This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

What we do

今後、HoloLensの開発に注力していきます。
VRコンテンツ開発中です。
今まさに、VRやMR(Mixed Reality)を活用したコンテンツが世の中に出てきています。 ゲーム等のエンタテインメントはもちろんですが、医療、教育、建築等の業界でも検討を始め、実例もいくつか出てきている状況です。 そのような中で、当社は先行して研究開発を進め、いくつかのVRコンテンツの開発をまさに進めております。 特に、教育分野でのVRやMRの活用に未来を感じており積極的に新たな教育コンテンツやサービスを開発していこうとしています。 これから拡大していくVRやMRのコンテンツ開発事業を一緒に大きくしていく方を求めています!! ーー ■当社の概要 当社は、『ゲームのちから。それは人を夢中にさせるあたらしいエネルギーのこと。』 をキャッチコピーとして、スマートフォン向けゲームの開発、及びゲームの力を用いた実用ソリューションの研究開発を主事業をしております。 もちろん企画・デザイン・開発・運営までワンストップで作業が可能です。 ■当社の開発チーム 現在は、VRやMR(Mixed Reality)の開発にも着手し、先端技術を使ったコンテンツ制作に注力しております。MR領域ではHoloLens向けのコンテンツの開発を進めています。 日本でも早い段階から Unity を用いての開発を推進して来ておりますので、Unity 開発のノウハウ・資産を大量に保有しています。 また、教育・セミナー事業を通じて、Unity エンジニア / ゲームデザイナの育成・海外先進事例紹介などの情報配信を積極的に行い業界に貢献しています。 ■会社の雰囲気 落ち着いた雰囲気の会社だと思います。温和な人が多いです。20代の割合が多いのですが、業界のベテランがチームの管理者としてチームを支えています。地に足付けて新しいことに取り組んでいると思っています。

Why we do

『ゲーム』が持つ『ひとを夢中にさせるちから』で、人のくらしに役立つ。 例えば教育コンテンツの開発。 ・VR-AI-語学学習システム、【Virtual Lesson】 AIの先生とのリアルタイム会話を通じて、スキルレベルを引き上げるための語学会話シミュレーションシステムです。 3Dシナリオエンジンを搭載したVRフレームワーク『iVoRi(アイヴォリィ)』によって開発されました。 今年の東京ゲームショウのVRコーナーにて発表したコンテンツです。 ・ふなっしーと楽しく理科を学ぼう、【ふなっしーからの挑戦状】 アニメ!クイズ!昆虫観察! 日常にある様々な「理科の不思議」をふなっしーと一緒に解明しよう! お子様の「ナゼ?」「ナニ?」をふなっしー達が教えてくれる知育アプリです。 ・ネットの正しい使い方をゲームで学ぶ、【魂の交渉屋とボクの物語】 ~ 君の選択でストーリーが変わる ストーリーから学ぶ情報モラル ~ インターネットの利用時に実際に起こり得るケースを題材にした本格シナリオゲームが登場! 2015年度 日本e-Learning大賞 ゲーミフィケーション賞受賞! ・ハイエンド向けのゲーム3DCG制作 PS4やスマホ向けのリアルタイムデータの制作案件が多いです。キャラ・背景・モーション・エフェクト・ムービーと幅広く制作しています。

How we do

会社入ってすぐに絵本を並べています。「かわいい」も当社が大切にしている雰囲気です。
当社の書籍の一部です。プログラム系の書籍が多いですが、最近CG系の書籍も増えてきています。セミナーも含めて社員が学ぶことには会社でお金をかけています。ちなみに本棚の上には社員向けのお菓子がおいてあります。ちょっとおなかがすいた時にはご自由にどうぞ、といった感じでおいてます。
■積極的に最先端技術を研究開発 VR、AR、MR、画像解析、遠隔操作、etc。新しい技術を積極的に研究開発しています。 今は、HoloLensをつかったコンテンツの研究開発、VRを使った教育コンテンツ、VRアバター等の研究開発をしております。 また、技術的な研究開発だけでなく、教育コンテンツであれば、「VRならではの学習効果は何であろうか?」といったところから考えています。 また、VRではより臨場感が求められており、リアルタイムレンダリングの3DCGの表現も追及しています。すでに3DCGチームは30名ほどになっており、PS4向けのハイエンドからアニメに使用されるセルシェーディングの3DCGまで幅広く制作しております。

Page top icon