This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

弊社で開発に用いているライブラリやフレームワークをご紹介頂きました

弊社で開発に用いているライブラリやフレームワークを下記の記事でご紹介頂きました。

[36選]AIを活用したWebサービスのプログラミング言語、機械学習ライブラリ、アーキテクチャを大調査! - エンジニアHub|若手Webエンジニアのキャリアを考える!
2017年4月に掲載した アーキテクチャ大調査の第二弾! 今回は、人工知能 (機械学習、深層学習、画像処理など) を活用したWebサービス・アプリを提供しているベンチャーを中心に、36のサービスで使用されているプログラム言語やフレームワーク、その他さまざまな開発ツールなどをヒアリングのうえまとめました。選定理由を記述いただいた12のサービスでは、それもあわせて紹介しています。 前回との違いは、当然ですがTensorFlowやKerasといった機械学習のライブラリが挙げられていること。また、技術領域もHR、
https://employment.en-japan.com/engineerhub/entry/2017/11/30/110000

弊社ではPythonを用いて開発を行っています。

一部の実装は、Cythonを用いてCに変換して高速化するなどして、Pythonの速度的なボトルネックを解消しています。

開発においては、PyTorch, scikit-learn, Gensim, Hyperoptなどのオープンソースライブラリを積極的に活用しています。

また、プロダクションに用いている一部のPython実装については、オープンソースでPyPIに公開しています。

・高速なPython RPCサーバ「mprpc」
https://github.com/studio-ousia/mprpc

・日本語の半角・全角などを高速処理するライブラリ「mojimoji」
https://github.com/studio-ousia/mojimoji

QA ENGINEの開発フレームワークについての詳細を上記の記事に掲載していただいていますので、併せてご覧ください。

使ってみたいライブラリや大好きなフレームワークをみつけた方、ぜひ弊社に遊びにいらしてください。

株式会社Studio Ousia's job postings

Weekly ranking

Show other rankings