1
/
5

仕事の見える化を行う方法とは?

こんにちは。

本日は、オレコンが行っている事業の1つに関連するお話しをさせて頂います。

さて、皆さん。 ”ウェブワークシフト” をご存知でしょうか。

~ウェブワークシフトとは~
ウェブの力を利用しながら、自分の時間と売上をコントロールし
そして一緒に働く人も自由自在に
自分の仕事をコントロールできる状態にシフトすることです。

簡単に言うと、ウェブを活用し、働く仕組みを確立するということですね。

この方法は、特に下記のような悩みのある【経営者】の方にオススメです


・働く時間を減らしたい
・忙しい、今日何もできなかった
・仕事の優先順位がわからない


実は、日本の平均労働時間は、週45.4時間となっており、
過半数の人が週40時間以上働いているのが現状です。

世界から見ると、働き者が多いと言われる日本ですが、
働く時間と売り上げを考えると、他の国と比較して生産性が悪い国となっております。

こうならないよう、採算性を上げたい経営者の方には、
是非、このウェブワークシフトをオススメしたいですね!

では、実際ウェブワークシフトとは、どのようなことをするのか、
弊社の中で実際に実践している内容を1つご紹介させて頂きます。

それは、『数字で見える化』です!!

数字で見える化とは具体的にどんなことでしょうか?

弊社では、どの分野でも計測を行い、
数値やデータを用いて『仕事を見える化』できるようにしております。

下記にて例を3つご紹介します。


1.共有のデータ表を作成
どの業務を行う場合でも、常にどんなことをしたか記録を残すようにしております。

例えば、私が担当してる採用業務では、毎週求人内容を変更し、
応募者数の計測を行い、どの文面を変えたことにより、
何人応募者数が増えたのか、あるいは、減ったのか効果測定をします。
そこで得たデータは全て残し、後で誰が見ても即座に分かる様、データ表を作成しています。
(1回表を作成してしまえば、後は計測し、入力するだけなので便利です)

その結果、数字で結果が見えるので理解しやすいだけでなく
万が一、私が急な用事などで勤務できなくなった場合でも
表を見るだけで、どの文面がどのくらい効果があったのか
簡単に確認することが可能になります。


2.週次報告
オレコンでは、毎週月曜日までに業務の週次報告を行います。
例えば、1週間どのような業務をしたか
うまくいったことは何か、改善すべきことは何か
もちろん、ただ感想を述べるのではなく、数値を用いて具体的に説明を行います。
仕事を『見える化』することで、仕事をしているのかどうか管理する必要がなくなります。
そして、成功や失敗を共有することで他の方の学びにもつながります。


3.タイムログ
オレコンで働くスタッフは、日々行った業務一つ一つの時間を計測し、
どの作業にどのくらいの時間がかかったのか、明確に確認ができるようにしております。
そして、スタッフ全員がお互いのタイムログが見れるようになっております。

そうすることで、あ、自分は人より時間がかかっているなと気づくこともありますし
また、逆に、すごく時間を短縮して仕事をしている方がいると、
どのようにして時間を短縮できたのだろう?と考えたり、方法を尋ねることも可能です。
(どんどん採算性の高い働き方を手に入れることができます)

上記、3つとも至って簡単なことです。
難しいことは一つもありません!

慣れるまでは意識しないと忘れがちですが、
私も働き始めてすぐ、実践することができました。

これらの方法をスタッフ間で共有するだけでも
経営者の方がもう少し肩の力を抜いて、
余裕を持って働くことができるようになるのではないでしょうか?

株式会社オレコン's job postings

Weekly ranking

Show other rankings