1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

What we do

OWNED WORKSの「もし壁」。相互に"壁ドン”することで、手の平からセンサーで気持ちの高まりを計測し、相性を診断できる体験装置を制作。TVやラジオ、雑誌など数多くのメディアで取り上げられただけでなく、婚活イベントや企業案件でも採用いただきました。
大手クライアントのキャンペーンサイト、ブランドサイト制作をはじめ、IoTデバイスやデジタルサイネージ、Webムービー、イベントと絡めたデジタル施策など、幅広い範囲の広告プロモーションを担当しています。
[ABOUT] 日々進化するテクノロジーとクリエイティブなアイデアで、世の中の課題解決や新たな価値創造をしていく会社です。 ビジョンとして掲げる「DIGITAL CREATIVE & EXPERIENCE STUDIO」の通り、自社内で企画から開発までをワンストップで対応できるSTUDIOを強みに心が動く体験を作り出していきます。 [OUR CREATIVE FIELD] ・CLIENT WORKS(https://pfq.jp/client-work/)  キャンペーンサイト、ブランドサイト制作をはじめ、IoTデバイスやデジタルサイネージ、Webムービー、イベントと絡めたデジタル施策など、デジタルを活用したアイデアで、企業や自治体などの幅広い課題を解決します。 ・OWNED WORKS(https://pfq.jp/owned-work/)  日々進化するテクノロジーがを世の中のためにどう活用できるかを追求し、クリエイティブチャレンジとして、自社オリジナルプロダクトやサービスを開発しています。 ・PROTOTYPE(https://pfq.jp/prototype/)  テクノロジーの活用方法をスピード優先のプロトタイプデモとして定期的に開発。実証を伴った知見を蓄積することで、企画提案における、テクノロジーのスピーディーな活用が可能です。

Why we do

プロジェクトを牽引するプロデュースチームをはじめ、デザイナー、ディレクター、エンジニアと多職種のスタッフが在籍しています。
老舗CM制作プロダクションのピラミッドフィルムが親会社です。CMと連動してデジタルプロモーションを担当する事もあります。
時代と共に、私たちが日常で触れるものの領域も広がっており、もはや先進的なデジタルテクノロジーは生活の一部になっています。 また、クリエイティブの包括する領域も、物を売るための広告プロモーションに限らず、世の中や時代に新たな問題提起をするようなアート的な役割から、持続性のあるサービスやソリューションの開発まで、多様になってきています。 当社の強みであるアイデアと技術で生み出すデジタルクリエイティブの力で、これからの世の中に必要になるものを作り出し、それによって価値提供していくために、日々邁進しております。 CLIENT WORK https://pfq.jp/client-work/ OWNED WORK https://pfq.jp/owned-work/ ◆「もし壁」 相互壁ドン”することでお互いへの気持ちの高まりが計測できるBOX型体験装置 https://pfq.jp/works/moshikabe/ ◆「脳波キャッチャー」 脳波に反応してアームが動く、クレーンゲーム https://pfq.jp/works/brain-wave-catcher/ PROTO TYPE開発 https://pfq.jp/prototype/ 他実績は弊社サイトにも掲載しておりますので、是非ご覧ください。 ※実績の掲載は一部になります

How we do

当社の制作したクリエイティブ作品には、国内外で数々の賞という形での評価をいただいています。
クライアントワークを主軸としておりますが、自社プロタクトの企画開発・プロトタイプ開発にも積極的にチャレンジしております。
6つのチームが隔たりのない同じフロアでフレキシブルにコミュニケーションをしながら、日々新しいものづくりに邁進しています。 社員の年齢層も30歳前後が多く、フランクにコミュニケーションが取りやすいのも特徴です。 [PRODUCE TEAM] 主に代理店などのクライアントとコミュニケーションを取りながら、社内ではチーム作成、全体の進行や予算の管理など、制作物が完成するまでの行程を管理進行します。社内外における舵取り役です。 [DIRECTION TEAM] アイデアを生み出す企画立案から制作物のクオリティ管理やディレクションまで行います。 Web、IoTデバイス、映像など、幅広い分野への関心と知見を日々アップデートしながら、常に新しい事に取り組みます。 [DESIGN TEAM] DIRECTOR同様に様々な分野でのデザイン制作を行ます。 デジタルでは、一枚絵の美しさだけでなく、実際に触って動かす画面やプロダクトをデザインする場面も多いので、UIやUXに対する知識も必要です。 [TECHNICAL TEAM] 主にWebサイトや体験装置のソフトウェアの開発を行ます。 使う人の心を動かす体験と使い勝手の良さのバランスを取りながら、日々変化するデジタル環境に最適化した開発が求められます。 [PROTOTYPE TEAM] 自由な発想と新しいテクノロジーで、新たな企画に繋がるようなプロトタイプデモを制作します。 ソフトウェアもハードウェアもどちらの開発力も必要になります。 [BACKOFFICE TEAM] 経理、デスク、総務、労務、法務、広報、採用、人事等、社内全般の管理を行っているチームです。 広報では自身でリリース内容を考えたり、会社の見え方を考えるような場面もあります。