1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

入社後たった2カ月で新規事業立ち上げに参加!そのスピード感についていける理由とは?

こんにちは!マーケティングチームの林です。今回はオープンロジ社員の一人をご紹介します。登場してくださったのは事業開発チームの高瀬精宥さん。

入社してたった2カ月目にして部署移動・新規事業に携わっている高瀬さんですが、既にオープンロジにとって欠かせない存在となっています。

高瀬さんにはなぜオープンロジに入社したのか、ベンチャーならではのスピード感についていける理由など、入社してまだ日が経っていないからこその考えや熱い思いをたくさんお話いただきました!

自己紹介

初めまして。
2019年11月に入社しました、高瀬です。
現在は事業開発チームに所属しており、クラウド倉庫管理システム『OpenLogi Platform Connect』などの新規事業の立ち上げに携わっています。

オープンロジへの入社前

オープンロジへの入社前は、Webディレクターとして受託のWeb/App制作案件に携わりながら主にサービスの企画・要件定義や進行管理、クライアントとの渉外業務などを担当していました。

プロジェクトとしてはLP・コーポレートサイトの制作から新規Webサービス・業務系アプリの開発など幅広く経験させてもらいました。

転職のきっかけ

多くのプロジェクトに関わることができたので業務自体は刺激的でとても楽しかったのですが、どうしても作って納品したら終わりという案件が多くリリース後のサービスの成長を見届けられないことにどこか物足りなさを感じていました。

受託制作ではなく、事業会社でプロダクトを拡大させていくことに挑戦してみたいという気持ちが日増しに強くなっていったことが転職を考えたきっかけです。

オープンロジへ入社を決意した理由

職種的にはWebディレクターをしてきたのですが、プロダクトそのものよりも事業全体に広く関わっていきたいという思いが強くあったので、特にSaaSサービスのカスタマーサクセス職を中心に転職活動を行いました。

カスタマーサクセス職であれば、ユーザーと向き合いながら、マーケ・セールス・開発チームなど社内の様々な部署とも連携し、社内外のハブ的な存在として事業や会社に関われるのではないかと考えたからです。

転職活動の中で紹介会社から薦めてもらったことでオープンロジを知りました。

物流業界こそ未経験でしたが、前職でもECサイトや在庫管理システムの開発プロジェクトに携わったことがあり物流の価値と難しさの両面を強く感じる体験があったので、オープンロジにも自然と興味を持ったのかもしれません。

荷主と倉庫の間に立つプラットフォームとしてのオープンロジの立ち位置が率直に面白いなと思ったことと、これまで十数名規模の比較的小さな組織の中でしか働いたことがなかったので社員数100名弱という拡大期にある会社で新しい挑戦をしてみたいという2点が決め手になり入社を決意しました。

オープンロジに入社してから

入社後は希望通りカスタマーサクセスチームに配属され、主に大型ユーザーの支援や提携倉庫との運用調整などを担当していました。

オープンロジのカスタマーサクセスチームは、荷主と倉庫の間に入り、社内も含めたすべての関係者に「Win」があるように立ち回るまさに「Triple Win×2」のバリューを体現する存在であると思っています。

チームとしてもよりユーザーの事業成長に伴走できるような組織へと再構築を図ろうとしているとても面白いフェイズだと思っていたので、日々ワクワクしながら業務に取り組んでいました。

事業開発チームへの異動

そんな折、入社して2カ月程経った頃に新規事業立ち上げのためチーム異動の話が挙がりました

入社して2カ月での異動だったので正直驚きましたが、このスピード感こそベンチャーだと感じました。

カスタマーサクセスチームを離れるのは寂しい気持ちもありましたが、元々事業全体に広く関わりたいと考えて転職を決意した経緯もあったので、自分としてはむしろチャレンジするよいチャンスをもらえたと思っています。

現在取り組んでいる業務

事業開発チームへの異動後は、『OpenLogi Platform Connect』の立ち上げメンバーとして主に導入倉庫様への導入・活用の支援と事業運営のプロセス構築を担当しています。

『OpenLogi Platform Connect』はこれまでオープンロジがアウトソーシング事業で培ってきた倉庫と荷主のためのオペレーション管理システムを提携倉庫会社以外にも提供し、庫内業務の一元化と効率化を実現するサービスです。

『OpenLogi Platform Connect』を介してお付き合いする倉庫を増やし、オープンな物流に共に取り組むパートナーを増やしていくことは、倉庫・荷主両方に対しての提供価値を高めることに繋がるため、今後のオープンロジの事業拡大のために必要不可欠だと思っています。

とは言え、まだまだ事業としては立ち上げの段階なので、やらなければならないことはたくさんあります。まずは導入支援・利用定着を推進するオンボーディングプログラムの強化を行いたいです。

利用定着のためには、システムの操作方法などをただレクチャーするだけでなく、『OpenLogi Platform Connect』導入による成功をユーザーに実感していただくことが重要だと思っています。

どんなに優れたツールも導入しただけではユーザーの課題を解決することにはなりません。

なので導入の目的とゴールを設定をしながら課題解決に向かってパートナーとして伴走できるような、強固な支援体制を確立する必要があります。またヘルプセンターの充実など、ユーザーが自走できる状態を作れる適切なコンテンツの提供も同時に実施していきたいです。

真に価値のあるプロダクトと支援を多くの倉庫事業者様に届けられるよう、日々環境を整備していきます!

短期的な目標

入社して3カ月ですが、毎日新しいことを知るような感じなので、まずはとにかく愚直にキャッチアップし続けたいと思っています。

事業開発担当としてはある程度一人で何でもカバーできるようなジェネラリスト的な側面も求められると思いますが、「この分野であれば高瀬に聞けば間違いない!」というような会社の中でも誰にも負けない武器となる得意領域を作ることが今の目標です!

将来的にオープンロジで成し遂げたいゴール

事業開発チームはオープンロジの未来を作る役割も担っていると考えています。

5年後、10年後のオープンロジの姿を意識しながら強固かつ柔軟な事業の礎を作り「物流×テクノロジー」という領域で、オープンロジにしか発揮できない価値を社会に届けたいです!

オープンロジの仲間へ

オープンロジはIT業界出身者や物流業界出身者だけでなく様々なバックボーンを持った人が多い会社だと思います。

その多様性に富んだメンバーが「物流の未来を、動かす」というミッション実現のために一つになることは、今後のオープンロジにとって最大の強みになるのではないでしょうか。

チーム異動に伴って今まで以上に様々な部署の方と関わっていきたいと思っているので、引き続きよろしくお願いします!

オープンロジに興味を持っている方へ

オープンロジは物流業界での経験の有無やこれまでの経歴以上に、変化を恐れず新しい環境に挑戦したいという意欲を尊重してくれる会社です。

課題の多い物流の世界を革新するような事業・プロダクトを創り出したい!という意志を持った方、ぜひお待ちしています!

株式会社オープンロジ's job postings
11 Likes
11 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more