This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

全国100名のインターンを統括!大学生・橋本さんが語るPOLでインターンする魅力とは

大学1年生の冬、創業3ヵ月目からPOLでインターンをしている橋本光さんは、東北大学の現役大学生。これまで企業営業やカスタマーサクセスなどを経験し、現在はLabBaseの学生部責任者として、全国のインターン組織を統括しています。今回は、そんな橋本さんにPOLでインターンをする魅力や、POLのインターンを楽しめる人の特徴について聞いてきました。

社員ゼロ、創業3ヵ月目のPOLでインターンをスタート

ーまずは、POLでインターンをすることになった経緯を教えてもらえますか?

小さい頃から本を読むのが好きだった影響もあり、中学生の時にスティーブ・ジョブズに憧れていました。それで「大学に入ったらビジネスに触れる機会が欲しい」と思い、大学に入学してすぐに地元・宮城の企業でインターンを始めたんです。今振り返ると、ビジネス経験がない自分に多くの機会を与えてくださって、本当にありがたかったです。

半年間のインターンプログラムを終え「次はスタートアップ企業でインターンをしてみたいな」とぼんやり思い描くようになりました。すると、その様子を見た大学の先輩が声をかけてくれて、POLの代表である加茂と出会いました。

ーなるほど。創業3ヵ月目で、社員もインターン生もいない環境だったそうですが、POLのインターンに参加しようと思った理由を教えてください。

加茂の2つの考え方に共感したからです。まず「複数の事業で会社をスケールさせていきたい」という考え方。僕は1つの事業だけではなく、複数の事業に携われる企業で働きたいと考えていたので、自分が考える理想とぴったりで将来の糧にもなりそうだなと思いました。

もう1つが「利益だけでなく会社、ユーザー、投資家など全てのステークホルダーを幸せにしたい」という思想です。僕は「利益を追うだけでなく、顧客やそこで働いている社員を幸せにできるような会社で働きたい」と考えていました。だから、ただ会社の利益を追うのではなく、ユーザーや投資家のことも「幸せにしたい」と明言した加茂が、私の将来的に目指している像に近いと感じたのです。

立ち上がり期はとにかく泥臭さでユーザーを獲得

ージョインしてからは、どのような業務をしてきましたか?

入社したのはLabBaseのローンチ前だったので、リリースまでに200名の学生ユーザーを集めることに、執行役員LabBase事業責任者の松崎と2人でコミットしていました。ありがたいことにリリース前から100社以上の企業様が事前登録してくださっていたので、なにがなんでも200名達成させなくてはと思っていましたね。だから、多くの理系学生に会うために、大学の食堂に張り込んだり、知り合いの知り合いに繋いでもらったりと、かなり泥臭いことをしていました。結果、リリースまでに250名の学生ユーザーを集めることができました。

ジョインして半年が経ったころから、学生部のインターン生マネジメントに加えて企業営業やカスタマーサクセスの業務を担当していました。また、時期によってはそれに加えて、全社合宿の設計・司会、60人規模の他社向けワークショップの設計などをやることもありました。

ーかなり大変そうにも思えるのですが…

それが、ジョインした時から自走力が求められることは理解していたので、あまり苦ではなくて。むしろ自分でどんどん進められることは楽しかったですね。

ただ、合宿やワークショップの設計を初めて担当した時期は、慣れないこと続きだったので迷うこともありました。その時は、取締役の吉田がかなり手厚くサポートしてくれたので、全社視点で設計をするなど思考法を学べた貴重な経験だったなと思います。

ー同時期に始められた学生のマネジメントはどうでしたか?

最初はマネジメントに慣れなく、悪戦苦闘する日々でした。特にサービスをローンチして間もないころは、インターンのメンバーが「なんのために、この業務をやっているのか」という気持ちに陥りがちです。このような時には、メンバーとじっくりと向き合い熱量を伝えることが大切。LabBaseが描く未来から逆算して、今この業務をやることの意味はなにかと言語化して伝える必要があり、その難しさを実感しました。

「成長」×「全員が幸せ」なインターン組織をマネジメント

ー現在も、学生統括部の責任者を務めていますが、マネジメントする中で気を付けていることはなんですか?

マネジメントを1年半ほどしていく中で、自分がスーパーマンになるのではなくメンバーを束ねることに徹するようになりました。それまでの僕はどんな分野でも1番のスーパーマンになりたいと思っていましたが、成果が出ず悩んでいました。そんな時に、POLに投資していただいているクラウドワークスの成田さんが講演会で「マネージャーの役割は、それぞれの専門性を持つ人を束ねてビジョンに向かわせること」とおっしゃっていたのを聞いて考えが変わったんです。

目標を達成するためには、どう考えても僕1人じゃ無理。だからこそ、メンバーと協力し合って1人ひとりが「なぜPOLでインターンをしているのか」を意味付けできることが必要だと思うようになりました。ユーザーの価値を最優先しながら、理系学生もPOLメンバーも成長できる好循環を生めるよう心がけています。

統括する立場になって見えてきたPOLのインターンを楽しめる人

ーなるほど。橋本さんから見て、POLでのインターンを楽しめる方ってどんな方でしょうか?

素直さと当事者意識、自走力がある人ですね。他者からのフィードバックを吸収する素直さと、会社の広い範囲に当事者意識を高く持つメンバーが速く成長すると思っています。POLでは全国の大学でインターン生を募集しているので、地方にいてやる気はあるのに環境がない学生や、学生団体にいてもっとビジネス寄りのことをしてみたい、バイトをしていたけどもっと裁量権のあることにチャレンジしたい学生にぴったりだと思っています。

大切なのは、経験よりもPOLのカルチャーにフィットするかどうかです。

ー最後にPOLでインターンする魅力を教えてください。

スタートアップの成長環境に加えて、経験を兼ね備えたチームであることがPOLの1番の魅力です。

POLは創業3年目のスタートアップ企業でありながらも、取締役の吉田(元ガリバーインターナショナル専務取締役)や投資家の皆さんなどの貴重なアドバイスにより、経験不足による大きな失敗を回避しやすいチームになっていると思います。そして軌道修正が早く、成長スピードの速さも体感しています。

また、学生というフィルタリングをせずに責任や挑戦する機会を与えてくれるため、学生のうちから事業立ち上げや会社のコア部分に携わることもできます。経験は問いません、ぜひ「POLって面白そうだな」と思ったら、応募していただきたいです。

ー橋本さん、ありがとうございました!

知見をシェアし合いながら、共に成長・挑戦できる仲間を募集中!

POLにはカルチャーに共感する仲間が集まり、常に高い目標を掲げて成長を続けています。現在、複数の職種にて、共に働く仲間を募集中!少しでも興味を持ってくださった方、まずは1度気軽にお話してみませんか?

総務部学生インターン
仲間のために本気になれるあなた!コーポレート部門の学生Wanted!
=== 研究関連市場をテクノロジーで革新しようとする“LabTechベンチャー”のPOL === POLは理系大学生を採用するダイレクトリクルーティングプラットフォームや、産学連携の技術探索プラットフォームなどを展開している企業です。 2016年9月設立し、現在4期目の当社。『研究者の可能性を最大化するプラットフォームを創造する』というビジョンを掲げ、既に複数の事業を走らせております。 具体的には、 (1)LabBase(ラボベース) https://labbase.jp/ 全国の理系学生にアプローチできるダイレクトリクルーティングサービス 2016年設立後、現役理系学生かつ代表の加茂が研究関連における課題解決の一歩目として始動させたのがこのLabBaseです。研究で忙しく十分に就職活動ができていない学生、そしてなかなか応募者が集まらない企業様に向けてマッチング率を高めお互いの機会損失をなくしていきたいと思っております。 ★経済産業省が「LabBase」を利用開始しました!★ https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000049.000020282.html (2)LabBase X(ラボベース クロス) https://material.labbase.jp/x/business/ 共同研究者を大学問わず検索し、コンタクトが取れるデータベース。 地方の若手研究者や共同研究者に積極的な研究者を、大学を横断して網羅的に検索できるサービスになります。 大学にはすごい研究が眠っています。それらを企業と繋げ、社会に価値を生み出す事業を創りたいというのがX事業のビジョンです「テクノロジーを用いて人ほんの旧態依然的な研究開発を切り開いていきたい」、そう考えております。 今の事業は、僕らが描く未来のほんの一歩に過ぎません。 2019年にシリーズAの資金調達をした当社。金額もこれまでとは桁違い、まさにこれからの社運を握る資金調達となりました。第4期は価値の年(価値にこだわり、価値を磨く)、第5期は飛躍の年(非連続的成長の打ち手が花開く)として捉えています。科学と社会の発展を加速すべくPOLは今、第二創業期に突入しております。 ★先日テレビ東京 WBSにてPOLが紹介されました!★ https://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/smp/feature/post_192409/?yclid=YJAD.1576196561.AlP5g9ydcq2fgi7Gm4p3am731PpNlVChSGenXgMTcgwhVmlUPbj9Hf1vIcdG5ipKAE7H.ZF1Ax0aaGs-
株式会社POL
Others
海外事業部立ち上げメンバーに!グローバル人材に成長したい学生wanted!
=== 研究関連市場をテクノロジーで革新しようとする“LabTechベンチャー”のPOL === POLは理系大学生を採用するダイレクトリクルーティングプラットフォームや、産学連携の技術探索プラットフォームなどを展開している企業です。 2016年9月設立し、現在4期目の当社。『研究者の可能性を最大化するプラットフォームを創造する』というビジョンを掲げ、既に複数の事業を走らせております。 具体的には、 (1)LabBase(ラボベース) https://labbase.jp/ 全国の理系学生にアプローチできるダイレクトリクルーティングサービス 2016年設立後、現役理系学生かつ代表の加茂が研究関連における課題解決の一歩目として始動させたのがこのLabBaseです。研究で忙しく十分に就職活動ができていない学生、そしてなかなか応募者が集まらない企業様に向けてマッチング率を高めお互いの機会損失をなくしていきたいと思っております。 ★経済産業省が「LabBase」を利用開始しました!★ https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000049.000020282.html (2)LabBase X(ラボベース クロス) https://material.labbase.jp/x/business/ 共同研究者を大学問わず検索し、コンタクトが取れるデータベース。 地方の若手研究者や共同研究者に積極的な研究者を、大学を横断して網羅的に検索できるサービスになります。 大学にはすごい研究が眠っています。それらを企業と繋げ、社会に価値を生み出す事業を創りたいというのがX事業のビジョンです「テクノロジーを用いて人ほんの旧態依然的な研究開発を切り開いていきたい」、そう考えております。 今の事業は、僕らが描く未来のほんの一歩に過ぎません。 2019年にシリーズAの資金調達をした当社。金額もこれまでとは桁違い、まさにこれからの社運を握る資金調達となりました。第4期は価値の年(価値にこだわり、価値を磨く)、第5期は飛躍の年(非連続的成長の打ち手が花開く)として捉えています。科学と社会の発展を加速すべくPOLは今、第二創業期に突入しております。 ★先日テレビ東京 WBSにてPOLが紹介されました!★ https://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/smp/feature/post_192409/?yclid=YJAD.1576196561.AlP5g9ydcq2fgi7Gm4p3am731PpNlVChSGenXgMTcgwhVmlUPbj9Hf1vIcdG5ipKAE7H.ZF1Ax0aaGs-
株式会社POL
新規事業開発
企業の研究開発部門に的確な研究者をアサインし、成果が残る共同研究の実現を!
=== 研究関連市場をテクノロジーで革新しようとする“LabTechベンチャー”のPOL === POLは理系大学生を採用するダイレクトリクルーティングプラットフォームや、産学連携の技術探索プラットフォームなどを展開している企業です。 2016年9月設立し、現在4期目の当社。『研究者の可能性を最大化するプラットフォームを創造する』というビジョンを掲げ、既に複数の事業を走らせております。 具体的には、 (1)LabBase(ラボベース) https://labbase.jp/ 全国の理系学生にアプローチできるダイレクトリクルーティングサービス 2016年設立後、現役理系学生かつ代表の加茂が研究関連における課題解決の一歩目として始動させたのがこのLabBaseです。研究で忙しく十分に就職活動ができていない学生、そしてなかなか応募者が集まらない企業様に向けてマッチング率を高めお互いの機会損失をなくしていきたいと思っております。 ★経済産業省が「LabBase」を利用開始しました!★ https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000049.000020282.html (2)LabBase X(ラボベース クロス) https://material.labbase.jp/x/business/ 共同研究者を大学問わず検索し、コンタクトが取れるデータベース。 地方の若手研究者や共同研究者に積極的な研究者を、大学を横断して網羅的に検索できるサービスになります。 大学にはすごい研究が眠っています。それらを企業と繋げ、社会に価値を生み出す事業を創りたいというのがX事業のビジョンです「テクノロジーを用いて人ほんの旧態依然的な研究開発を切り開いていきたい」、そう考えております。 今の事業は、僕らが描く未来のほんの一歩に過ぎません。 2019年にシリーズAの資金調達をした当社。金額もこれまでとは桁違い、まさにこれからの社運を握る資金調達となりました。第4期は価値の年(価値にこだわり、価値を磨く)、第5期は飛躍の年(非連続的成長の打ち手が花開く)として捉えています。科学と社会の発展を加速すべくPOLは今、第二創業期に突入しております。 ★先日テレビ東京 WBSにてPOLが紹介されました!★ https://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/smp/feature/post_192409/?yclid=YJAD.1576196561.AlP5g9ydcq2fgi7Gm4p3am731PpNlVChSGenXgMTcgwhVmlUPbj9Hf1vIcdG5ipKAE7H.ZF1Ax0aaGs-
株式会社POL
フロントエンドエンジニア
研究課題の解決は、社会を確かに変える。自社開発フロントエンドエンジニア募集
=== 研究関連市場をテクノロジーで革新しようとする“LabTechベンチャー”のPOL === POLは理系大学生を採用するダイレクトリクルーティングプラットフォームや、産学連携の技術探索プラットフォームなどを展開している企業です。 2016年9月設立し、現在4期目の当社。『研究者の可能性を最大化するプラットフォームを創造する』というビジョンを掲げ、既に複数の事業を走らせております。 具体的には、 (1)LabBase(ラボベース) https://labbase.jp/ 全国の理系学生にアプローチできるダイレクトリクルーティングサービス 2016年設立後、現役理系学生かつ代表の加茂が研究関連における課題解決の一歩目として始動させたのがこのLabBaseです。研究で忙しく十分に就職活動ができていない学生、そしてなかなか応募者が集まらない企業様に向けてマッチング率を高めお互いの機会損失をなくしていきたいと思っております。 ★経済産業省が「LabBase」を利用開始しました!★ https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000049.000020282.html (2)LabBase X(ラボベース クロス) https://material.labbase.jp/x/business/ 共同研究者を大学問わず検索し、コンタクトが取れるデータベース。 地方の若手研究者や共同研究者に積極的な研究者を、大学を横断して網羅的に検索できるサービスになります。 大学にはすごい研究が眠っています。それらを企業と繋げ、社会に価値を生み出す事業を創りたいというのがX事業のビジョンです「テクノロジーを用いて人ほんの旧態依然的な研究開発を切り開いていきたい」、そう考えております。 今の事業は、僕らが描く未来のほんの一歩に過ぎません。 2019年にシリーズAの資金調達をした当社。金額もこれまでとは桁違い、まさにこれからの社運を握る資金調達となりました。第4期は価値の年(価値にこだわり、価値を磨く)、第5期は飛躍の年(非連続的成長の打ち手が花開く)として捉えています。科学と社会の発展を加速すべくPOLは今、第二創業期に突入しております。 ★先日テレビ東京 WBSにてPOLが紹介されました!★ https://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/smp/feature/post_192409/?yclid=YJAD.1576196561.AlP5g9ydcq2fgi7Gm4p3am731PpNlVChSGenXgMTcgwhVmlUPbj9Hf1vIcdG5ipKAE7H.ZF1Ax0aaGs-
株式会社POL
人事/採用マーケター
チームのパワーをHRから最大化する仲間をWanted!採用マーケター募集!
=== 研究関連市場をテクノロジーで革新しようとする“LabTechベンチャー”のPOL === POLは理系大学生を採用するダイレクトリクルーティングプラットフォームや、産学連携の技術探索プラットフォームなどを展開している企業です。 2016年9月設立し、現在4期目の当社。『研究者の可能性を最大化するプラットフォームを創造する』というビジョンを掲げ、既に複数の事業を走らせております。 具体的には、 (1)LabBase(ラボベース) https://labbase.jp/ 全国の理系学生にアプローチできるダイレクトリクルーティングサービス 2016年設立後、現役理系学生かつ代表の加茂が研究関連における課題解決の一歩目として始動させたのがこのLabBaseです。研究で忙しく十分に就職活動ができていない学生、そしてなかなか応募者が集まらない企業様に向けてマッチング率を高めお互いの機会損失をなくしていきたいと思っております。 ★経済産業省が「LabBase」を利用開始しました!★ https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000049.000020282.html (2)LabBase X(ラボベース クロス) https://material.labbase.jp/x/business/ 共同研究者を大学問わず検索し、コンタクトが取れるデータベース。 地方の若手研究者や共同研究者に積極的な研究者を、大学を横断して網羅的に検索できるサービスになります。 大学にはすごい研究が眠っています。それらを企業と繋げ、社会に価値を生み出す事業を創りたいというのがX事業のビジョンです「テクノロジーを用いて人ほんの旧態依然的な研究開発を切り開いていきたい」、そう考えております。 今の事業は、僕らが描く未来のほんの一歩に過ぎません。 2019年にシリーズAの資金調達をした当社。金額もこれまでとは桁違い、まさにこれからの社運を握る資金調達となりました。第4期は価値の年(価値にこだわり、価値を磨く)、第5期は飛躍の年(非連続的成長の打ち手が花開く)として捉えています。科学と社会の発展を加速すべくPOLは今、第二創業期に突入しております。 ★先日テレビ東京 WBSにてPOLが紹介されました!★ https://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/smp/feature/post_192409/?yclid=YJAD.1576196561.AlP5g9ydcq2fgi7Gm4p3am731PpNlVChSGenXgMTcgwhVmlUPbj9Hf1vIcdG5ipKAE7H.ZF1Ax0aaGs-
株式会社POL
株式会社POL's job postings
7 Likes
7 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more