This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

"絶対周りに負けたくない"理系学生が営業志望した『理由』とは...

こんにちは!
人事本部 畠中です~

本日は波に乗っている山田達也君への社内インタビュー!
元々”理系”の彼に
「NCSインターン経験」「営業」をやる意味を聞いてみました!!

畠中泰星(以下、畠中):「今日はよろしく!」

山田達也(以下、山田):「よろしくお願いします!」

少し緊張している様子。笑

畠中:「緊張しなくていいよ!笑 早速だけど山田はどんな学生だったの?」

山田:「はい。笑 僕は元々理系で大学院志望でした。ただ、理由も特別なく、周りの友達が”大学院にいく”というのが当たり前になっていて、それに流されてただけでした」

山田:「その分意志の弱さもあって大学院の試験も難なく落ちちゃいました。」

畠中:「なるほどね~やっぱり学生の時から自分の意志を持つことは大変だよね。そこから「営業」へのシフトチェンジはどいう経緯なの?」

山田:「実際に最初から営業というよりかは理系の選択肢をやめた理由がありまして...」
「メーカーに勤めていた先輩と偶然会った時に、なんかこう、顔が全然イキイキしていなくて、今の自分も同じようになってしまうんじゃないかと思って理系で進むのは辞めました。」


今までずっと勉強したぶん「もったいないんじゃないか」とも思う自分もいた。


畠中:「思い切ったね~、その時の周りの反応はどうだったの?」

山田:「両親にはとりあえず驚かれましたね笑 もちろん友達にも。」「友達はどちらかというと”自分たちは理系だから今やっていることはつ まんないけど安泰”という考え方だったので焦りがない周りを見て単純 に悔しくて、、絶対営業の道で超えてやるぞと逆に燃えました。笑」

畠中:「うん、良い決断だと思ます。就活の中で”NCS”は山田にはどう見えたの?」

山田:「めちゃ良かったです!なんか普通じゃないというか笑 説明会の時に「大変だからうちの会社ないほうが良いよ」って話しててえぇ~みたいな!でも自分が求めている環境にはぴったりだなと。頑張りたいと思いました。」

畠中:「うけるね笑 山田はインターンに参加したよね?実際どうだった?」

山田:「楽しかったですね!やって良かったなと本当に思ってます!」


つらい時も共通の目標に向かって走り出すことができるのが「”友達”と”仲間”の違い」


山田:「他の人たちよりも実践的な研修や実務などの経験で正直大変なこともあったけどそれが今活てるなって思います!インターンの時からずっと同じ部署で働いている仲間もいて、本当の意味で切磋琢磨している環境。友達と仲間の違いを教えてくれた会社です!」

畠中:「友達と仲間の違い、大事だね!!これからの目標はどう?」

山田:「とりあえず12月には全社総会での表彰ですね。自分での成果もそうなんですけど部下を持ちたいです!これからも僕の気持ちは変わらず走り続けます!!」

畠中:「たくましくなったね!一緒に会社大きくしよう!これからもよろしくな!」

”元理系男子”の熱い話を聞けました。今後は独立も視野に入れているとの事です。

僕自身の感想は徐々にたくましくなっていく山田を見ていて自分ももっと頑張ろう!

そう思わしてくれる一日になりました。

以上、これから夢を実現するために全力で走り続ける男のインタビューでした☆




少しでも気になった方は是非、神谷町のオフィスに遊びに来てください^^

■前回のブログ記事「人事4カ月23歳の僕が思うこと・・・

Instagram  ■twitter  ■HP

次回のブログもお楽しみに~!

株式会社日本通信サービス's job postings
14 Likes
14 Likes

Weekly ranking

Show other rankings