1
/
5

保育ICT分野において「キズナコネクト」で天下統一を果たす!


【経歴】
高橋 翔(たかはし しょう)
早稲田大学卒
2018年4月 新卒で大手IT企業へ入社
2020年10月 ネクストビートへ入社。保育士・幼稚園向けICT業務支援システム「KIDSNAキズナコネクト」のセールスを担当

ネクストビートへの入社理由を教えてください

転職軸として重視していた、「営業として介在価値のある仕事ができるか」や、「提案から受注後まで一気通貫でき、顧客の生の声を聞ける環境か」という点でネクストビートがマッチすると感じたためです。

大手IT企業でメーカー向けにIT商材の営業をしていたのですが、営業と言っても会社のネームバリューやシステム自体の力、商談に同席いただくエンジニアの力で受注に繋がることが多く、個人の営業力が身につく環境ではありませんでした。

ネクストビートを知ったきっかけは前職の同期からの紹介だったのですが、その方が実際に短期間で多くの経験を積みながら充実して働いている姿を見て、自分自身もそんな仲間と切磋琢磨しながら実力をつけたいと感じ入社を決意しました。

現在の仕事内容を教えてください

保育士・幼稚園向けICT業務支援システム「キズナコネクト」のセールスをしております。

「キズナコネクト」は他社システムと比べて「労務管理」に圧倒的な強みがあるため、自信をもって売ることができます。

入社以前は「ベンチャー企業には、個人プレイヤーが多い」というイメージでしたが、ネクストビートのチームはみな一体感が強く、分からないことがあればメンバーにすぐに確認しながら業務に取り組むことができています。


仕事のやりがいや喜びを教えてください

前職では「エンドユーザーが非常に遠く、お客様の顔が見えづらい」「扱う商材も多岐にわたり、専門性を極められない」という点に非常にもどかしさを感じ、「誰に対して、何を売っているのか」ということさえも分からなくなっていました。

しかし今では「キズナコネクトの強み」である労務管理機能を自身でしっかりと理解した上で、直接お客様に提案しているので「この法人様に対して、キズナコネクトを私自身で売っているんだ!」と、営業としての介在価値をフルに実感でき、やりがいを感じています。

「nextbeat identity(行動指針)」のどれを最も重視していますか

「超・Synergy」です!

「キズナコネクト」は、全国の保育園・幼稚園にHRソリューションを提供している「保育士バンク!」の繋がりを活かし提案することも非常に多いです。なので「キズナコネクト」から「保育士バンク!」にも恩返しをしたいという気持ちで仕事をしています。
ネクストビートは、事業を超えた一体感や相乗効果を生み出す力のある企業だと思います。

株式会社ネクストビート's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more