This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

エンジニアが生む価値で社会を変えたい。前職の先輩に声をかけられOKANへ。

こんにちは、OKANの佐々木です。

今日はシステムグループの金杉くんのインタビューです。

ワークスアプリケーションズ時代の先輩である前田さんのリファラルで入社した彼が、約一年の間でどんな成長を遂げたのか、ということを聞いていきたいと思います。


++++++++++

OKANでの役割と入社した理由

ーーOKANでの今の役割を教えてください

システムグループに所属していますが、メインでオフィスおかん用の決済アプリである「おかんPay」のプロダクトマネージャーとして仕事をしていて、基本なんでも自分でやっています。機能開発の仮説立て、ユーザーやカスタマーのヒアリング、リソースの調達、他チームとの連携、もちろん開発もやってます。ReactNativeでのモバイルアプリの開発、Ruby on Railsでの社内システム(契約管理、配送管理、請求管理、CRM)の開発などの実装もしています。

他にシステムグループとしてエンジニアを採用するためのタスクも持っていますし、社内システムの企画、設計、実装なども関わっています。

ーー前職ではどんな仕事をしていましたか?

前職はワークスアプリケーションズでした。メガベンチャーと呼ばれたりすることもありましたが、周りの同期は本当にすごいなと思う優秀な人ばかりで、自分もそれに刺激を受けて成長をしないとと感じていました。

仕事の内容的にはQAエンジニアをやっていました。当時新卒入社直後の新人研修の成績で配属が決まっていたので、開発をどんどんやっていきたいと思ってたのですが、最終的に決まった配属がQAの部署でした。ちなみにそこでの上司がOKANへの入社のきっかけをくれた前田さんでした。


ーーどんな経緯でOKANに興味を持ちましたか?

ワークスで働いているときに、これは明確に覚えているんですけど、休みに青森に遊びに行っていた時に、空港で足止めされていたタイミングで以前の上司だった前田さんからLINEが来たんですよ。「最近どう?」って。自分がコード書きたい、と思っているのを知ってくれていて、以前からコンタクトを取っていたんですが、OKANに転職された前田さんから「OKANならコードかけるし色々チャレンジできるよ」と誘ってくれたのがきっかけでした。

正直そのときはすぐ転職しようという気持ちにはならなかったんです。あまりすぐに転職しようと思っていなかったし、QAの部署だから他へ、というのは自分の中で逃げることになるのでは、という気持ちもあって、自分の置かれた状況で最大限成果をあげるということをまずは考えていたので。

でも尊敬していた上司の前田さんがそういってくれるのであれば、ちょっと考えてみようと思い、転職活動をはじめてみました。

その時に色々考えたんですが、もともと自分の中ではいわゆるワークライフバランスじゃないですけど、「仕事と生活がバランスを実現できている社会」にとても興味があって、将来的にはそれを作っていきたい、という気持ちがまた湧いてきたんですよ。もともと大学の時に教育学を専攻していたんですが、その中で、スウェーデンのリカレント教育について研究していました。社会人になっても何度も学び直せて、キャリアチェンジができる。そして、その時に学費も無料で、公的な補助受けることができるというのが素晴らしいと思っていました。在学中にはスウェーデンのウプサラ大学にも留学したりして、スウェーデンの社会に強い興味と憧れを感じ、実際にスウェーデンの文化を体験できたので非常によい経験となりました。

ウプサラ大学は、スウェーデンのウプサラにある、1477年に創設された北欧最古の大学。ヨーロッパの最も権威ある高等教育・研究機関の一つ

実際に転職の可能性というものが目の前にきた時に、自分は将来何に関わっていきたいんだっけ?ということを考え直しました。もちろん今の職場でも多くのことを学べるし、優秀な人も周りにいる。正直、もう少しこの会社で修行しようという気持ちがありました。でも、自分が関わっていきたい社会作りにOKANなら遠からず関われそうなイメージができる。それなら今そこにジョインするというのも一つの選択肢なのでは、と思って最終的にOKANに入社することに決めました。

入社して感じていること

ーー入社してから驚いたことってありますか?

まず質問できる、ってことですね(笑)

別に前の会社ができなかったというわけじゃないんですが、OKANの人は話しやすいし、聞いていいという雰囲気がすごくあるじゃないですか。もちろんフワッと聞いてばかりでもダメなので、ちゃんと論理的に整理してから聞こうとは意識していますが、前提として聞いてもらえるという雰囲気は特に若手にとっては良いなと思っています。

出身企業も、リクルートとか、外資コンサルとかの人もいたりして、正直ちょっと怖い雰囲気なのかなと思って構えてたのですが(笑)、どんどん相談して、と言ってもらえてびっくりした覚えがあります。

ーー他に驚いたことは?

あとは今やっているおかんPayのプロダクトマネージャーの役割を任せてもらったことですね。

ある程度の裁量というか、人によってタイミングは違うかもしれませんが、結構チャレンジさせてくれる環境なんだなと感じました。そして自分の場合は思っていたよりもそれがだいぶ早かった印象です。

今は業務委託メンバーを含めたリソース確保から、開発のスケジュールや優先順位も自分で決めたりしているので、かなり色々やっています。会社によっては、社内調整までは許可されるけど、そういった業務委託含めてのリソース確保は自分の管轄にならないこととかもあると思うので、だいぶ任せてもらっている感じはあります。もちろん確認や相談は適宜しますが。

人によってはそれが重すぎると思う人もいるかもしれませんが、そういった経験を積んでいけるというのは自分にとってはありがたい環境だなと思います。

そして、先ほども言いましたが、困った時に助けを求めれば、周りがサポートしてくれます。もちろんサポートしてもらうスキルも大事で、最近取り組む範囲が広くなっているので、助けを求めるタイミングは難しいなと思いつつですが。


ーーOKANのシステムグループはどんな感じですか?

一緒に働いていて楽しいメンバーばかりですね。

業務委託の方が多いですが、基本的にみなさん優秀で高い技術力を持っていて、人によっては企画側の経験もあったりして、「仕事ができる」人の近くで働けるというのは刺激的です。

それからシステムグループは塩野さんがグループリードをしてくれていますが、サービスデザイングループと兼任になっています。システムグループ専属ではないので、もちろん大変なところもありますけど、課題を自分たちで見つけたり考えたりして企画から実装までしていける、逆に言うとそれをしていかないといけない、という環境だと感じています。

個人のキャリアとしても、かなり広い範囲を経験できるというのはOKANのシステムグループの特徴かなと思います。なんでもできる、というと語弊がありますが、これだけまだいろいろと開発していく余地があって、新しい事業も今後増えていくことを考えると、個人が将来どうなっていきたいか、という理想像にオーバーラップする領域というのが自然に出てきやすい環境だなと思っています。

個人主義でやりたいことできるよ、ということ

ではないですが、規模の大きい会社になるほど責任範囲が定められてしまうと思うので、その点はOKANに入社してよかったな、と思います。今もおかんPayを中心に開発もやりつつ、PMもできたりしているので。

ーーどんなシステムグループにしていきたいですか?

今までは業務効率をどのように上げていくか、ビジネス側で実現したいことをどのように実現していくか、という観点での開発が多かったと思っています。

これからは、システムグループ発信でサービスや会社に価値を生み出していけるようになっていきたいですね。価値というのは要するにミッションの実現に向けて前に進んでいると感じられるようなもののイメージです。

直近おかんPayで新しい価値をユーザーの皆さんにも届けることができるようになりそうだなと感じているので、そういうものを作っていけるようなシステムグループになっていきたいですね。

ーーOKAN全社としてここは直していきたいというところは?

直していく、ではないですが、もっともっとお互いに助けてもらいやすくなっていくといいなと思っています。他の会社と比べるとできている部分が多い気もしますが、OKANではもっとお互いサポートし合うことでスピードを上げていける気がしています。サポートする側にサポートする気持ちがあっても、手取り足取り面倒見てあげるという訳ではないので、自分で適切に助けを求めるスキルというのはやはり大事になります。

多くのメンバーが一定はプレイヤーとして手を動かす部分を持っているので、ついつい自分の業務に集中してしまいがちで、助けて欲しいというのを適切なタイミングで言うのは意外と難しいです。自分もここはできるようになっていきたいし、逆に気づいてあげられるスキルもあげていかないとなと思っています。

そのためにも、「発信」が必要だなと思っています。

近い距離感で働いていても、お互いが適切に発信していなければ、他のグループのメンバーがどんな仕事をしているのかということが見えるわけではありません。なんとなくでも、こんなことをやっている、こんなことに困っている、こんな気持ちで頑張っている、ということを知っているだけで一体感が生まれるなと。

あと発信でいうと、社内向けだけではなく、社外向けにも発信していかないといけないなと思っています。MeetupとかLT大会とか、やっていきたいですね。ちゃんとOKANにエンジニアはいるんだよ、というのをきちんと知ってもらいたいです。


ーーこれからどんなエンジニアメンバーに入社してもらいたいですか?

まずは自走能力がある人ですかね。指示待ちだとパフォーマンスも発揮できないし、本人にとってもよくないと思います。かなり幅広くやれる可能性がある反面、何も整備されていない部分もあるので、自分でやるべきことや課題を見つけて、どんどん周りを巻き込んで変化を生み出していくということができないと辛いと思います。

あとはそのためにも新しいことや価値を作ることが楽しい、と感じる人かな。

最新の技術を極めたい、という人も多いかと思いますが、技術だけ!でない人がOKANに合うと思います。自己成長に加えて、技術を使って何を成し遂げるのか、どんな価値を作るのか、というのにも重きを置いている人ですね。

エンジニア、ソフトウェアの力で社会を変えたいと思っている方、お待ちしています!

+++++++++

きっかけは前職の先輩に声をかけられたことでしたが、自分なりの価値観と照らし合わせてOKANへの入社を決めた金杉くん。

開発業務とPM業務どちらも積極的に取り組んでいて、最近仕事がとても楽しそうです。

ぜひ一度彼にお話聞いてみたいという方は気軽に連絡いただければと思います。

株式会社OKAN's job postings
14 Likes
14 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more