This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

売上一兆円企業を目指す企業へ

大きな飛躍への一歩を踏み出す

オープンハウスのルーツは、かつて司法書士を目指していた荒井正昭がその資金準備のために不動産会社に入社したところまで遡る。その不動産会社で荒井は10年間不動産ビジネスの最前線で活躍。しかし、このままでは自分の成長は止まってしまうと感じて起業を決意し、1997年にオープンハウスを創業する。スタートアップの時期には既存のフォーマットを活用する方が合理的との判断から、センチュリー21・ジャパンのフランチャイズに加盟して不動産仲介業としてスタートした。
前職で活躍していた頃から荒井は、顧客は都心・駅近の物件を低価格で手に入れたいと考えているものの、そのニーズに見合う商品がないと嘆いていることに気づいていた。そこで都心部に木造3階建てを提供するというビジネスモデルを思いつく。そして戸建の開発に事業の軸足をシフト。現在のオープンハウスのコアとなるビジネスの基盤をつくり、大きな飛躍へと一歩を踏み出したのである。


新しいカルチャーの誕生

オープンハウスでは2002年より新卒社員の採用をスタート。2006年には初めて中途採用社員数を新卒入社社員数が上回ることになった。その結果もたらされたのが、会社のカルチャーの大きな変革であった。
創業期を牽引した中途入社社員は、基本的に不動産業界内での転職であったため、“石橋を叩いて渡る”慎重さを重視し、新しい挑戦には二の足を踏むといった旧弊の不動産業界ならではの価値観・職業観のもとで事業に取り組んできた。
それに対して何の先入観も持たずに入社する新卒社員は、いい意味で“不動産業界らしさ”とは無縁であったため、まったく新しいカルチャーの醸成に大きく寄与することになったのである。
協調性を重んじ、同じ志の仲間を大切にし、チームで目標達成に取り組むというオープンハウスらしいカルチャーは、こうしてつくられていった。この時期に入社した新卒社員は、現在は常務など役員として活躍するなど、当社の中核を支えるコア人材となっている。

“通過点”としての上場を迎える

創業以来、急成長を続けてきたオープンハウス。わずか16年という速さで、2013年についに東証一部への上場を果たした。記念セレモニーで鳴り響いた祝福の鐘の音は、ここがゴールではなく単なる通過点に過ぎないという決意表明でもあった。
2014年には新卒入社の社員の数がその年で初めて100人を突破。事業の拡大に加えて東証一部上場を果たしたことによって採用力が一気に高まり、かつてなら他業界を志望していたような優秀な人材もオープンハウスの門戸を叩くようになったのである。


売上一兆円企業を目指して、新規事業を立ち上げ

戸建関連事業、マンション事業、収益不動産事業に続く第4の柱として2017年にスタートしたのが米国不動産事業である。富裕層に特化した金融ビジネスとしての側面も持つこの事業は、オープンハウスならではのスピード感で急成長。ごくわずかな期間に他社には到底追いつけない規模にまで拡大した。いずれ頭打ちになるであろう国内不動産市場の将来を見据え、次の成長への道を切り開くべくスタートしたこの事業の成功により、オープンハウスでは「売上高一兆円企業」という目標を掲げることになった。
また、組織の急拡大に伴い、続々と誕生するポストを経験の浅い若手が担うことになり、結果としてポストが人材を育てるという成長企業ならではの優れた仕組みもできた。今後のさらなる成長の原動力となる人材を、幅広く募集している。


株式会社オープンハウス・アーキテクト's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more