1
/
5

老舗の大手食品メーカーから、ベンチャー食品メーカーへ

こんにちは。マッスルデリで生産と開発を担当している中野です。

この場をお借りして、私の転職の理由、仕事内容などをお伝えできればと思います。これを読んで、マッスルデリに興味を持っていただいたり、一緒に働いてみよう、と思っていただけたら幸いです。

【私が転職を決めた理由】

皆さんのキッチンの戸棚にも1つくらいは必ずある、いわゆる大手食品メーカーで、法人向けの営業やグループ会社で中食の商品開発をしていました。

自分が提案した原材料を使用した商品が全国で発売されたり、コンビニエンスストアで自分が一から開発した商品が並んでいてお客様が手に取っているのを見かけたりするのは、商品にかかわっていなくては出来ない貴重な経験でした。

その時に優先事項とされるのは、美味しいこと、そして、売れること。これが自社の利益にもなりますし、関係各所の利益にも繋がる。そう思って日々働いていました。

ただ、一方で、自分自身が健康や運動のパフォーマンスを上げるために食事を気にしたり、2019年に生まれた長男の食べるものを考えたりすると、「その商品たちをこの先ずっと食べるのか?食べ続けることが必ずしも身体にいいのか?」と思い始めました。

そんなもやもやを抱えて仕事をしている中で、「美味しく食べて、さらに健康になれる食事」そんなものがある世の中の方が、自分も楽しいし、自分の子供もきっと幸せになれる世の中だ!と思うようになりました。

そんな中で出会ったのが、マッスルデリ。まさしく自分が理想と未来をまさにつくっている会社。応募ボタンを押すしかないですよね(笑)


【仕事内容】

全従業員1000人以上いた前職と違い、入社した時は片手で数えられるくらいの人員しかいない状況。商品の企画開発以外にも、商品にかかわることなら何でもやります。

・在庫数と販促計画に基づいた製造計画管理                            ・商品の一括表示の作成にチェック                                              ・LPや広告の文言のチェック                                                ・製造委託工場と協力しお客様からのクレームの原因調査とその対策の立案

大企業では開発部門以外が担当することも山盛りです。もちろん、開発としても、まだ自社工場を持たない若い会社。今までにない新規商品をつくれば、その製造工場探しから始まり、工場監査、開発品の落とし込み、製造の立ち合い…etc。

【マッスルデリの魅力】

食を通じて未来を変えられる、まさにこれに尽きると思います。まだまだ発展途上の会社なので、足りない部分や、やろうとしても出来ないこともたくさんあります。

正直大変な部分やもどかしい部分もたくさんありますが、社内の雑談なんかから生まれた商品のアイデアとずっと一緒に走り続けて、それが形になって、お客様からのコメントをいただけたときの喜びはひとしおです。

あとは、何でも言えるのが本当にいいところです。でも何でも言われます(笑)マーケサイドから「こんなの作ってよ!」て言われて「分かりました!じゃあ月間10万食売ってください!」「今はまだ無理だ―!」みたいな。

もちろん、事業としてやっていることなので、市場性や採算など考えることはしっかりと考えますが、それ以上に、その商品があることでお客様の生活が良くなるか?が第一です。部門は違えど、その思いはメンバー皆同じなのでそこに共感をしてしてもらえる方と一緒に働けたらと思います。

長々と書いてしまいましたが、食に関わる知識や経験をいかして、理想の未来を一緒に作りましょう!

株式会社Muscle Deli's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more