This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

採用責任者に聞きました!「オンリーストーリーのメンバーの行動指針はここにある」


◎クレドとは

「クレド」は、日本語に訳すと"信条"。

「ミッション・ビジョン・バリュー」の「バリュー」に該当するところが、
オンリーストーリーの「クレド」に当たりますね。


1.民意を高く

クレドの一番初めに置いているものが「民意を高く」というものです。

「民意を低く」クレドを見てしまうと18項目すべて疎かにしてしまうことになります。この後に続く17項目のクレド自体も「民意を高く」して捉えていこうという想いが込められているので、一番初めにあります。

例えば、今の時期ならリモートワークになっていることが増えていると思います。そこで、しっかり仕事をしているのか疑うことがあったりするかもしれません。

ちょっとサボってもバレないやと思うこともあるかもしれません。笑
ただ、それだと「民意が低い」ということになります。

リモートワークでもクオリティを下げず、自分に厳しい目を向けることができるかというところが「民意を高く」に繋がります。


「そんなの意識するの当たり前じゃん!」と思ってた自分もミスをしてきました。笑

私自身コミュニケーションの齟齬が起きたときに、そこに対して双方が疑心暗鬼になり、お互いを攻めあってしまったことがあるのですが、その時は「民意が低かった」と思います。なぜコミュニケーションがうまく取れていないのかを考えず、他責にしてしまっていては前に進むことはできません。

そうではなく、物事の本質を理解し、他責にせず、解決するために努力することは「民意が高い」といえるでしょう。

代表が今後のことも踏まえて「いつでも見返せるような企業の信条を作りたい」ということで、クレドができたので、今の時点だけ考えて作られたものではないんですよね。

会社が成長したときに、人数が増えて優秀な人がたくさん入ってくると、自分に価値がないんじゃないかとネガティブになってしまうこともあります。

そうではなく、会社が成長している環境をいかに民意の高い視点で考えられるかということも重要です。


2.船に乗るな、漕げ、創れ

二つ目の項目は、簡単にいうと「当事者意識」のことです。会社の当事者であることを意識して、経営者視点であれという意味でもあります。

会社に乗っかって働き「給料をもらう」という労働者の視点ではなく、「どうやって価値を生んでいくか?」を自分たちで考えていかないといけない。

会社は必ず誰かが創り、動かしています。それに対して乗っているだけだと作ったり動かしている人の考え方や苦労が分からないですよね。

なので、会社に乗っかっているだけではなく、当事者として会社を作り、自ら会社を動かしていく意識が大切だという想いが込められています。

例えば、目標数字があり、それを目指して働いているだけでは船に乗っている状況、その数字を決めたり、改善していくことが船を漕いで創っている状況だと言えます。

そして、オンリーストーリーは誰でも会社を創り、動かしていける環境です。会社の向かう方向に対して意見を言い、影響を与えることができます。

個人レベルのスキルがとても高いビジネスパーソンはたくさんいらっしゃいます。
ただ、自分だけではなく、そのスキルが会社の仕組みに落ちて、再現性があり、会社の資産になっているかどうかを常に考える思考力も当事者意識の表れと考えています。

入社して3か月くらいはOJTを含めインプットの期間なのですが、正直、その期間は船に乗っているだけで精一杯の人がほとんどです。

組織に貢献できる、給料に見合った行動ができるレベルまで、メンバーは実際に3か月で成長できています。その後は自立して、船を漕いで創る側になってほしいという想いがあります。


3.クレドの続き

船を漕いで創る側になるために意識することがクレドの③~⑩になってきます。

③選択を肯定する
④点で見るな、線で見ろ
⑤悩むな、考えろ
⑥スピードイズキング
⑦手を挙げろ
⑧神は細部に宿る
⑨ラスト1%
⑩数字から逃げない


例えば、④だと

この時点を見たら、成果が出てないとか、ベンチャーに入ったことが失敗だったとか、何でも言い訳ができるのですが、線で見たら後々何でも繋がってくるんですよね。

あの時成果が出ずに努力したから今の自分があるんだなとか、あのときベンチャーに入ったからこそ成長できたとか。

今の状況では、それが良いか悪いかなんて判断できないと思うんです。なので、今、点で見て悩む暇があったら線で見たときにうまくいく方向に自分が 変えていけばいいと思います。もちろん自分は最初ダメダメで先輩からたくさん教えていただけて今があります。笑

クレドはストーリーになっていて全部繋がってくるので、全てを理解する必要があります。

ですので、これからもクレドの続きをフィードにアップしていきます!

同世代と差をつけたい方今の自分を変えたい方はぜひ見てください^^

株式会社オンリーストーリー's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings