This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

11/1発刊のORICON 週刊誌コンフィデンス様にて弊社代表石谷優樹と共同創業者 森川夢佑斗を取り上げて頂きました。

11/1発刊のORICON 週刊誌コンフィデンス様の
『音楽関係者の注目を集めるブロックチェーン~エンタテインメント活用の現状と可能性~』特集にて
弊社代表石谷優樹と共同創業者 森川夢佑斗を取り上げて頂きました。

まだサービスがリリースされる前のこの状況で記事に取り上げて頂いたことを非常に感謝しています。
更には先日ICOを成功させたALIS様との並びで掲載されたことから
"CLAP"に対して期待して頂いていることが伺え、より弊社としては"CLAP"の発行及びアプリの開発に邁進していく所存です。

また同時に、日本において音楽・エンタメ業界においてブロックチェーン技術が注目されるようになった証でもあります。記事内で石谷、森川はこう語っています。

石谷「日本円と既存通貨とは、別の軸でクリエイターを評価する新たな指標軸を構築したい。駆け出しのアーティストが創作活動を続けるためにレバレッジを最大化できるような環境を作っていきたいんです。」(記事内引用)

森川「揺るがない堅牢な記録性やグローバル性はもちろんですが、履歴の正しさからオフラインでのファン行動の可視化ができることも重要、行動データのビジネス化なども将来的に可能です。エコシステムを充実させながらCLAPを介してサービスや会員証などを物々交換のようにやり取りできる場なども整えていきたい。経済圏ですから、エンタメ系に限らず、APIを公開してどんどん多くの外部企業と繋がっていけたら」(記事内引用)


弊社Onokuwaは上記のように、CLAPでクリエイティブ業界における新たな価値指標を作り、
次世代のクリエイターファームになるため活動しています。
そして11月には石谷、森川の元、10名を超す組織となりました。
12月に控えるサービスリリースに向け、また今後の新しいチャレンジに向けて日々活動しています。
ご興味のある方は、ぜひ1度ご連絡ください。

株式会社Onokuwa's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings