1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

新卒でpeers入社!妥協できなかった就活。そのワケぶっちゃけます。


「私って何やりたかったんだっけ?」

就活を始めたのは専門学校一年の3月。2年間の専門学校生活はあっというまに過ぎ去り、この時期は【社会人になる準備】真っ只中でした。

そんな中、広告デザインを中心とした勉学を進めていた背景、「デザイナー」を目指して、大手広告代理店・下請けのデザイン事務所・イベント企画会社等当時説明会やインターンシップなどに参加していました。

ある時、面接会場へいきました。私と戦うのは、大学四年生。在学歴も長く作品集のクオリティも高い・・・その人たちと座席争いをしている中で負けを繰り返していました。

「私って本当に就職できるのだろうか」 「私って本当はなにがしたかったんだっけ?」

自問自答を繰り返す中で、自分は一体何者で、世の中に出た時に何を提供できるのか?考え続け、悩み、苦しんだそんなスランプみたいな時期も多々・・・

それでも、自分と向き合い続けると決めました。

「自分の道は自分で切り拓け」

そう両親に喝を入れてもらったことが奮起のターニングポイントでした。 未来には絶対に妥協しない。見つからないのは逆に幸運であって、まだまだ世の中を見れていないのは自分だ。

新卒だからこそ、社会人一年目輝ける場所があるはず。そう誓って就活自体の観る視野を拡大させ、視野を広くしました。

そして、自身がやりたいことに素直になって見た結果、

「デザインを通して人を喜ばせられる仕事。そして、同じ価値観を持った仲間と成長に向かって走れる環境がほしい!!!」

その自身の気持ちを正直に就活サポートセンターに伝えたところ、

【株式会社ピアズ】と出逢えたんです。

当時の面接官に私は、こう伝えました。 「私の経験値を生かして、人に便利だ!嬉しい!などとにかく世の中で役に立つ企画を考えたいんです。そして、1人ではなく、仲間と奮闘したいです」 こう伝え、自身の作品集を面接官に渡してきました。(笑)

本来なら、作品集は持って帰ってくるものでありますが、私をさらけ出し本心で面接に挑んだ結果、勝手に作品集を渡していました。

結果、内定承諾を頂きました。 今現在もデザインのお仕事依頼をいただけるなど成長機会が豊富な会社に勤めさせていただいています。

また、こうした波乱万丈な就職活動をしている仲間は私だけではありません。 私が入社した後の新卒メンバーはもちろん、先輩社員も語り始めると止まらないくらいの就活経験・失敗談・今でも笑っちゃう話。いろんな人がいます。

令和の新入社員になる若者よ。妥協はしていませんか? 「こんなもんでしょ」って諦めたら、「こんなもんでしょな人生」になってしまう。

「今」その瞬間を大事にしてみてほしい。そして、その「やりたい!」に素直になってみること。難しく考えなくていい。

一度、自分に素直に、そして納得するまで動き・考え続ける。きっと輝けるはず。悩んでいるあなたに私は向き合い続けます!

毎週火曜日に田中がストーリーを更新していきます♡ 次回は、田中が入社一ヶ月目でぶつかった体験談と向き合い方をお話します。

乞うご期待ください♪

株式会社ピアズ's job postings
7 Likes
7 Likes

Weekly ranking

Show other rankings