1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

前編「シンガーになるか、会社員に戻るか。東大卒業後、コンサル企業を辞め、かけ持ちアルバイトをしていた私が、「レターソング」を立ち上げるまで。」#事業立ち上げインタビュー

こんにちはオースタンス広報チームです!

みなさんレターソングはご存知ですか?

レターソング」とは:披露宴で両親に贈る手紙を、歌にして贈ることができる特別な手紙演出。新郎新婦の言葉をプロの作曲家とシンガーが歌に仕上げます。当日の様子を撮影した動画は約950万回再生され、通算約1,000組の新郎新婦様のお手伝いをしています。

今回は、そのレターソングを立ち上げ、現在ウェディング事業部長を担当する井中美乃莉さんをご紹介します!

井中プロフィール:株式会社オースタンスのウェディング事業部長でありレターソングのサービス立ち上げ人。東京大学卒。学生時代はアカペラサークルに所属しており、現在シンガーとしても活躍中。新卒でアクセンチュアに入社し、海外クライアントへの会計システム導入プロジェクトを担当。その後、チーズ販売業のバイヤー・店舗開発・店長を担当。オースタンス参画後、音楽×ビジネスを実現すべく「レターソング」を立ち上げた。


 ー井中さん、よろしくお願いします。早速ですが、なぜレターソングを立ち上げたのでしょうか?

自分や周りの音楽の才能を活かす仕事を作りたかった。

井中:結婚式で手紙を読むと考えた時に、沢山の知人がいる中でせきららな思いを自分自身で読み上げるのはハードルが高いな、と思ったんです。実際、恥ずかしくて読まない友人もいました。

もともと大学時代はアカペラサークルで活動をしていて、卒業後もOBOGでグループを組んで歌を続けていました。

周りにはプロレベルのシンガーや作曲家が沢山いました。でも、現実的にプロを目指すひとは少ない。やっぱり、稼ぎにつながりにくい不安定な職業だとは思うので。

私自身、シンガーになる夢も常に心の片隅にあったので、その思いも含めて、もっと彼らの能力を活かせる場所があったらいいのになあと思っていたんです。

そこで思いついたのが、気持ちをオリジナルソングにする、「レターソング」でした。一般の方が書いた文章を、プロの作曲家が歌にして、プロのシンガーが歌う。友人や知人の音楽の才能を活かし、お仕事を作れる、理想的な商品だ!と思いました。


 ー確かに、レターソングでは作曲家、シンガーの方々にお仕事をお渡しできている、稀有な新商品だと思います!ただ、最初のアイディアを、売れる商品として育てていくのは並大抵のことでは無いと思うのですが、どのように商品化したのですか?

試行錯誤を重ねた結果、新郎新婦とご家族に、感動の涙が。動画の再生回数は、950万回まで自然と伸びていった。

結婚式でレターソングを披露した際のご家族の写真

井中:今となってはレターソングは「花嫁の手紙を歌に」というコンセプトですが、実は一番最初は「新郎から新婦へのサプライズ」で考えていました。「気持ちを歌にする」というコンセプトはぶらさずに、モニターとして3組の新郎新婦様にご協力いただき、試行錯誤を重ねました。

そのモニター3組目が転機でした。初めて「新郎新婦から親御様へ贈る」レターソングを実施することになったんです。その日の披露宴の様子は今でも目に焼き付いています。レターソングが披露宴で流れた瞬間、会場からわぁっと驚きまじりの歓声があがり、特に新婦様のお母様は立ち上がって驚いておられました。両家の親御様をはじめ、親族やご友人の皆さんも涙を流していて、お二人のお気持ちが深く伝わったのだなと感じました。ただ手紙を読むだけでなく、レターソングだからこそ実現できた気持ちの届け方や、感動を生み出すことができたと思いました。

この日の動画を2016年お正月に公開したところ、広告もかけていないのに、じわじわと再生回数が伸びていったんです。そして2016年1月25日、YouTubeをみた方から問い合わせが来ました。初めて知人以外の問い合わせだったので、飛び上がるほど嬉しかったです。

そこから問い合わせが、レターソングのYouTube動画1本だけでいくつも来るようになりました。

結果的に、2017年には約500組のお客様にレターソングをお届けすることができました。急にお問い合わせ数が伸びたこともあり、サービスを常に高い品質でお客様にお届けできるよう、体制を構築することに必死でした。最初はほぼ一人でお問い合わせの窓口から納品まで行なっていたので、お客様からいただいた歌詞を調整して、作曲を依頼して、自分でも歌を歌い、収録したDVDを自分で包装して郵便局に走る毎日でした。


 ー1年でお客様の数が500組まで伸びるのもすごいですが、一人で運用を回すエネルギーもすごいです・・・!

音楽も、ビジネスも、諦められなかった。

レターソングチームにプレゼンしている様子

井中:実はレターソングは、私がキャリアに最も悩み、生活的にも最も苦しかった時に生まれた商品です。

東大卒、コンサル企業新卒入社、という一般的にはエリートと呼ばれる道を歩んできたのですが、新卒で入った会社や次の会社はハードな労働環境で体力的に厳しい部分もあり、退職することになりました。辞めてしまったことは逃げなのではないか、続けられなかった自分は能力がないのではないか、と自分を情けなく思うこともありました。

振り返ってみると、当時の私は自信を無くしていて、次のキャリアをどうしたら良いのかわからなくなってしまって。

シンガーになるのか、会社員になるのか、決められず、でも日々生きていくために色々な仕事を掛け持ちして過ごす日々でした。料理は得意なのでイタリアンのアルバイトをしたり、友達の家で料理を頼まれることもあれば、日雇いの仕事をすることもありました。一方でアカペラ学校公演や、オースタンスのダンス商品にシンガーとして参加するなどの仕事をいただいていました。

あの頃は、バリバリ活躍している友人たちに、近況を話せなかったです。飲み会にも参加しなかったし、SNSでも発信しづらかった。

それでも、どれか一つの道にキャリアに絞るのが怖かったんです。

そうやってもがいていた頃、レターソングを思いつきました。オースタンスの経営層に提案したら、「やってみたら?」と。そこから、音楽とビジネスを両立する道が見えてきました。

音楽もビジネスも諦めなかったからこそ、生まれたサービスなのだと思います。


 ーオースタンスには、アーティスト出身者で、その能力を活かしながらビジネスに挑戦している社員が沢山います。エンタメ×ビジネスを立ち上げるために、大切なことはなんでしょうか?

意思があれば、道はひらける。お互いが嬉しいと思える関係を作る。

レターソングのシンガーと談笑している様子

井中:事業立ち上げ、というと途轍もない苦労を乗り越えて、というイメージがあると思いますが、わたしの場合は、思いついたアイディアをどんどん育てていったら、ここまでたどり着いていた、というのが正直な感想です。振り返ってみても、レターソングを育てていく過程で仕事が辛くて苦しい、という思い出が無いんです。

意思を持っていれば、道がひらけるのだと思います。手前味噌になりますが、私がいないと、このレターソングというサービスは生まれていない、そして届け続けることができていない、という自負はあります。

一方で、意思だけで道がひらけたとも思っていません。

常に必ず助けてくれる人がいて、そして助けてくださった方にも喜んでいただけている、という関係性を築けていることも、大きいと思います。

レターソングを思いついた時、「オリジナルソングなんてサムい」と言われるかもと思いましたが、質の高い歌詞、作曲、歌う技術があれば、絶対に感動的な商品を作れるという、確信がありました。そしてわたしの周りにはそういうレベルの高い音楽家たちがたくさんいましたから、その人たちに助けてもらえれば絶対に良いものがつくれる!って。(笑)実際、音楽のお仕事を渡ししたら喜んでいただけましたし、私も作曲家さんやシンガーさんの日々の生活を少しでも作れているのだと思うと、本当に嬉しいです。

また、一人で全てのお客様を担当することが難しくなったとき、ディレクターという職種をつくったのですが、募集をかけると、ママさんを中心に、応募してくださる方がたくさんいて。ディレクターは場所を選ばずできるお仕事なので、ニーズに合ったのだと思います。いつも丁寧なお仕事をしていただけていて、本当に助かっています。

周りの人たちに助けてもらいながら、今日ここまでやってこれたのだと思っています。


 ー「意思を大切にしながらも、お互いが嬉しい関係をつくること」私も肝に銘じたいと思います。レターソングやウェディング事業の今後の成長が楽しみです!次回もよろしくお願いします!

井中:よろしくお願いします!

(取材/編集:佐藤璃子)

~次回は、そんな井中がウェディング事業部長になってからの苦労エピソードや、レターソング感謝祭でのエピソードを共有いたします~

「エンタメ×ビジネス」への挑戦を、私たちと一緒に実現してみませんか?

オースタンスではともに“私の好きが、世界を、動かす。”仲間を募集いたします。
募集中の職種やお仕事の詳細はそれぞれの募集記事をご覧ください。

エンターテイメント×シニアで業界No1を目指す!事業開発リーダー

ダンスの雇用を生み出す!事業開発リーダー

中国で1800万回再生!アーティストを世界で活躍させる敏腕マーケター募集!

エンタメ業界にイノベーションを起こす!Webディレクター

国内外のTV取材40件以上!アーティストを世界に発信するディレクター募集

皆さんのご応募お待ちしております!

株式会社オースタンス's job postings
11 Likes
11 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more