1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

ベトナム帰りのPM、橋本がモトアップで働く理由

皆さんこんにちは。株式会社モトアップの採用担当、石原です。

本日は当社の社員インタビュー企画第2弾として、開発エンジニアの橋本をご紹介します!

■■■プロフィール■■■

名前:橋本 祐介

配属先(職種):システム開発部・総務部

入社年月:2017年6月

学歴:北海道大学大学院情報科学研究科 卒業

出身地:福島

マイブーム:ボードゲーム・オーディオブック・成城石井

まずは社会人になるまでの橋本さんが、どんな学生だったのか教えてください。

親や先生の言うことを素直に聞く、大人しい真面目な学生でした。
外で友達と遊ぶよりも、家でテレビゲームやアニメを見るほうが好き。

ただ、「普通の人にはなりたくない」となんとなく思っていて、
高校の部活では競歩、趣味で着メロ作り、大学のサークルではパイプオルガンに取り組んでました。


働くことについて真剣に考えだしたのは、大学4年の3月。
自分は大学院に進むことが決まっていましたが、修士2年の先輩が卒業する時に「就職」がリアルになり、「自分は何ができて何がしたいんだろうか」と急に不安になりました。

そんな時、アプリ開発の学生インターンにたまたま誘いがあり、就活のネタにと始めてみました。それまで開発経験はなく、プログラミングを覚えるのはとても大変でした...。
が、「何か新しいものを作っている感」と「動いた時の達成感」はいまでも覚えています。


就活は修士1年の8月から始めました(人より時間がかかると思ったので)。
「周りの人と違う事がしたい!」ということで、
「大手でも札幌でもなく、東京のITベンチャーに行きたい」と思っていました。

就活は本当にいい経験でした。
やりたいこと・目標・ビジョンを持っている友達や企業との出会い。
自分のやりたいことについて、真剣に悩み、考え、伝えたこと。
約7ヶ月就活をしましたが、納得行くまで動いて本当に良かったと思います。

大学を卒業し、初めて入社した会社ではどんな仕事をしていたんでしょうか?

実は体調の都合で、卒業後に約4ヶ月のニート生活と、約1年のフリーター生活をしていました。
「卒業後、何事も無く就職していたらどんな人生だっただろうか...」と思うこともあります。
が、「何かに失敗しても案外生きていける」と思えるようになったし、
平日の日中に出歩いて個人事業主など(当時の自分には)新鮮な生き方をした人との出会いもあり、
ものの見方の幅は広がったと思っています。

とはいえ年齢的にそろそろ働きたいと思ったので、ご縁もあり「企業理念の浸透」を提供するベンチャー企業に入社しました。
ちょうど26歳になった時でした。

約3年間、自社サービスの開発・運用を通して、フロントエンドからバックエンドまで幅広く経験できました。
特に最後の1年間は、

  • ベトナム支社で1年間現地のメンバー約30人と働く経験
  • 約400社、1万ユーザーが利用する主力サービスのプロジェクトリーダー

    という、2つの大きな経験をさせていただきました。

ベトナムでの仕事で一番大変だったことは、コミュニケーションです。
言葉や文化の違うベトナムメンバーとのやり取りも大変でしたが、
直接顔を合わせれなくなった日本メンバーとのやり取りも、同じように大変でした。

コミュニケーション不全から揉める時も度々ありました...。
が、この時の経験から、

  • 相手はどういう状況にいて、本当に解決したいことはなにか?
  • 相手が大事にしている価値観や、されて嫌なことはにか?
  • 相手が喜んで協力してくれることや、自分が喜んで協力できることはなにか?

に意識を向けてコミュニケーションをするようになりました。
結果、部署間や言葉の壁を超えて、いい仕事を楽しくできるようになりました。

モトアップに入社したきっかけ

PLとして現場メンバーと大変ながらも良好な関係で仕事ができ、またベトナム生活が居心地良かったため、大きな不満は特別ありませんでした。
ただ漠然と「全く新しい経験をして自分の幅を広げたい」とも感じていました。

そんな時にご縁ときっかけがあり、日本の新天地で個人事業主をしようと思い、前職を退職しました。
しかし人生は面白いものでご縁が重なり、就活時に会った友達から「モトアップでエンジニアを募集している」と連絡が届きました。

「せっかくなのでぜひ」と話を聞いてみたら、なんとも面白そう。

  • ナイトレジャーという「普通ではない」業界を変えにいくスタイル
  • 勢いやノリだけでなく、ある程度の裏付けを持った事業戦略

この2点が、自分にツボにヒットしました。

どちらにするか、決断の時はとても悩みました...
が、社長とCTOの人柄と情熱から、ワクワク生きれそうなイメージが浮かんだので、モトアップに入社を決めました。

モトアップに入社してからはどんな仕事を?

  • 自社サービスのリニューアルプロジェクトのPM
  • ミッション・ビジョンの作成

に取り組んでいます。
入社早々に、責任の大きい仕事を任せていただいてます。

サービスも社内の体制も、まだまだ整備されているわけではありません。
どういう状態が理想かさえ、固まっていないものもたくさんあります。

状況や将来像を整理して仕組み化すること自体は慣れているのですが、
このサイズ感のものを複数同時に持ったことは初めて。
日々たくさんの課題に頭を抱えながら、
メンバーと連携しながら、サポートしてもらいながら、なんとかがんばってます^^


また、社内にボードゲーム部を立ち上げました。
もともと趣味で月1でボードゲーム会を開催していたのですが、
社内メンバーの交流&発見になればと思ったからです。

実はボードゲームには数千の種類があり、毎度開催するたびに

  • 「毎回想像を超えたゲームで遊べて楽しい」
  • 「メンバーと交流もできていい」
  • 「お互いの性格が出るから面白い」

などと感想をもらっています^^b

これからは社外の人も来れるイベントにするので、ぜひ遊びにきてください!笑

今後のビジョンについても聞かせてください。

「能動的に楽しく、目的に向かって打ち込めるチームや組織を作る」ことが目標です!

自分の思う楽しさを自分で突き詰めて、計画をして、行動して、人に見せて巻き込んで、サービスを仕上げて、世の中に発信して、利益を得る。
自分が楽しいと思うことから始めるから、めちゃくちゃ楽しいと思うんですよね。

自発的に仕事がやりたくなる仕組みや制度を作っていきたいと思っています。

最後に、どんな人にモトアップに入社してほしいかを聞かせてください。

「こうしたらサービスや会社がもっと良くなる」
という案を自ら考えて、実際に行動に移せる人と一緒に働きたいです。

サービスや会社の仕組み自体を、一緒に作りましょう!

株式会社モトアップ's job postings
9 Likes
9 Likes

Weekly ranking

Show other rankings