1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

楽しくワクワクと働けるか?を問い続けた半年の転職活動〜執行役員だった私が N2i にジョインした理由

こんにちは。N2i 採用担当の小笠原です。
今回は、2021年最初の社員インタビューをお届けします。

「ここや!」という企業と出会えるまで転職はしないという決意の下に臨んだ転職活動。
前職では執行役員の肩書にあった吉田が N2i に参加をしてくれることになった経緯を聞きました。

ーーまずは吉田さんの転職経験についてお伺いできますか?

はい、これまでに2度の転職を経験しました。

前職は、営業代行を行っている会社で、創業からちょうど1年が経った頃にジョインしました。当時は代表と事務方の2名だけ。自分も含めて10名程が個人事業主という形態でした。入社時は、業務委託の完全歩合制で、最初の数年間は個人事業主として青色申告をすることになりました。

新卒時は東証一部上場の基幹業務システムベンダーに入社しました。大企業で安定した環境にあったため、なぜ不安定な環境(スタートアップ)に飛び込んだのかとよく質問をもらいました。

ーー確かに。その質問は私もすると思います。理由を聞いてもいいですか?

私が仕事を行う上で唯一大切だと思うのは、

ワクワクしながら輝いて働けているかどうか

です。

システムベンダーでは社員同士の仲がとても良く、楽しく働いてはいましたが、「ワクワク輝く」までには至っておらず、心のどこかで週末を楽しみにしており、月曜日には憂鬱になる、そんな日々を過ごしていました。

愚痴を聞いたり、言ったりしているのも何か違うと違和感を覚えていました。

次第に、リスクのある所でチャレンジしてみたい、決まったレールの上ではなく、自分で道を切り拓く人生を歩みたいと思うようになり、転職を決めました。

業務委託の完全歩合だったのは想定外でしたが(苦笑)、何もないゼロの状態からどこまでできるかチャレンジするのも楽しかろうと敢えてスタートアップを選びました。

前職はBtoCの訪問販売という大変な仕事でしたが、セールスから組織構築、人事、新規事業開発、経営戦略、パートナー企業立ち上げなど、幅広い業務に携わる事ができ、色々な経験をさせてもらえました。

入社してから4年程で執行役員を拝命し、全事業のオペレーションを行うことになりました。

ーー執行役員!じゃあ会社には相当コミットしていたわけですよね。そのような肩書きにもかかわらず、なぜまた転職をしようと思ったのですか?きっと給料も安くなるだろうし(笑)

前職でも、

もっとワクワクしながら輝いて働きたい

という想いが変わらずありました。

会社を大きくしたい。
イノベーションを起こすような事業で社会にチャレンジしたい。
上場や資金調達をしてスケールの大きな更なるチャレンジができる環境に身を置きたい。

こういった自分自身の目指す道と会社の方向性に段々とズレを感じるようになりました。

そこで、再度転職を視野に入れて活動をすることにしました。最終的に縁があって N2i にジョインすることになりました。

ーー2度目の転職で大変だった事はありますか?

名古屋という地域では、スタートアップやベンチャー企業が少なく、そんな企業を探す事にとても苦労しましたね。

「ここや!」と確信できる企業以外には転職しないと決めて、半年近く企業を探しました。
縁あって、N2i を見つける事ができました。

面接を受ける前に、落ちても受かってもスジだけは通したいと思い、前職の代表に転職を考えている事、面接を受ける事を伝えました。戸惑わせてしまったとは思いますが、応援して頂けたので思う存分トライをすることができました。

ーー半年もかけて N2i を探してくださったんですね!N2i がよさそう、と思った点はどんなところにありましたか?

1点目は、N2iのミッションとバリューにとても共感できたことがあります。

中でも、「人に寄り添い、人を認め、切磋琢磨する文化を作り、残します。」というバリューが特に好きです。チームで一丸となって切磋琢磨しながら高い目標に向かって走ることができる。輝きたい自分にはピッタリな会社だと確信できました。

2点目は、会社をスケールさせることに代表がコミットしていることです。

2017年に創業したばかりなのに、既に資金調達もしており、上場計画も持っています。このスピード感と目標の高さを探し求めていました。N2iと出会った時は、自分もこの環境でチャレンジしたい!と夜も寝られないぐらいにワクワクした事を覚えています。

3点目は、代表の篭橋がとても魅力的で、夢がとてつもなく大きかったことがあります。

創業者だからといって偉そうにするわけでもなく、大袈裟にカッコ良くみせるわけでもなく、自然体で自分の弱い部分を見せることも厭わない「器の大きな人」というのが第一印象でした。

面接の際に将来の夢を語ってくれたのですが、度肝を抜かれるぐらいの大きな夢に驚きました。この人の下で一緒に成長したい、吸収したいと思えた事も大きな要因だと思います。

ーー入社して2ヶ月くらいかと思いますが、理想と現実のギャップというか、実際に入社してみてぶっちゃけどうですか?

正直なところ、ギャップは全く感じていません。でも、スピード感は想像以上でした(笑)。念願叶って毎日ワクワク輝いて働けているとは思います。

なお、ギャップというほどではありませんが、現在は自宅でフルリモート勤務を行っています(トップ画像はとある日の在宅勤務の様子です)。このような働き方は私にとっては初めての取り組みで、それ以外にも新しく得る知識が多く、キャッチアップが楽しくもあり、つらくもあり、今の所は必死に着いて行っているというところです。

ーー吉田さんが転職する上で大切だと感じていた事があれば教えてください。

1社目も2社目も、周りの皆さんが背中を押して送り出してくれました。前職では立場上、沢山の部下もいましたが「吉田さんのタスキを受け取って、発展してみせます」と言ってくれました。

代表も「夢を追いかける圭吾(私の下の名前)を応援している」「こっちの事は何とかするから」と応援してくれました。人に恵まれた人生だと思います。

ただ、転職するからといって、今やるべきことを中途半端にはやらない、やり切ってから次の環境に行く、と腹をくくって仕事には取り組んでいました。それが応援してもらえた理由かもしれないと今では思っています。

今でも代表や他の役員の皆さん、部下だった方とも仲がいいのはちょっと自慢です(笑)

ーーこれからの目標はありますか?

これからは、N2i が名古屋を代表するIT/SaaS企業になる事に貢献していきます!スピード感やインプットの量は想像していた以上であり、大変なこともありますが、そんな環境で誰よりも成長して、さらなるスピード感を会社にもたらしたいです。自分も名古屋を代表する人間になります!

N2i は、これからどんどん大きくなり、人も増えると思います。色んな個性と化学反応を起こしながら、楽しくワクワクと輝いて働いていきたいと思ってます。自分の可能性を信じて、圧倒的なスピードで走りますよ!

私・小笠原も、昨年11月に N2i に転職したばかりなので、スピード感にはいまだに圧倒されてます…。物事が決まるスピード、実行に移すスピード、などなど。負けずに頑張ろうと思わせてくれるインタビューでした。

2017年の創業から4年近くを経て、いろんな方に見つけていただけるようになってきた N2i 。

直近では、WEBアプリ開発エンジニアを鋭意採用強化しています!

話の途中に出てきた、代表篭橋の上場への想いについてはこちらで少し触れていますので、よかったら併せてご覧ください。

株式会社N2i's job postings
9 Likes
9 Likes

Weekly ranking

Show other rankings