1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

法務・コンプライアンス部 S.Y.さん~Employee Interview

OKCoin Japan(以下、OKJ)の法務・コンプライアンス部は、すべての利用者に安心安全なサービスを提供するために、暗号資産交換業者としてのコンプライアンス体制を整備することを基本業務として、グローバルなビジネス展開と企業の持続的な成長を支える社内基盤としても機能しています。

今回は法務・コンプライアンス部の新メンバーS.Y.さんをインタビューしました。OKJに転職した理由、法務・コンプライアンス部の新人としての心構えについて語っていただきました。

「チャレンジ」を転職の軸に、上京して全く新しい環境で、全く新しい領域に飛びこんだ。

Y.Y. : S.Y.さんがOKJに転職したきっかけはなんですか。
S.Y. : 金融業界で得た経験を活かしつつブロックチェーン等最先端のフィンテック・ソリューションにチャ レンジできる転職を考えていた際に、新たな金融インフラとして創生したばかりの暗号資産業界に注目しました。その中で、サービス開始に向けて「ギラギラ」しているOKJを選択しました。
Y.Y.: 「ギラギラ」はどこから感じましたか。
S.Y: 面接させていただいた時は、まだ暗号資産交換業者として登録されていませんでした。「業登録、サービス開始に向けて」ということを面接された方は口々に言われており、全員一丸となって同じ目標に向けて走っていることにギラギラ感が漲っていると感じました。

業務目線を忘れないように心がけています。

Y.Y. : S.Y.さんは以前金融機関で営業の仕事をされていましたよね。今は法務・コンプライアンス部という管理部門での仕事になってどこが違いますか。
S.Y. : 各部門への業務体制の牽制など管理者としての目線が必要なのが以前との違いです。以前金融機関で営業の仕事を行っていた時は、管理部門からの牽制に伴う作業依頼であったり、質問事項に回答するということも行っていました。
その中で自分が感じた大変さや窮屈さなどがありましたが、今度は自分が管理部門の人間として牽制する立場になりました。今ではどちらの気持ちも分かるので、こちらからの要求を一方的に押し付けるのではなく、各部門の協力を仰ぎ、細かな要望を汲み取る姿勢で業務にあたるよう心がけています。



職場は簡単にコミュニケーションが取れる環境になっているので、スピーディーに問題解決ができます。

S.Y. : まず役職に関係なく職員間のコミュニケーションが非常に活発だなと思います。それぞれが前職の経験を上手に業務に絡めながら仕事をしているので、私自身日々刺激を受けながら仕事に取り込んでいます。また一人一人問題意識が高いので、何か問題が起きても話し合って解決に向かえます。
Y.Y. : 法務・コンプライアンス部内でのコミュニケーションはどうしていますか。
S.Y. : 部内MTG若しくは、即席でのMTGのような形で会話を行っています。何か業務で浮上した問題や課題がある時も、それぞれの席がほどよく近いので、その場で案を出し合いながら話が進むなんて時もあります。相談したい時にいつでも上司とのMTGを設けて相談もできます。

OKJの法務・プライアンス部新人としての一日スケジュール

09:30 出勤(メール、ニュース確認)
10:00 社内研修用資料作成
11:30 部内MTG
12:00 メンバーとランチ
13:00 個別案件MTG(規程類の改定の進捗確認)
14:00 社内規程類改定作業(新旧対照表作成)
16:00 Zoomでwebセミナー参加
17:30 他部署とのMTG(eラーニング使用ツール相談)
18:00 本日の作業確認、明日以降の仕事内容確認
18:30 退勤 ジムに運動へ

S.Y. : 暗号資産業界での業務経験はありませんでしたが、過去に金融機関に勤めていたおかげで、業務内容の理解にあまり時間はかかりませんでした。同じ部署の方もサポートの意識が高いのでそれも助けになっていたと思います。

コンプラ疲れを防ぐことを意識しながら仕事をしています。

S.Y. : 最近では、新型コロナウイルスの影響も考慮し、それまで大きな会議室に全社員を集めて行っていた集合研修を、オンライン研修に切り替えました。
メリットとしては、都合の良い時に自身のタイミングで受講できる点があります。デメリットとしては、生の熱量は伝わりづらい点ですかね(笑)どうすれば、負担が少なく分かり易く伝わるのかは今後の課題です。研修の資料、魅せ方などは工夫していく必要があると思っています。
「コンプラ疲れ」という言葉もある通り、コンプライアンスという建付けで本質的でない業務に時間を割かせてしまっては本末転倒です。最近は、テレワークの普及もあり、eラーニング用のツールもたくさん流通しています。そういったものを積極的に取り入れて効果的・効率的にできるように工夫していきます。



好きな言葉を教えてください。

「恐れることを恐れるな、進め」イビチャ・オシム(元サッカー日本代表監督)
・次の一歩を踏み出すのに迷っていた時に、偶然この言葉を見つけて感銘を受けました。
・この言葉からは何事も恐れず、挑戦する勇気をもらえます。

OKJに参入したい方へのメッセージ

暗号資産業界で、新しいチャレンジをしたい人には素晴らしい環境です。自分次第で色んなことに取組める職場だと思います。一緒に頑張りましょう!

オーケーコイン・ジャパン's job postings

Weekly ranking

Show other rankings