This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

What we do

モレーンの製品群「感染管理のチェーン」
モレーンのセミナールーム「ダーウィン」
院内感染を含めた医療感染を防ぐためのコンサルティングを行っている会社です。 日本に院内感染対策の概念が出来上がる前から蓄積してきた感染管理ノウハウの提供を通して、感染を未然に防ぐサービスを提供しています。 お客様は、主に大学病院をはじめ、大手から中堅規模の病院。最近では在宅や個人にまでお客様は広がっています。普段のお悩みや困りごとを聞いたり、一緒に病棟をラウンドしたり、webを通じてコンサルティングをして、手袋やマスク、洗浄装置まで、自社ブランド・海外ブランドを含めた約40種類ほどある様々な製品を駆使して、感染率を下げるご提案をします。また製品の導入だけでは、院内感染は100%防ぐことはできません。それを「使う人」にも意識や正しい知識をつけていただく必要があります。そのため、医師や看護師さんたちにむけた感染管理の研修やセミナー、ゲームを行い、院内感染対策の正しい意識と知識を持ってもらうこともしています。 実は、こういった総合的な感染管理のコンサルティングを行っている会社は、日本で弊社のみ。それは、院内感染予防の概念が日本にもたらされるより前に、私たちが院内感染予防推進を全国の病院に向けて行っていたからです。今では日本でも感染管理が国として制度化され、専門の知識と資格を持った看護師(感染管理認定看護師)が徐々に病院に配置されるようになりました。認定看護師の育成にも関わるなど、業界全体での感染管理の推進にも携わってきたモレーン。おかげさまで、感染管理に関わる方々のあいだでは弊社を知らない人はいないほどの知名度を誇ります。今、高齢化社会に向けて病院のあり方も変化しようとしており、新たなビジネスチャンスに向けて準備を進めている真っ最中です。

Why we do

去年は全員で洞窟探検!遊ぶ時も本気です笑
プレゼンコンテスト。社内でビックリするようなアイデアが生まれています
病気に入院したら、別の病気にかかってしまった。退院が予定より長引いてしまった。 こういった体験や経験を耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか。 それが「院内感染」です。病院では、免疫力や抵抗力、体力がおとろえた状態で入院されている患者さんが多いため、通常は無害の菌やウイルスであってもその感染により、時には命に関わるほど重症化する場合があります。さらには抗生物質が効かない菌も蔓延し、この院内感染による死者は、実は日本で年間約5万人いるとも言われています。この数字は、交通事故の10倍以上となります。 他の病気や怪我を治すために入院したのに、全く別の病気に感染し、命を落としてしまうことがある。もし、自分の大切な人が院内感染したらどうするのか。このような理不尽に立ち向かうために私たちは日々全国で活動しています。

How we do

壁のないフラットなワンフロアで自由に交流しながら仕事をしています
海外の学会にも積極的に参加しています。
1990年代。イギリスやアメリカで病院における感染管理が活発になってきていた頃、日本にはまだその概念自体がありませんでした。そんな時代の1993年に代表の草場はイギリスでノウハウを学んだあと、院内感染の予防について病院まわりをスタート。最初は感染管理の概念自体が無いため、門前払いばかりでしたが、それでも感染管理のコンサルに入った病院では、間違いなく院内感染の率が下がりました。日本に感染管理認定看護師の制度ができたのは、2001年。今では、モレーンのコンサルティング営業が病院に電話すると「ああ、モレーンさんね!」と言われ、すぐに会っていただける位、様々な病院でモレーンの製品やノウハウが活躍しています。最近ではwebからのお問い合わせも急増し、これまで直接コンサルタントが行けなかったような、クリニックや在宅でもwebコンサルを通じて、製品の購入までwebで完結するという仕事も増えています。 また、モレーンの製品群「感染管理のチェーン」は、世界10ヶ国から調達しており、輸入しているものから製造委託しているものまで40種類以上にのぼります。 モレーンでは若手であっても、日常的にたくさんの意見を出すことができます。声が反映されて、実際に商品化されたり、サービスになったりした例もあります。また、若手の社員で集まって、今の体制をより良くするにはどうしたらよいか、イノベーションを起こすにはどうしたらよいか、を代表と語り合う合宿があったりなど、若手のアイデアがたくさん求められています。モレーンでは若手のうちから発言権を持ってチャンスを獲得し、成長できる土台が整っています。 そんなモレーンコーポレーションを支えるのは、個性豊かなキャラクターの仲間たち。 イノベーションを起こすためには、多様性が必要。と代表の草場も話していますが、モレーンには個性的な仲間たちが集まっています。帰国子女で日本語よりも英語が得意な社員、ライフセーバーの資格を持っている社員、アフロヘアーの社員、お菓子作りが得意な男性社員、など、色んな志向を持った社員が集まっています。後輩が失敗したら率先して助けてくれたり、お世話焼きの社員も多いので、日常的なコミュニケーションがとても活発で、あたたかい雰囲気が社内に流れています。ぜひ会社訪問で、弊社の空気を感じに来てください。