1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

What we do

地域や街に特化したSNS 地域の広場アプリ「ピアッザ」
地域の広場アプリ「ピアッザ」は"活発な地域交流型オンラインサービス(SNS/掲示板など) No.1”など多くのタイトルを獲得
グローバルで進む都市化とともに、希薄化する地域内でのコミュニケーションやその受け皿となるローカルコミュニティが減少しています。「高齢化社会」や「暮らしの孤立化」などと合わせ、これらを起因とする社会問題が現在多くの場面で顕在化しはじめています。私たちPIAZZAは、地域の住民同士やそこで働くひとたちをつなぎ、ひとりひとりがより暮らしやすく、より活き活きとした暮らしを実現するために地域の広場アプリ「ピアッザ」の開発・運営や、コミュニティ施設の企画・運営をしています。 また、現在コロナの影響下にあり更に成長を遂げていく企業ということで現在多くの注目を頂いております。 (日本ベンチャー協会発表の「ポストコロナ社会を構築する企業」に選定されました) https://jvca.jp/news/17119.html ”こうしたベンチャーによる研究開発活動や事業化のご支援や、事業を加速する規制緩和の推進、それらのベンチャーからの政府調達を開始ないし強化いただく、また、大企業での活用を促進いただくなど、新技術・新サービスの社会実装を加速いただきたく要望いたします。”

Why we do

CEOの矢野(写真:TEDでのピッチの様子)はMcGill大学(#1カナダ)土木工学・都市計画を首席で卒業し、外資系投資銀行での海外支部、大手オンラインゲーム配信会社にて投資を担当後、PIAZZAを創業
PIAZZA(ピアッザ)はイタリア語で「広場」という意味です。 街の人が新たな形の”広場”に集まり、地域や、暮らしに関する情報を交換したり、ちょっと困った時に相談しあったり、使わなくなったモノを必要としている人に譲ったり、自治体やローカルに根ざす商業施設から役立つ情報の提供があったり。 気づけば人と人が触れ合い、支え合い、自分の住む場所がもっと好きになっている!そんなアプリを目指しています。 おかげさまで。 地域の広場アプリ「ピアッザ」は多くのNo1タイトルを獲得! ・活発な地域交流型オンラインサービス(SNS/掲示板など) No.1 ・信頼できる地域交流型オンラインサービス(SNS/掲示板など) No.1 ・地元愛が深まる地域交流型オンラインサービス(SNS/掲示板など) No.1 ※日本マーケティングリサーチ機構調べ:2020年3月期_ブランドのイメージ調査 その他、日本経済新聞、東京新聞、日経産業新聞などメディアに多数掲載!

How we do

都市部をはじめとした多くの自治体や大手鉄道各社、大手不動産デベロッパー様にも共感頂き、新たな街を構想・創造するパートナーシップを結んでいます
区役所/市役所の窓口や自治体、子育て施設からも「ピアッザ」をご案内いただき、利用者が急増しています
PIAZZA株式会社の特色 ▶︎ 東京メトロの経営企画や、メルカリの創業期や家事代行ベアーズにて役員を歴任したメンバー。KONAMI、DeNAといったテクノロジーの最先端でエンジニアをつとめたメンバーや、前職ジモティのエンジニア、博報堂、iStyleでPMや企画を経験したメンバー、など、様々なバックグラウンドを持つメンバーが集まっています。それぞれの知識や経験を活かし合うため、企画、事業開発/セールス、開発はそれぞれフラットに仕事をしており、みんなで意見を出し合い、サービスの改善や新たな企画を生み出しています。 ▶︎ アプリだけではなく、リアルな施策も戦略的に重要視しています。”人々が支え合える街を創る”という壮大なミッションを成し遂げるには、オンライン上の施策だけではなく、利用者の方々とより親密でリアルな接点を持つことを大切にしています。各地域には、それぞれの地域から募ったコミィ二ティデザイナーと呼ばれるメンバーを配置しており、初めて利用する方のサポートをしたり、ローカルコミュニティの方々との橋渡し役となったりしています。 また、実際にコミュニティスペース(日本橋Flatto)や子育て支援施設(グロースリンクかちどき)の運営も手掛け、オンライとリアルの両面を活用したコミュニティ形成を推進しています。 ▶︎ 地域の広場アプリ「ピアッザ」を活用したエリアマーケティングも大企業を中心にご好評頂いています。地域の広場アプリ「ピアッザ」の特徴は、既存のWEBサイトやアプリのように、広範な情報や大手スポンサーの情報が中心ではなく、その地域=生活圏に密着したユーザーと情報が集積しているのが特徴です。地域に根ざした団体(町内会や自治会、NPOなど)との連携やユーズケースも豊富にあるため、既存のマス媒体とは異なる距離感やアプローチでのプロモーション活動やイベントの企画が可能な独自のポジションを獲得しつつあります。 【work style】 ①リモート勤務&オフィスデ―:毎週金曜は社員はオフィスで仕事しています。それ以外は各自リモートワークです。これから新しく入ってくる方も増え、直接お話をしたり顔を合わせるメリットは無限大∞なので週に一度集まる日をもうけています。金曜の理由:オフィスデ―は週の振り返りや打ち合わせが多くなることなどが予想されるので、週の終わりにしました。木曜までに仕事を終わりにしましょうという文化です! ②月に一度の全社会議:月次の業績報告と各自の振り返り報告をする日を月に1度平日14時からもうけています。お酒や食べ物をつまみながらリラックスしながらの会にしています。 ③社内外とのミーティング・商談・面接:オンライン推奨しています