバー全員で企画し、参加しています。 もちろんコーヒーは飲み放題。思う存分にコーヒーの世界に浸ることができます☕