This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

一通のメールがきっかけでフォトラクションに。

「私たちの仲間はなぜフォトラクションを選んだのか?」

この疑問を解決すべく、採用担当が実施している社員インタビュー。

エンジニアインタビューの第二弾は、藤田さん。会社の創設者であり、現在はモバイルエンジニアとしてPhotoructionのiOSアプリ開発全般を担当しています。

——これまでのキャリアを教えてください。

大学では情報システム工学を学んでいました。卒業後はSEとして、建設業の受託案件や自社サービスの建業向けのクラウドを開発していました。

その時から代表の中島とは、彼の会社から案件をもらって僕の方で開発をして提出をするという形で関わっていたのですが、最初に会ってから半年くらい経った頃にメールが来て「内々でこういうサービスを作ろうと思っているんだけど、一緒にやりませんか」というようなことが書いてありました。

突然のことだったのでちょっと驚きましたが、面白そうだなと思ったので「いいですよ、やります」という感じで始めたというのが経緯ですね。そこから一貫して、フォトラクションのiOSアプリの開発に携わらせていただいています。

——フォトラクションを立ち上げたきっかけは?

既存のサービスで似たようなものはいくつかあります。しかし、操作感があまり直感的でないというか、使いこなせないサービスのようで。結構お金をかけて導入しても、使い勝手が複雑だということで現場ではあまり使われないという課題がありました。

そこで、もうちょっと簡単に使えるサービスで、最初は写真の整理ができるものとしてリリースされたのがフォトラクションのサービスの始まりです。代表の中島が現場監督をやっていた頃に写真整理に一番苦労していたので、写真整理が簡単にできるサービスということで始めました。


設立当時の創業メンバー二人。現場経験と技術力の掛け合わせでPhotoructionは誕生しました。


——PMF(Product Market Fit)までにどんな苦労がありましたか?

まず、エンジニアが現場の業務の流れをあまり把握していないという問題がありました。僕は前職で建設業向けのクラウドサービスを開発していたので、業界の専門用語もなんとなく聞いたことがありました。それでも実際に業務内容を完全に理解できているかと言われると工事現場で働いていたわけでないため、そんなことはありませんでした。

また、自分たちはこういう画面やこういう操作の流れが便利だなと思っていても、実際に現場ではその部分に対する評価が高くない。そんなこともあり自分たちの考えと市場のニーズの乖離に気づかされました。

そんなときに、現場経験が豊富だったメンバーがセールスとして会社に加わったんです。様々な現場を見てきた仲間から話を聞けたこともあり、マーケットのニーズにマッチさせることができたのかなと思っています。

——競合サービスに対するフォトラクションの強みや、開発時に気を配っている点は?

当たり前のことかもしれないですが、やはり使い心地でしょうか。操作が直感的にできるというのはもちろんのこと、パフォーマンスの部分も重視しています。例えば待ち時間が長いと現場の人は離れてしまうので、効率よく動くようにサービスを作っています。

また、モバイルアプリは電波の届かない場所で利用されることが結構多いです。オフラインや電波の入らない場所でもモバイルアプリが動くようにという点には気を使っています。

——開発する上で大変だったことはありますか?

お客さんの業務に沿っていないとなかなか使ってもらえないことですね。私はIT面ではプロだと思っているのですが、建設業界で働いていたわけではありません。なので、現場の業務に関しては、聞いた話からイメージを膨らませて作り上げていますので、その点は苦労しています。

——反対に、開発をしていてよかった・楽しかったという部分があれば教えてください。

当社は開発のメンバーもまだ5~6人くらいで、iOSに関しては基本的に私が1人で回しています。UIなどはチームのメンバーや会社のメンバーに意見を出してもらっているので、私1人だけで作っているわけではないのですが、最初の要件からどう作っていくのかということに関しては幅広く任せてもらっています。

ある程度は自分のやりたいように決められるところや、裁量が大きい部分は楽しいなと感じています。


週に1度行われるスプリントレビューの様子。

——次のフェーズを目指すフォトラクション、今後サービスをどうしていきたいですか?

モバイルに足りていない機能がまだ結構あるので、その機能を拡張して、現場の方がモバイルで完結できるようにしたいです。今は基本的にWEBブラウザからデータ登録をしてもらい、モバイル端末を現場に持っていてそのデータを見てもらうという流れなのですが、そうではなくてモバイルだけで全部まかなえるようにしていきたいなというのはありますね。

あとは、パフォーマンスが「オフラインで使える」という部分に寄りすぎちゃっているので、サーバーにデータをアップするときにちょっとした遅延が生じてしまいます。そういった部分をもっと縮めていって、完全に電波が届くかどうかを気にせず使えるようにしたいです。

——藤田さんが考えるこの会社のよいところを教えてください。

まだメンバーも少ないので、チャレンジできる環境があるところ。例えば、開発する上で新しいライブラリを導入してみたいという意見が出て、すんなり導入になったということがありました。新しいものを業務でいれてみたい、触ってみたいという意見を実践しやすい環境であると思います。

——こんな方に会社に来てもらいたいという人物像などがあれば、教えてください。

よくないことなのですがドキュメント類が弱いんですね。業務の流れもアジャイル開発というか、ちゃんと仕様書を作って設計書を作って開発というのではなくて。ざっくりした仕様を作ってエンジニアが自由に開発しているので、自分でアルゴリズムなどを色々と考えるのが好きという人がいいかなと思いますね。

——応募を考えている方にメッセージを。

建設業は大きな産業にもかかわらず、ITの導入という点ではまだまだ進みきっていないというのが現状です。それを「自分たちの力で変えていく」そういったチャンスがありますので、興味のある方にはぜひ検討していただきたいです。


創業から3年を経過しても、「建設の世界を限りなくスマートに」という想いは変わらない。

株式会社フォトラクション's job postings
9 Likes
9 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more