1
/
5

What we do

社内会議室にはVALUEをデザイン
各社の法務経営を支えるサービス「AI-CON Pro」
【The Legal Service for YOU】 「契約における法務格差をなくしたい」をミッションにGVA TECH株式会社は、AI技術を用いて法律業務の効率化や法務経営の実現を目的とするリーガルテックサービスを開発しています。 - 「AI-CON」  契約書領域における法務格差の解消を目指すAI契約書チェックサービス - 「AI-CON登記」  法律知識がなくとも自由に事業を行える未来の実現のために法人登記支援サービス - 「AI-CON Pro」  法務経営の実現をサポートするエンタープライズ向けサービス 2017年1月に創業し3年でこれら3つの自社サービスを開発し、現在もサービスの成長及びLegalTech業界の牽引を目指しています。

Why we do

代表の山本(左)は、ベンチャー支援を主な業務とするGVA法律事務所の代表弁護士を兼任。CLO康も顧問弁護士として多くのスタートアップを支援。
2018年TechCrunch TokyoスタートアップバトルにてMicrosoft Award受賞、2018 IVS LaunchPad Winterファイナリスト
GVA TECH代表の山本です。 僕は弁護士として鳥飼総合法律事務所に入所後、2012年にスタートアップ企業に特化した法律事務所であるGVA法律事務所を創業し、今年で9年が経ちます。 顧問弁護士としてさまざまなスタートアップ企業を支援して感じたのが、スタートアップ企業にとって、弁護士や司法書士のような専門家に依頼するのはコストが高く、不利な条件でも契約を締結してしまうことが非常に多いということでした。また、事業を進める中で、スタートアップ企業のみならず、大企業でも法務に十分なリソースを割けているわけではなく、人によって対応の品質に差があるということでした。 GVA TECHは、このような企業間・企業内の「法務格差を解消する」という社会課題をテクノロジーの力で解決するために生まれました。現在は、契約書のレビュー支援クラウド「AI-CON Pro」と登記書類作成支援サービス「AI-CON登記」の2つのプロダクトを開発・提供してます。 一般的なSaaS企業でもエンジニアやデザイナー、ビジネスサイドの連携は重要ですが、GVA TECHのビジョンを実現するためのサービス開発には、弁護士・司法書士・元法務部員、AIエンジニアなど、より専門性の高い領域で活躍するメンバーが協力し合い、お互いの領域を理解することが不可欠です。 このような多種多様なメンバーが一丸となってプロダクト開発・提供に向かうために、弊社では、以下に掲げる3つのVALUEを大切にしています。

How we do

エンジニアサイド業務風景。弁護士を含めたビジネスサイドとコミュニケーションを取りながら一丸となって開発を進めています!
これからのリーガルテック業界を盛り上げていきます
2017年1月の創業より、大切にしているGVA TECH3つのVALUE 1. ji YOU~自由な発想でチャレンジ~ 既存の枠組みにとらわれず、自由な発想でユーザーの課題解決のためにチャレンジをします。組織についても自由な発想で個々人の働き方や会社制度を固定観念から解放します。 2. YOU go~融合と自立的成長~ テクノロジー・デザイン・法務を融合させて新たな価値を創造して、ユーザーの課題解決をします。さまざまなバックグラウンドを持つメンバーを相互に尊重し、チームワークを重視します。各メンバーもオーナーシップを持ち、自立的な成長を日々目指します。 3. for YOU~ユーザー目線の課題解決~ 一人ひとりのユーザー目線を大事にして、ユーザーの課題を解決することにフォーカスします。日々の業務も常にユーザー目線に立ち返り、具体的なユーザーを意識して行います。 まだまだ発展途上のリーガルテックという領域を切り拓いていくためには、今までにない自由な発想と、異なる分野のスペシャリストが融合して、組織一体となって取り組むことが重要です。そして、その根底にあるのは、一人ひとりのユーザーを目の前にいる「YOU」として捉え、真剣に向き合う気持ちです。