This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

What we do

共同代表の森口
新しい試みとして出店したMellowの自社トラック
〜社会を「こだわり」で満たしていく〜 「今日のお昼ご飯、何を食べようか……」 Mellowが提供している『TLUNCH <トランチ>』は、モビリティビジネスを行う上で、固定店舗では想定されなかった様々な問題解決のためのプラットフォームです。オフィス街で働く皆さんへ、日替わりでシェフの「こだわり」が詰まった料理をお届けするのをサポートしています。 固定店舗では生み出せなかった事業の場と機会を新たに提供し、人々の生活に潤いをもたらすモビリティビジネスプラットフォーム事業は、その実現のための第一歩の事業です。以降はフード以外の業種についても展開していく見通しです。

Why we do

フードトラック事業者との懇親会より
フードトラック事業者との懇親会より
Mellowは『人を元気にする会社』であることを第一のミッションとしています。 自分らしさが当たり前のように問われ続ける時代だからこそ、Mellowは『個人の幸せを応援することで、事業を成功させるチームでありたい』と考え、日々オペレーションに取り組んでいます。 『小さな経済』が街にあふれ、自分らしい生き方を洗練させていくことができる、未だ誰もが見ぬ社会の実現を目指します。

How we do

エンジニアで人事担当の島田。オープンオフィスにて。
メンバーの記念日をみんなで祝いました!
組織に所属せずに生きるのが当たり前になっていく時代だからこそ、Mellowは「個人の幸せを応援することで、事業を成功させる集団」で在りたいと思っています。 そしてそのために、「愛・信頼・自立」にもとづく組織づくりに挑戦しています。 せっかく集まって働くなら、 愛と思いやりにあふれた環境で働きたい。 仲間同士が信頼し合うポジティブな環境で働きたい。 仲間ひとりひとりが自立して思考できる環境で働きたい。 その結果、自分たちの持つ力を最大限発揮し、人を元気にする事業を生み出し続けたい。 そんな願いを、組織がどんなに大きくなっても叶え続けたい。 そのために私たちは、 仲間の幸せに「無関心」にならず、「愛」をもって仲間と関わります。 誰かの「命令」ではなく、仲間同士の「信頼」で組織の力を最大化します。 「他者から与えられた役割」ではなく、「自分のありたい姿」を仲間と共に考えます。 そうすることで、仲間それぞれが持つ力を最大限発揮できると信じています。 私たちは「人を元気にする会社」として、理想の組織を追い求め続けます。 ・・・ 上記のような思想から。Mellowでは職種別の採用を行っていません。 Mellowには職種や肩書という概念がありません。職種や肩書はその人の持つ強みや責任範囲を端的に表すラベルでしかなく、そのラベルに人間が制限されることを望んでいないからです。 職種や肩書に縛られず、甘えず、「他者や社会から与えられた役割」ではなく「自分のありたい姿が何で、それにもとづいてどう働きたいか」を仲間と共に考え、最後は自分自身で決めることをもっとも重要視しています。それには相応の仕事としての大変さや、いち社会人としての自立が求められます。 人によってはそれを「苦しい」と感じることもあるかもしれませんが、それは愛と信頼と自立をもって働く上で必要なことだと考えています。 【Mellowで働いている人々】 ・年齢:25歳〜46歳(平均年齢およそ32歳) ・バックグラウンド:営業・デザイナー・エンジニア・フードトラック運営・イベント運営・店舗運営・起業家・etc... 【Mellowにおけるデザインの活躍事例】 ・TLUNCHのイメージを形作る販促物のデザイン ・広報全般で社会へのイメージを作るためのデザイン ・お客様が利用するTLUNCHアプリのデザイン( https://www.mellow.jp/tlunch#8 ) ・TLUNCH以外のスペースシェアリングビジネスを形作るブランドデザイン 【その他にやっている仕事】(一例です) ・TLUNCH営業スペースの運営(事業者のサポートなど) ・イベント運営(主催者との調整, 現場の運営など) ・ビル保有会社への営業 ・広報(事業, 採用) ・経理業務などのバックオフィス業務 ・TLUNCHアプリ http://onelink.to/tlunch の開発 ・事業運営支援システムの開発 などなど。 ここにある仕事の他にも「こんな仕事を通じて人を元気にできるのではないか」といった提案を随時受け付けています。