1
/
5

【MeRISEメンバー紹介】自分がそうだったように、英語を通じて世界への挑戦をサポートしていきたい。


ミライズで働くメンバーを紹介する企画。今回は飲食業界から転職し、スクールの運営から英語学習トレーナーまでこなす石野健太さんにインタビュー。ミライズに入社した経緯や現在の仕事、その魅力などに迫ります!

【石野健太さんプロフィール】

大学卒業後に新卒でANA大阪航空株式会社に入社しグランドスタッフを務めた後、退職しスターバックスコーヒーに入社。その後台湾へワーキングホリデーに行ったのがきっかけで株式会社ファーストスクエア飲食事業部へ入社し台湾ティーのゴンチャで店長を務める。留学の経験から英語と関わりたい気持ちを捨てられず、英会話業界へキャリアチェンジ。2020年5月にMeRISE株式会社へ入社。


世界中に店舗を構える大手飲食店の店長から、

英会話業界へ大きくキャリアチェンジ

ー ミライズで働く前は、どのような仕事をしていましたか?

大学を卒業してから新卒でANA大阪空港に入社し、グランドスタッフとして働いていました。

退職後はスターバックスコーヒーに入社して3年ほど勤務したのち、台湾へワーキングホリデーに行きました。

それがきっかけで帰国後に株式会社ファーストスクエア飲食事業部へ入社して、台湾ティー専門店のゴンチャで店長をしていました。


ー 店長さんだったんですね!では主にマネジメント業務をしていたのですか?

そうですね!

合計3店舗のマネジメントをしていたので、売り上げや数値の管理だったり、スタッフのトレーニングなどの業務をしていました。一般的な店長業務ですね。


ー 飲食店から英会話スクールだとかなり業種が違ってくると思うのですが、なぜ転職しようと思ったのですか?

経歴的には飲食業界で働いた年数が長いのですが、

大学の時に留学に行ったことがあって、その時から英語を使った仕事をしたいとずっと思っていました。

飲食業でもたまに英語を使う機会はあるのですがそこまであるわけではなくて。

前職で店長として働いている時に、「やっぱりもう一度英語を使う仕事がしたい」という思いがあったので英会話業界に行こうと決意しました。

英語を通じて誰かの挑戦をサポートしたい

ミライズは自分の理想にぴったりの場所だった

ー 英会話スクールは沢山ありますが、その中でミライズを選んだのはなぜですか?

普段から英語を使える環境にあるというところと、理念やミッションを大事にしている会社がいいなと思っていたので、ミライズの“世界への挑戦をもっと身近に”という会社の理念がとても自分と共感するところがあったというのが一番の理由です。

自分も留学に行って英語が出来るようになったことで、人と人との繋がりも増えて自分の世界の幅が凄く広がったなと感じました。

同じように英語を通じて誰かの挑戦をサポートできる仕事に就きたいと思ったのがミライズを選んだ理由です。


ー 現在はどのような業務をされていらっしゃるんですか?

現在はスクールのマネージャー業務をしています。

具体的にはお客様からのLINEやメールでのお問い合わせ対応や新規のお客様のカウンセリング面談をしています。

後は英語学習トレーナーもしているので、生徒さんの英語力上達のために必要な自己学習の方法を教えたり、学習のスケジュール管理などもしています。


ー ミライズに入社する前とした後でイメージギャップなどはありましたか?

そうですね、そこまで大きくはないのですが、飲食業で働いていた時はお客様と関わるのがほとんど対面だったのが、今はオンラインだったりメールやLINEでの対応もあるので、同じお客様と関わる仕事でも色々な形があるんだなと感じました。

また、社内DX化の動きもあってリモート勤務が多いので、基本的なコニュニケーションはチャットでのやりとりやオンラインでのミーティングになるところも前職とはまた違った新しい形だと思います。

一番大切にしていることは

生徒さんや講師一人一人と丁寧に向き合うこと

ー スクール業務やトレーナーの仕事で面白いと感じるところはどこですか?

一番は「生徒さんの英語上達の手助けができている」と感じた時ですね。

面談をしている時に英語学習の悩みなどを聞いて、その方に合った一番良い方法を考えてサポートした結果、その悩みが解決できた時にはとてもやりがいを感じます。


ー これから力を入れていきたいことって何ですか?

入会していただいた生徒さんのケアだったりサポートを重点的に頑張っていけたらいいなと思います。

英語学習トレーナーとしてサポートするのはもちろんですが、それ以外でも校舎での生徒さんとのコミュニケーションをもっととっていきたいですね。


ー 石野さんが仕事をする上で大切にしていることってなんですか?

お客様一人一人に対してしっかり向き合うということは大事にしています。

皆さん何かしら英語に悩みがあったり、達成したい目標があったりすると思うので相談しやすい雰囲気づくりや「ニーズはなんなのか」「どう解決したら良いのか」の答えを出すためにも一人一人丁寧に向き合うようにしています。


ー 入社してから、自分自身が変わったなと思うところや、身についたスキルはありますか?

以前働いていた飲食業ではお客様と話すのは1分以内で終わることが多かったのですが、今は面談で長時間話す機会が多いのと、生徒さんの年代や性格もバラバラなので色々な人と話すトークスキルやコミュニケーション能力は以前よりも身についたかなと思います。

飲食店では質問してすぐに注文を頂いて終わりなのでニーズに対する答えがはっきりと出ているのですが、現在は生徒さんと話す中でじっくりニーズや悩みを引き出していく力が必要になってくるので、そういった力も徐々に身についてきたかなと感じています。


業務改善して増えた時間を

生徒さんとのコミュニケーションに

ー ミライズという会社はどんな方に合っていると思いますか?

どちらかというと一人で物事を考えてある程度進められる人の方が合っていると思います。

リモート勤務の会社はよくあることだと思うのですが、チャットで分からない部分を質問してすぐに返事が帰ってくる時と忙しくてすぐに返せない時がどうしてもあります。

とくにマニュアルがあるわけではないので、一度自分でどうしたら良いのかをある程度考えて進めれる方だと良いですね。


ー では逆にどんな人だと合わないと思いますか?

やはり接客業なので、人と話すのが苦手な方やずっとパソコンで事務作業をしていたい方だと難しいのかなと思います。

校舎に出勤すると講師と話したり生徒さんの面談をしたりすることが多いので誰かと話している時間も多いですね。


ー 働いていて大変だった仕事などはありますか?

入社したばかりの頃よりは知識が深まってきた分素早く対応できるようになりましたが、メールやLINEでの問い合わせが多くきた時などは、丁寧に返そうとすればするほどその対応に時間が取られてしまうことがあるので、時間配分という意味で少し大変かなと思います。

問い合わせ対応も大切な業務なので、丁寧にかつもっと素早く対応できればお客様にとっても良いことだと思うので改善できるところは改善していきたいです。

そうして増えた時間を生徒さんとの面談や満足度の向上のために使えるとより良いですね。



こんにちは!広報担当の薄衣です!
今回インタビューさせたいただきましたミライズ社員の石野健太さん。
なかなか聞けない過去のお話や、トレーナーとして生徒さんを想う気持ち、仕事に対する丁寧な姿勢などを見せていただきました。

ミライズは誰かの挑戦をサポートすることができる、とてもやりがいを感じられる環境です。
ご興味がある方はぜひ一緒に働いてみませんか?
いつでもご連絡お待ちしております!
MeRISE株式会社's job postings
8 Likes
8 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more