1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

「外国籍ならではの強み」海外出身の若手活躍社員インタビュー

メンバーズHRエンゲージメント室の佐藤です!

メンバーズでは外国籍の社員もたくさん在籍しており、日本人社員と同じように活躍しています!そこで今回はインバウンド(訪日外国人向け)マーケティングの案件を担当するチームに在籍していて、様々な企業さまの案件を担当する2017年入社の于凱(ゆう・かい)さんと2019年入社の李琪瑶(り・きよう)さんに、業務内容や就活についてなど聞いてみました。


現在の業務内容を教えてください。

于さん:ユニットプロデューサーとして、クライアントワークとチームのマネジメントを両立して行っています。他のEMC案件のチームのように特定のお客さまのみ対応するのではなく、複数のお客さまに対してデリバリー業務を行っています。お客さま(日本の企業)のベトナムの現地法人に出張して、デジタルマーケティングのノウハウをお客さまにレクチャーする、なんていうこともありました。

また、チームとしては若いチームなので、育成の体制や仕組みづくりはまだできていない部分もあります。僕は仕組みづくりや働きやすいツールの使い方、レポートの設計などをパッケージ化してより効率的なチームになるようにマネジメント業務も並行して行っています。

李さん:中国向けの企画やコンテンツの作成、SNSの配信、その後のフィードバックからの改善などの仕事をしています。中国のSNSのユーザーとのやり取りやコミュニケーションをコンテンツの改善に活かしています。クライアントと直接コミュニケーションを取り、コンテンツの企画、制作を行っています。


学生時代に学んだこと・やってきたことは?

于さん:日本には小さい頃から来たことがあり、高校、大学と日本で過ごしました。中国で感じる日本と、日本で感じる日本は若干違う部分があると思います。高校、大学では比較文化論に興味を持ちました。日本から見る中国はどうなのかとか。あとは通訳ガイドをやっていて、訪日観光客に僕が日本で見た中国や、中国で聞いていた日本と違う情報など、僕が感じている日本を僕の言葉で伝える活動もしていました。

李さん:大学は4年間中国で日本語を専攻し、その後、日本の大学院に入学しました。

大学時代は第二専攻でメディアを選んでいましたが、メディアに関しての勉強は少ししかできませんでした。せっかく日本語を勉強したので、日本で更にメディアに関連する知識を学びたいと思い、日本の大学院で情報学を勉強しました。

情報学と言ってもコーディングなどのインフォメーションではなく、社会のメデイアに関する情報収集の仕方や配信方法、コンテンツの分析などの勉強です。学校以外では、静岡の留学生会で日本人と異文化交流のイベントを開催しました。



メンバーズ入社に至った経緯を教えてください。

于さん:就活の時には、旅行関係の仕事も面白いと思っていました。しかし、仕事を通じて(前述の日本を伝えるという点において)できることは限られているんじゃないかと思うようになりました。また、デジタル業界の発展もあり、個の力はデジタルに負けてしまうと思いデジタル業界で就職活動を行いました。デジタル業界ではメンバーズの他にもベンチャー企業を見ていました。特に、メンバーズはインバウンドをやっているということもあり、興味を持ちました。でも一番のきっかけは剣持さんのトップセミナーです。メンバーズ以外でもデジタル業界、広告代理店を受けていたんですけど、メンバーズみたいな理念を掲げている会社はなかったなと思います。

李さん:私はメンバーズの夏のインターンシップに参加しました。メンバーズ以外に何社も同時にインターンに参加したんですけど、その中で一番、メンバーズのミッションやサービス内容が自分に合っていると思いました。

また、私は9月卒業だったので、早めに内定をもらえたのもタイミングが良かったですね。選考にあまり時間がかからなかったので、時間的に余裕を持てました。


母国での就職ではなく、日本で就職を決めた理由は?

于さん:日本で成功経験を積まないと、このまま中国に戻っても、戻らなくても、勉強しただけで終わると思ったからです。少なくとも、自分が日本で通用するんだという成功体験を一回掴んでおこうと思いました。

李さん:私も于さんと同じように考えてました。勉強だけで、社会経験や仕事の経験がないと、そのまま中国に帰ってもそこまで良い仕事が見つからないと思います。仕事の経験を積んでから、また将来を考えたほうが良いのかなと思いました。


入社後のギャップはありましたか?

于さん:悪い点のように聞こえるかもしれないですけど、僕からしたら良い点かなと思ったことがあります。メンバーズに入社した時、メンバーズではインバウンドをやっているから是非入社して欲しいと言われました。その時、てっきりメンバーズはインバウンドチームやインバウンド事業に関してサービズ化できてて、ビジネスモデルも成立しているんだと思いました。期待して入社したら、全然……(笑)これからインバウンドを作りましょうという感じで始まったばかりでした。今と比べたら、部署のメンバーも少ないし、やっている案件も全然少なかったです。そういうところがギャップでした。しょうがないというか、やってやるぞ的な気持ちが芽生えましたね。メンバーズあるあるですよね(笑)

李さん:配属前の面談でインバウンドチームを希望したんですけど、まさかスムーズにインバウンドチームに配属されるとは思いませんでした。あと入社前は、インバウンドチームでもそこまで外国人はいないのではと思っていて。実際は現地の文化をよく知っている外国籍の人がたくさんいて驚きましたが、ローカルに合うインバウンドのプロモーションができているなと感じました。インバウンドチームは中国籍のメンバーがすごく多くて、とてもやりやすいです。あとは、インバウンドといってもメンバーズはあくまで日本の企業なので、仕事では日本語でのやり取りや、日本の企業に関するサービスを提供するという意識で入ったのですが、まさか、毎日中国語で仕事することになるとは思わなかったですね。中国語というスキルを活かすことができてよかったです。



チームの雰囲気や、大変だと感じていることはなんですか?

于さん:やはり、文化の違いですかね。お客さまから、求めていることを(言わなくても)わかってますよね、という感じで外国籍のメンバーに頼まれるのは困りますね。外国籍のメンバーは、クライアントに対しても、社内のコミュニケーションにしても、文化的な違いによって正確なコミュニケーションを取るのにすごく時間がかかることもあります。

チーム内でも、僕のチームは日本人のメンバーと外国籍のメンバーで一緒のチーム構成で、やはり双方マネジメントの仕方が色々違うなと感じましたね。日本人のメンバーに対しては伝わることでも、外国籍のメンバーには伝わらないなんてことが多々ありました。(マネージャーとして外国籍の社員に)日本の会社だから、と言ってもなかなか納得してくれないケースもあります。それが悪いことだとは思っていないですが、メンバーズで、日本で働く以上はお互いのことを理解してベストを尽くさないといけないなと思いますね。

李さん:そうですね。外国籍メンバーが持っている価値観や文化がお客さまには理解されないことが結構があります。分からないことがあれば説明しますと言っても、上手く説明できないこともありました。私達が中国人のユーザーに刺さるコンテンツを意識して提案しても、お客さまはコンテンツに納得してくれないことがあるので難しいですね…。

于さん:もちろん、こちらの意見は主張しますが、最終的にはユーザーアンケートなど数字で語れる部分を根拠に提案していきます。お客さんの主張とバランスを取りながらこちらの伝えたいことを主張する必要がありますね。そこは外国人だからといって、頑固に譲らないということはないです。お客さまのビジネス成果を伸ばすために、外国籍メンバーも頑張っています。


最後に、就活生にアドバイスをお願いします!

于さん:日本人と一緒に就職活動を行いますが、言葉や文化は日本人と違っていて当たり前。別に劣等感は持たないで下さい。日本人には持っていないものを外国籍だからこそ持っていると思います。自分のことを否定せず、諦めずにやっていただきたいと思います。

李さん:みなさん、社会人の第一歩として仕事を選ぶと思います。仕事に対する意欲、やりたい気持ちを無くさないために、初めての仕事は自分が興味ある分野かどうかをよく考えて、自分がやりたい仕事を選んだほうが良いです。初めての仕事でとりあえず大企業に入りましょうというのはオススメしません。興味のない仕事を1年、2年、3年と積み重ねると、仕事に対する意欲もなくなり、今後の社会人としてのやりがいが感じられなくなると思います。最初の第一歩はやりたいことを選んだほうが良いです。

于さん、李さんインタビューへのご協力ありがとうございました!

そして、外国籍である強みを生かして活躍するお二人が登壇するイベントを3/12(木)16時半~オンラインにて開催します!

トークセッションや、質疑応答などで直接お話しができる機会です。留学生の方やグローバル系の仕事に興味がある学生さんのご参加お待ちしています。

株式会社メンバーズ's job postings
10 Likes
10 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more