1
/
5

「ペット業界の現場で働く人と事業所の双方を幸せにしたい」TYLのキャリアアドバイザーに話を聞いてみた。

こんにちは!『ペットの家族化推進』をミッションに掲げる株式会社TYL、広報です。TYLメンバーの生の声をお伝えするため、社内の様々な人にインタビューをしていきます。


今回は、TYLキャリアアドバイザー部の3人にインタビュー!

左から 中澤さん、小林さん、上星さん

前回は、自分で考えるだけじゃダメ!?理想のキャリアアドバイザー像を聞いてみた。で中澤さんのインタビューを紹介させていただきました。

第3弾は、TYL創業時から在籍されている小林さんに、TYLに入社した背景やキャリアアドバイザーとしてのやりがい、TYLのでどんな人が働いているか、そして小林さんの今後の目標 などをお聞きしました!

WHO is 小林さん?

----まだ設立1年程度のTYLですが、社内でも古株の小林さんと、お話しできるのを楽しみにしていました。よろしくお願いします。

よろしくお願いします。

----はじめに、これまでの経歴を教えてください。

大学時代から話しますね。大学では、「平和とは?」「地域開発とは?」ということを学んでいました。すごくざっくりしてますよね。案の定、課題が大きすぎて、何をやったらいいのか分からなくなってしまったんですね。就活でも自分は何をしたらいいのかを考えてみたんですが、結局分からなくなってしまいました。なので最終的には、とにかく目の前のことを我武者羅にやろうと思い、当時アルバイトとして働いていた会社に、そのまま新卒で入社しました。

その会社は派遣系の人材事業をやっていて、私はコーディネーターとして働いていました。外回りの営業が半分、社内で求職者様への電話対応が半分という感じでした。外回りでは飛び込みで伺ったりしていたので、気持ちは強くなりました(笑)。
そこで事業所対応・求職者対応のイロハを学べました。当然のことながら超忙しく働いていて、また仕事ができるようになるほど仕事が増えて忙しく働いていました。結局1年休みなく働いた後、転職しました。

----パワフルな新卒体験ですね。

そうですね。その後は動画配信サービス事業を展開している会社に入社して、コールセンター業務をやっていました。利用者様からのお問い合わせに応えたり、「無料特典を付けるんで、あと1か月契約を続けてください」みたいに利用者様に営業する役割でした。
そこでは自分では電話をせず、こうやってお伝えするんだよ、ということを周りに教えていました。とても楽しかったですし、こう言えば人はこう動くんだ、ということを学べました。
同時に、教えるという行為はとても難しいものだと感じました。自分で電話するときは、あまり考えずに感覚で話していても上手くいっていたのですが、それを教えるためにスクリプトに落とし込んだり、仕組み化するのに時間がかかっていて難しかったです。

その後、介護の人材紹介事業を行う会社に転職しました。入社当時は事業の立ち上げ時でとてもワクワクしましたし、人材紹介の面で私自身の知見も活かせて、転職して良かったと思いました。

そこから家庭の事情で、一度実家に帰りました。


冗談半分からはじまったTYLへの入社

----そこからどのような経緯でTYLに入社したんですか?

実は、TYL代表の金児とは元々知り合いでした。彼が起業することも風の噂で聞いていたので、「私も誘ってくださいよ」と冗談半分で言ったことを覚えています。まさかそれが現実になるとは思いませんでした。

----TYL自体は2017年8月設立ですが、いつ頃入社を決めたんでしょうか?

秋でしたね。9月くらいでしょうか。家庭も落ち着き、そろそろまた働き始めようというタイミングでもあったので、決断はすぐにしました。

----そうだったんですね!実際に入社しようと思ったきっかけは何でしたか?

シンプルにまた金児と一緒にお仕事をしてみたい!と思ったからです。
そして、スタートアップという環境は即戦力が求められると思いますが、自分は新しいものを作るのが得意なので力になれると思いました。

----そういう経緯だったんですね。TYL内では古株の小林さんですが、一緒に働く人についての印象を教えてください。

すごい人がたくさんいますね。会社全体として決断力があるし、それを実行するパワーもあります。入社してからいろいろな事業をやっていて、それがほんの1年足らずの話で、その事実にすごくパワーを感じます。

また、私が今所属しているキャリアアドバイザー部については、あったかい人が多いです。人に教えてあげたり、成長させてあげたいと強く願っていたり、一緒にみんなでやっていきたいという気持ちがあったり、すごく仲間思いの人が多いです。そういうチーム意識を強く感じるチームになっているのは、今の部長の人柄なのかなと思います。

”ペット業界で働く全ての人の幸せ”を追求したい人と一緒に働きたい

----キャリアアドバイザー部はとても雰囲気が良いな、と思いながらいつも見ています。小林さんの今後の目標があれば教えてください。

今は業界的に、ペット専門の会社が多くなく、事業所様とお話していても、TYLという会社の説明から入ることが多いです。それを今後は「あっ、TYLね」って気軽に相談していただける会社にしていきたいです。

個人としては、自分自身のビジョンがある方ではないですが、とにかく誰よりも成果を出していきたいと思っています。そうなれば、今後新しい方向性も見つけやすくなると信じています。合わせて、もっと成長しないといけないと思っています。こうすればいける、みたいな分析をしたり、何か仕組みを作ったりといった形で、頭を使っていきたいと思っています。

----成果を出してもなお貪欲ですね。素敵です。最後に、こういう人と働きたいというイメージがあれば教えてください。

誰かを幸せにしたり、喜ばせるのが好きな人と一緒に働きたいです。キャリアアドバイザーという仕事は、ある意味で複雑な仕事だと思っています。一面では、会社の売上を追う必要があります。でも根本にあるのは、求職者様と事業所様のベストマッチングだと思っていて、双方の幸せを追求できる人がTYLに向いているのかなと思います。


ペット業界で働く全ての人の幸せを追求する

キャリアアドバイザー求人はこちら!ぜひ一度お話ししましょう!

キャリアアドバイザー
ペット業界で働く人の未来をサポートする!!キャリアアドバイザー募集!
弊社株式会社TYLが、週刊東洋経済(2019年8月24日号)「【特集】マネー殺到!すごいベンチャー100」内の「有望ベンチャー47社厳選リスト」に選ばれました。 <ミッション:ペットの家族化推進> 株式会社TYLは、「ペットの家族化推進」をミッションに2017年8月に誕生しました。 ペットの家族化が推進されると、ペット及び飼い主の幸せが実現できると考えております。 ミッション実現のために、事業の領域を ■キャリア(ペット業界で働く方向けのキャリアサービス) ■経営支援(ペットと飼い主を取り巻く事業者の経営支援サービス) ■ペットライフ(飼われてから死ぬまでのライフスタイルに関わるもの) ■ヘルスケア(飼われてから死ぬまでのヘルスケア・医療) の4つととらえ、それぞれの領域に対してマッチング・プラットフォーム・プライベートブランドのサービス展開を進めています。 <サービス内容> ■動物ペット業界に専門特化した求人サイト「アニマルジョブ」  https://animaljob.jp/ ■獣医師の転職に特化した転職支援サービス「VetAgent」  https://vetagent.jp/ ■動物看護師の転職に特化した転職支援サービス「PetNurseAgent」  https://pet-nurseagent.jp/ ■トリマーの転職に特化した転職支援サービス「TrimmerAgent」  https://trimmer-agent.jp/ ■ペット業界向け広告サービス「HearPet」 https://pet-tyl.co.jp/hearpet/ ■ペット業界向け資格講座の資料請求サイト「動物資格ネット」 https://doubutsu-shikaku.net/ ■「アニホック往診専門動物病院」 https://anihoc.com/ ■ペットの24時間オンライン診療サービス「ペットオンラインコンシェルジュ」 https://pet-tyl.co.jp/concierge/ ■犬分猫分を補給できるペットメディア「LOTTY」  http://lotty.jp/ ■犬のお役立ち情報メディア「DOGLIFESTYLE」  https://dog.pet-lifestyle.jp/ ■猫のお役立ち情報メディア「CATLIFESTYLE」  https://cat.pet-lifestyle.jp/ ■ペット保険の情報メディア「ペット保険ラボ」  https://pethoken-labo.jp/ など、他にも多数のサービスを展開しております。
株式会社TYL



TYLで働くキャリアアドバイザーのインタビュー↓↓

自分で考えるだけじゃダメ!?理想のキャリアアドバイザー像を聞いてみた。

ヨーロッパでプロサッカー選手をしていたTYLのキャリアアドバイザーに話を聞いてみた。

株式会社TYL's job postings
13 Likes
13 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more