1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

参加者300名超!初のオンライン忘年会がとても盛り上がりました

こんにちは、採用担当の山下です。

やりました、オンライン忘年会。

毎年オフィスに隣接する宴会場を借りて大々的に開催していたのですが、今年はコロナ禍でそれも叶わず…。一年の労をねぎらわないと2020年終われない!ということで、今年は初のドキドキ!オンライン開催となりました。

参加者は青森拠点やグループ会社含め300名以上。想像以上に大規模なイベントとなり運営の我々もそれはもうドキドキでした。今回のストーリーはそんな当社の忘年会の様子をお伝えしたいと思います。
(ちなみに余談ですが当社では忘年会を「Bo-Nen-Kai」と表します。国籍宗教を問わない意味を込めてローマ字表記になっているとかそうじゃないとか)


同じ釜の飯がいい!食事は「nonpi foodbox™」

オンラインイベントを企画する際に最初にぶち当たるであろう「飲食物どうする」問題。費用を支給して各自で購入してもらったり、UberEatsを手配したりといった会社も多いのではと思います。当社の場合、在宅・オフィスと参加場所が異なるためそれぞれの事情に合わせたサービスが必要で、且つせっかく一緒にやるのであれば同じごはんを楽しみたい!という想いが強かったので、nonpiさんのfoodboxを利用しました。

在宅組は自宅へ、オフィス組は会社に届けてもらい各自へ配りました。
正直こういった類のごはんはあまり期待していなかったのですが(失礼)、めちゃめちゃ美味しかったです。お皿をなめるのをグッと我慢したくらいでした。参加者からも「ごはん美味しかった!」という声が多く、注文から配送まで簡単だったので運営側としても満足度の高いサービスでした。


間延びを抑えた1時間!ちょうどよいプログラム

プログラムはこんな感じ。

全体で1時間程度とちょっと短いかな?と不安だったのですが、司会者の話が中心となるオンラインイベントは後半グダってしまうのでむしろちょうどよい長さでした。盛り上がりがピークに達したくらいでお開きとなったので楽しい気持ちのまま終えることができました。


独自の表彰制度!「Global IDEI Award」

前半は毎年恒例、年間のNo.1を決める表彰式でした。

出井さんからの出資が無ければマネックスは存在していなかったといっても過言ではないくらい、当社にとって偉大なお方。そんな出井さんが自薦・他薦で集まった国内外のアイデアや取り組みの中から直々に受賞者を選んでいただく、当社独自のアワードです。

今年は異例の、コインチェックのSharelyと米国TradeStation「CryptEarn」のダブル受賞となりました。おめでとうございます🎊(帽子…帽子…!)


zoomの投票機能をフル活用!「多数派ゲーム」

後半はイベントの大定番、ゲーム!松坂牛や海鮮セットなど豪華賞品を懸けた熱い戦い!
オンラインでも全員が参加できるものを試行錯誤した結果、zoomの投票機能を使ったゲームにたどり着きました。

こんな感じで、意見が二分しそうな問題を出す→投票機能でどちらか選ぶ→投票数が多かった方が勝ち→最後まで勝ち残った人に豪華賞品!という流れです。

これが大いに盛り上がりまして、特に「きのこたけのこ問題」では1票差できのこの山が勝利、運営の不正を疑われるくらい奇跡的な分かれ方をしました(チャットの治安が悪くなりました)

投票機能さえ準備しておけば当日は大きな混乱もなくできるのでおススメのゲームです。

ちなみに最終的にはあみだくじで受賞者を決めるというなんともアナログな決勝戦となりました。0.5秒で結果が分かるハイパー爆速あみだを使ったのでサクサクでした。


結論:とても盛り上がりました

初めてながらも大成功を収めたオンライン忘年会。
どんな形であれみんなで一緒に盛り上がれる会社行事は楽しいですよね。みなさんもぜひお試しあれ。

マネックス証券株式会社's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more