1
/
5

念願だった地方移住を実現!働く場所に囚われない、ニューロマジックでの自由な働き方

ニューロマジックの仲間を紹介!
未経験でディレクターとして入社し6年目。きめ細やかな仕事に定評のある久保寺綾子さん。
リモートワーク導入後に都内から長野県に移住した彼女に、長野での生活やニューロマジックでの自由な働き方について語ってもらいました!


ーーニューロマジックに入社した理由や経緯を教えてください

私はニューロマジックは二社目で、以前は全く違う業界で営業をしていました。

社会人になってから周りにWeb業界で働いている友人・知人が多かったので、漠然とですがWeb業界への興味はずっと持っていたんです。なので転職をするとなった時にエージェントにもWeb業界で働いてみたいと最初に伝えました。
そこでニューロマジックを紹介されたんです。

面接に行ってみると、面接官の木村さん(取締役執行役員)との一次面接の雰囲気や質問の受け答えなどがとても心地良く、面接が進むにつれ「この会社に入社したい!」と強く思うようになりました。

会社選びの決め手は人だと思っていたので、内定をもらい迷わず入社しました。


ーー現在どんな仕事をしていますか?

ディレクターとして制作進行管理をしています。
ここ二年くらいはお客様先に常駐して一つの案件を専任で任されていました。
最近ではブランドサイトの運用管理からシステム開発のあるリニューアル案件など幅広い案件に携わっています。

人が良くて、温かい会社

ーー入社してみて、久保寺さんから見たニューロマジックはどういう会社ですか?

面接でも思ったとおり、人が良いです!

面白くて優しい人が多いので一緒に仕事をしていて楽しいです。クライアントさんとお仕事をご一緒するうえでも、目先の利益だけでなく、クライアントやその先のユーザーのことを一緒に考えながら真摯に業務に取り組んでいる人が多いですね。

あと、小さなことですが、一人一人にノートPCが支給されることに感動しました!

それにニューロマジックは「新人だから」と意見を聞いてもらえないということは一切なく、未経験で新人の私にも最初から一人の人として向かい合ってくれたので、とても嬉しかったです。

人を大切にしていて、温かい会社だと思います。


会社として、一個人の自分を肯定してくれる

ーーニューロマジックの魅力はどういうところでしょうか?

私の中で二つあります。

一つ目は人が良い。
これは先ほどお話しした通りで、一人の人として社員を大切にしてくれているところです。

二つ目は、組織として柔軟性、受容力があるところですね。
リモートワークにもいち早く移行しましたし、色々な働き方を受け入れて後押ししてくれます。長野に移住したいと上司に伝えた時も「いいじゃん!」と快く背中を押してもらいました。

会社として、仕事に関しても個人の生き方に関しても肯定してくれるスタンスなのはとてもありがたいです。


ーー久保寺さんは未経験での入社ですが、入社当初なにが一番大変でしたか?

とにかく単語が分からなかったことですね。「アンインストール」すら分からなくて、今考えると笑っちゃいます(笑)
ミーティングに参加しても最初は何を話しているのか全く分からなくて大変でした。

単語を覚えるという意味では入社してすぐにWebリテラシー検定を受検しました。でも覚えるだけでは深い理解はできなかったので、実践の中で理解を深めていきましたね。


ーーリモートワークに移行後、都内から長野に移住されましたが、移住しようと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

私は元々山梨県出身で、都会での生活に疲れてしまっていて。いずれ山梨に帰りたいと思っていたんです。

コロナウイルスの影響でリモートワークが始まり、地元に帰るなら今なんじゃないかと感じ、思い切って上司に相談しました。ありがたいことに快諾してもらい、2020年11月から長野県に移住しています。

移住先を地元の山梨ではなく長野にしたのは、森のオフィスという現在使用しているコワーキングスペースが長野にあったからです。オフィスの雰囲気も良く、ここで働きたいと思い、当初の予定を変更して長野に移住しちゃいました!

自然が多く空気も美味しいので、休日は散歩に出かけてリフレッシュしています。

——自然が多い場所での生活、素敵ですね!現在の生活サイクルはどういう流れなんですか?

自然、いいですよ!長野は自然に囲まれてまったりとした雰囲気なので、オンオフ切り替えて仕事ができている気がします。

一日の大体の流れは、朝は車でコワーキングスペースに出勤します。普段はワーキングスペースで作業して、お昼は森のオフィス利用者の人たちと雑談しながら一緒に食べることもあります。都内でリモートワークをしていた頃より話せる機会が増えたので嬉しいです!夜は定時前には自宅に移動して、残りの仕事を少し自宅でやって終了、という感じですね。

森のオフィスには会議室もいくつかあるのでWeb会議はそこでしますが、会議が多い日は一日家で働いていることもあります。ニューロマジックでは出社義務があるわけではないのでその日の自分の予定によって働く場所を決められるのはとても働きやすいです。


ーー今後やってみたいお仕事はありますか?

長野に移住したので、長野のコミュニティとニューロマジックでお仕事ができたらいいなと思っています。

森のオフィス自体が都心と富士見町をつなぐ取り組みや、利用者と地域のコラボレーションでうまれた企画をしているので、いずれニューロマジックとも繋げていきたいと考えています。

業務とは関係ないんですが、最近地域のボランティア団体に入ったので、ボランティアとして長野の地域貢献にも関わっていきたいと思っています。


ーーニューロマジックの仲間になってもらうならどんな人がいいですか?

明るくて素直な人ですね。あとは、ちゃんと考えられる人。

仕事って手を抜こうと思えばいくらでも抜けると思うんです。それでも妥協せずにちゃんと自分で考えて答えを出せる人と一緒にお仕事をしていきたいなと思います。
ニューロマジックはきちんと考えられる人たちの集まりなので、質問に適当な返しをする人がいないんですよ。
「これって本当にクライアントやユーザーのためになるの?」と考えて業務に取り組んでいる人ばかりなので、これから仲間になってくれる人もそういう人であってほしいです。


関わる人みんなが幸せになるように

ーーディレクターとして、久保寺さんが大切にしていることを教えてください

ディレクターは橋渡し役なので、調整業務が多くなりがちです。仕事をするということは自分を通すだけではダメで、色々な考え方をしたり多角的に見たり、その場に合わせて臨機応変に対応を変えられるようにすることを心がけています。

他には、クライアントもその先にいるユーザーも、実際に関わってくれたデザイナーやエンジニアの方々、関わる人みんなが幸せになってもらえるように、日々仕事に取り組むようにしています。

株式会社ニューロマジック's job postings
15 Likes
15 Likes

Weekly ranking

Show other rankings