This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

圧倒的な成長率を実現し続けている3つの理由

圧倒的な成長スピードと成長率

ライフサイクルという側面から見れば、企業も人と同じように成長期から成熟期、そして衰退期へと向かうケースがほとんどだ。特にベンチャー企業の場合、短期的に高水準の数値をあげた後、継続できずに次第に輝きを失っていくケースが目につく。
しかしオープンハウスは違う。創業以来右肩上がりの成長を続け、直近6年間の売上高成長率の平均は30%以上。まさしく驚異的な実績を残している。

コアとなるのは戸建関連事業で、そこで得たノウハウを活かし、マンション事業、収益不動産事業と事業拡大し、さらに不動産金融という新たな世界へ一歩を踏み出すべく米国不動産事業にも進出した。
1兆円企業を目指すという大きな志のもと、今後は第5、第6の事業の立ち上げも視野に入れつつ、オープンハウスはさらなる成長に向けてギアを上げていく。



さらなる成長へと疾駆するオープンハウスの原動力

成長の理由 01 「常識を打ち破る、圧倒的強さの商品力」

オープンハウスの強さは、商品力の強さそのものである。それは従来の業界では不可能とされてきたことを可能にするための挑戦だった。例えば戸建住宅。「遠くても広い家」という従来からのニーズが昨今では「多少狭くても都心にマイホームを」と変わってきたことを受けて、狭小地の3階建てを提供。それが、ライフスタイルの変化に伴って「広さよりも駅の近さを重視」「日中不在の共働き家庭だから日当たりは不要」と合理的な考えを大切にするお客様にフィットし、これまで顕在化していなかったニーズを掘り起こすことに成功。マンションにおいてもそれは同様で、共有部分の最小化やモデルルームの共有といった合理的なコストダウンによって圧倒的な価格競争力を実現している。既成概念にとらわれない自由な発想と、それを現実のものにする卓越した技術力により、オープンハウスは他社にはない価値を持つ商品ラインナップを実現。成長への大きな武器としている。



成長の理由 02  「“待ち”ではなく、“攻め”の営業力」

オープンハウスの最大の資産は、言うまでもなく一人ひとりの社員である。特に営業の最前線においては“徹底的にやりきる力”“情報を足で稼ぐ力”が最大限に発揮されている。例えばお客様開拓だ。不動産業界ではネットやチラシなどの媒体によって広いエリアから集客する“待ち”の姿勢が常識とされてきたが、オープンハウスでは特定エリアに絞ってピンポイントでお客様にアプローチする“攻め”の姿勢を徹底。この姿勢は土地情報の仕入れにおいても発揮され、他社が情報を座して待っているのに対し、オープンハウスでは営業担当者自らが現場に足を運んで情報を探し、入手する。いずれの場合も、経験の深い・浅いは関係ない。誰もが全力で目の前のミッションに挑み、そして成果を得るまでやり抜くことを徹底している。



成長の理由 03  「積極的な事業投資を可能にする資金力

戸建関連事業で急成長を遂げたオープンハウスは、次にそのノウハウを活かしてマンション事業に参入。この二つの事業で収益を上げていく構造をつくりあげた。その結果得られた豊富な資金力をベースに、収益不動産事業を展開。新たな物件の情報を得たらその日のうちに投資の可否を決断。数十億円という巨額の資金が必要な場合も、緊急の役員会議を開いて即決する。このスピード感で他社を圧倒し、優良物件を先んじて獲得できるという強みにつながっている。さらに第4の事業としてスタートした米国不動産事業においても、従来の事業で築いた盤石の資金力により、富裕層マーケットの開拓を行っている。このようにオープンハウスでは、急成長を続ける事業によって得られた資金を次の成長が期待される新規事業に大胆に投資するという理想的な事業ポートフォリオをつくりあげてきた。こうした戦略的な事業展開によってオープンハウスは成長性と安定性を両立させたのである。


株式会社オープンハウス・アーキテクト's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more