1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

福利厚生として新しくVR休憩制度が導入されます!

皆さんは会社の福利厚生というと何をイメージされることが多いでしょうか。

最もオーソドックスな福利厚生といえば有給休暇や交通費支給。社員旅行、社内イベント、退職金制度や出産・育児休暇などでしょうか。IT業界には多いセミナー・勉強会参加費や書籍購入、PC周辺機器購入制度などもイメージされる方も多いかもしれませんね。

ちなみに上記に挙げた制度は、弊社はすべて福利厚生として扱っています。今回はOculus Goの感想と共に福利厚生として新たに導入された「VR休憩制度」をご紹介したいと思います!

弊社にOculus Goが届きました!

突然ではありますが、先日弊社に一体型VRヘッドセット「Oculus Go(オキュラスGo)」が届きました!Oculus Goはスタンドアロン型のVRヘッドセットなので、ゲーム機につないだり、スマートフォンをヘッドセット内に入れるといった手間が不要です。

内容としてはNetflixなどの映像を大画面で見ることができたり、VRを使ったゲームを楽しんだり、友達と音声チャットしながらコミュニケーションをとったり。様々なことができますね!


WebVR Lab副所長である嶋田も大喜び!

Oculus Goを使ってVR体験をしてみました

可動式チェアでゆったりしながら実際にOculus Goを使ってVR体験をしてみました。寝ながら動画を視聴したり、ゲームを遊ぶことができるのもヘッドセットの強みですね。もちろん座ったまま、立った状態でも使うことができますよ。

何と言っても360度映像なのでVRの世界が存分に楽しめます。ヘッドセットを取った後の現実感がなんとも言えません。

新たにVR休憩制度が導入されます!

ということで1日15分VR休憩制度が弊社の福利厚生として新たに導入されることになりました。もちろん業務時間内で休憩をとることができます!業務の合間にちょっとリラックス、詰まってしまった脳のリフレッシュなどこちらの休憩制度の使い方は様々です。

かなり珍しい福利厚生となりますが、早速こちらのVR休憩制度を利用している社員もいます。実際に社員に感想を聞いて見たところ、

「無料のコンテンツであるにもかかわらずクオリティが高い!アクション系のVRは思わず体がビクッと驚きます!」

「楽しい魚釣りができる。竿の感じがすごい!」

「プラネタリウムのVRで星座を学びながらリラックスできます。寝かけました!」


……と様々な感想をいただきました!社員皆、色々なコンテンツを楽しんでいるようです。

スマートフォンやWebブラウザを通じて体験できるWebVRコンテンツを開発している弊社にとって今後の新規開発においても非常に参考になるOculus Go。福利厚生として導入しましたが、もちろん弊社に来てくださった方、もくもく会等に参加していただいた方にもぜひ体験してもらいたいと思っていますのでぜひ気軽にオフィスに遊びにきてください!

株式会社palan's job postings
8 Likes
8 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more