This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

【Inspire you!】 女性が7%のWeb業界で「海外」というブランドでオリジナルのキャリアパスを手に入れた女性エンジニア


NexSeed採用担当のミキティです!
NexSeedでは働く全ての人がお互いにInsipireできる存在でありたいと思い働いています。
さて、今回の「Inspire you!」シリーズは、海外でのエンジニア歴が日本でのエンジニア歴を超える女性エンジニア、一戸英理子をご紹介します。

自己紹介

名前

一戸英理子(いちのへえりこ)

学歴

茨城大学工学部システム工学科卒

経歴

新卒でIT企業へ就職し、2年後転職。転職した先で自社開発の立ち上げを行う。30歳を目の前にしてニュージーランドにワーホリに行き、海外生活一年を経てオーストラリアへエンジニア就職。
その後、セブ島NexSeedへJoin。趣味は、読書、旅行、料理、山登り、アプリ開発、写真を盛ること!

エンジニアという職業を選んだきっかけ

 私が大学生だったころ、家庭ではISDNという回線が普及し始めた時代でした。(年齢バレますけど。ADSLじゃないですよ!)工学部だったのでインターネットを使用した授業もあり、新しい技術を面白がってみんなで楽しんでいた頃でもあったと思います。そんなときに友達と契約したプロバイダがその時はフリーのサーバースペースもつけていて、ウェブサイトを無料で公開できる環境を整えてくれていたのです。せっかくだから使いたい、と、友達と一緒にウェブサイトを公開したのがきっかけだったと思います。その作業や、公開した後にすぐ反応が来るところなど、全てが楽しかったのでこういうことを職業にできたら多分ずっと楽しく過ごせるだろうなと感じていました。


海外転職をした理由

 これは色々あります。が、一番大きかったのはいつまでもワクワクしたかったからと言うのが大きかったからだと思います。海外に行く前は、プロジェクトの立ち上げも終わり、結婚でもしようかなと思っていて(一応その時は相手もいたんですが)人生が落ち着きそうな感じがしてました。それでも良かったんですけど、ずっと心のなかではホントにこれでいいのかな、と考えていました。そうやって自分の心の中ときちんと向き合ったときにやってたことが海外に行く準備だったので、ああ、自分はまだ落ち着きたくないんだな、と気づきました。笑

それでも最初は海外に就職というより、留学を経験して1年で日本に帰ろうと思っていたのですがけど、海外で働くって難しそうで面白そう。と思ってチャレンジしたのがきっかけです。難しすぎてイメージも湧きにくいほどであればチャレンジしなかったと思うんですが海外に来たことで就職してる日本人にも出会えたので、彼らにできて自分にできないことはなかろうと思いました。

ネクシードを選んだ理由

 オーストラリアに4年近くいた中で「このままオーストラリアに止まりたいのか」どうかを考えた時、「もっといろんな国へ行ってみたい」と言う思いの方が強いことがわかり、勇気を出して他の国への求人を探すため日本に戻った時にエンジニアの海外研修の募集をしている記事をみたことがきっかけです。その時はセブ島がどんなところかも全くわかっていなかったのですが、とにかく何かワクワクしました。笑日本と海外で感じるエンジニアの違い日本では、エンジニア=落ち着きたい と言う人も多いと思うのですが、海外ではスタートアップ志向が強いエンジニアの方が多い気がします。シドニーで出会ったエンジニアやフィリピンの勉強会で会ったエンジニアが、有名なIT企業に努めながらも友達と一緒にスタートアップしていたり、独立志向の強い人が多いと感じています。また、いつでもどこでもプログラミングをするのが好き、自由な働き方を自然にやってる人が多いと言うのも日本と違うところだと思います。

今後していきたいこと

 開発しながら世界旅行しようと思っています。あえて世界一周という言葉を使わないのは、自分の性格が世界一周に合ってないのでできないだろうな、と考えているからです。笑 いろいろな国に行くけど、時々自分のHomeへ帰ってくるというスタイルで世界を旅しようと思っていて、それを開発しながらやってみたいです。基本Web開発になると思うのですが、iOSアプリ、デバイス(ハード)への組み込みソフトウェアなどにも挑戦したいと考えています。

最後に海外就職を考えている女性エンジニアへ

 日本人女性は色々なしがらみを未だに感じてる人が多いと思います。家族のことや年齢や健康管理など。きめ細やかで優しい性格の人が多いからだと思うのですが、海外に出て感じていることは、もし海外就職したいと思っているのなら自分の不安にぜひ打ち勝って海外に来てほしい、ということです。不安という気持ちを払拭したときは、山に登りきったときのようにいきなり目の前に広がる世界が変わっている体験が得られると思います。

NEXSEED INC.'s job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings