This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

現役大学体育会生だからこそ「その時の自分を最大限に活かす」

【インターン卒業生企画vol.1】

こんにちは!さりーこと甲斐小百合です!

この度、大学卒業と共にこのookami🐺を卒業します🌸

自分のこの約2年間の活動を振り返る機会をいただいたということで、
しかもまさかのトップバッター😳!!で緊張しますが、
ookami🐺で最初の現役体育会生インターンとして
これを通じて少しでも体育会生がインターンや何かアクションを起こすきっかけになれたらいいなと思います!

はい!書いていきますっ!


ookami🐺との出会い

出会いはとっても偶然なものでした🌞

私は慶應義塾体育会女子ハンドボール部に4年間選手として所属しました。
中高ソフトボールをし、ハンドボールは大学から新たに始めました。

その中で、怪我をはじめ今まで経験したことのないたくさんの挫折を経て、
「その時の自分を最大限に活かす方法」を考えるようになりました。

「今の自分だからできること、今の自分にしかできないこと」


試合出場機会も増え、後輩に指導する立場となった3年生。大学生活残り半分になった時に出した答えが
自分が「現役体育会生」として、そして「1ハンドボーラー」として、
ハンドボール、大学スポーツ界になにかスパイス(影響)を与えたいと思いました。

4年間という限られた大学生活で、経験が浅い人間でも
楽しさを教えてくれたハンドボールに何か出会った恩返しをしたいと当時の私は思ったのです!
(今思えば偉い怖いもの知らずだったと思います)


「スポーツ」 × 「ハンドボール」 × 「スタートアップ」
で Wantedlyで探したのがここookami🐺です。

決め手
慶應男子ハンドボール部がPlayer!を使っていたこと
② 様々な分野のスポーツの中に「ハンドボール」があったので、ハンドボールを知らない人も興味持ってくれるきっかけがあること
オフィスが代官山(当時)でかっこいいこと!👏笑
というこんなにも自分が求めてた会社が存在するのかという不思議な出会いでした😂


そんなきっかけで応募をし、体育会生で他の人に比べて時間を確保しにくいにも関わらず
初の体育会生インターンとして採用していただきました。

ちなみに採用が決まって全ての書類を書き終えた時、
オフィスには男しかいないということを知らされたことが当時とっっても衝撃でした。笑
(噂では私の面接日に沢山の消臭剤で大掃除がなされたとか、、笑)

安心してください。
今では沢山の女性が増えてさらに素晴らしい環境に変わっていますよ☺️

下の写真はオフィスの様子と、ookamiのインターン女子4年でこの前卒業旅行に行った写真です!


ookami🐺でやったこと、得たこと

コンテンツマーケティング
College Sports Ambassador プロジェクト
運営のお手伝い

最初の1年はみんなにこのPlayer!アプリを使ってもらいたいと思い、自分の友達経由で多くの体育会にPlayer!アプリをアプローチしていました!
そしてこの経験を通じて、いくつもの部活に導入できたことに達成感を味わえたと共に、
知名度が低いのは「ハンドボール」だけではなく「大学スポーツ」そのものであることに気づきました。

そこで「大学生でつくる大学スポーツの熱狂を」ということで1年前に立ち上がったプロジェクトが
CSA (College Sports Ambassador) です。
今はどうしたら大学スポーツの熱狂を作る環境が生まれるのか、CSAのチームマネージャーとしてCSA Meetupを定期開催したり、8人のCSAと共に活動させてもらっています。

1番嬉しかったことも辛かったことも全部このCSAの活動の中にありました!

1番嬉しい(かった)のはやっぱり今までにやってなかったことを作り上げて熱を一緒に感じる時です!
CSAの活動は、まだ試行錯誤の毎日で、発展途上の状態ではありますが、
毎度Meetupイベント終了後に参加者からこういう場を設けてくれてありがとう、楽しかったと言われるのが嬉しくてたまらないです☺️
逆に1番辛い(かった)のは自分が実現したい、やりたいことが上手く伝えられず無力さを感じる時です。
特に部活内でも問題が発生して両立が絡んだ時は非常に苦しかったのですが、苦しんでいる時こそ、
社員さんやインターン、CSAメンバーが話を聞いてくれ、助けてくれました。
支え合って乗り越えるということを心から実感しています😭!!
また何よりも 自分が諦めない限り、常に快く新しいことに挑戦させてくれたookami🐺での環境が大きかったです。

この活動を通じて責任とやりがいを得ることができました。
やりたいと思ったことは責任を持って最後までやりきること。
当たり前かもしれないですが、それをスポーツという舞台で大学生の時から実践させてくれる環境はなかなかないです。


体育会生でインターンをするということ

体育会生でインターンをする人は少しずつ増えてきていますが、
いまだにハードルが高く、理解者もそう多くはありません。
実際私も「意識高いことやってるね〜」と嫌味っぽく半ば遠ざけられることもあります。

でも結局大学スポーツを盛り上げる時に、そのスポーツを行うのは
大人ではなく、私たち体育会生自身な訳であって、
大学生という自由に自分がやりたいことを行える環境下では、その行動する/しないが大きく左右されているのです。

もちろん、体育会との両立は決して楽なものではないです。
部活のことでいっぱいいっぱいな中で、
今までになかった新しいものを作る
アクションを起こす

ということはなかなか勇気も必要で、そして簡単なものではありません。

「やるもやらぬも自分次第」
せっかくの人生、成功も失敗も含めていろんなことを経験したもの勝ちな部分があると思います!
自分が好きなことならなおさら😎


私は春からテレビ業界で働く予定です🌸
メディア業界に興味を持ったのはここで働いたことがきっかけでした。

スポーツを「見る」「やる」、そして「教える」立場を経験して、「分かち合う」「伝える」ことをこのookami🐺で注力してきました。
次のステージではさらに「伝える」ことを極め、
最終的にはスポーツを「支える」ことができたらいいなと思っています。


体育会である私を受け入れてくれたこの会社、みなさんには感謝しかありません。
この場を借りて心より感謝申し上げます。


私の熱ーーーい思いは伝わりましたでしょうか、、?🔥
長々と読んでいただきありがとうございました!


甲斐小百合

ookami, inc.'s job postings
13 Likes
13 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more