1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

久々の更新なのですが・・・ラストのご挨拶

写真は黒部第四発電所の入口にあるレリーフです。

先日ご縁があって観光化されていない非公開ルートを使い、欅平から黒部第四ダム(黒四ダム)まで行ってきました。
当時の人も今とあんまり変わりないし、「仕事なんてリスクとってなんぼ」という神経戦に耐えないと大成しないのが仕事なんじゃないのかなと。

最近はインターンシップの募集をしていたり、かつ今年の新入社員が前線配備される時期であったりということもあって、色んな人とお会いしたり話をします。ですが、起業を夢見つつもリスク取りたがらない人が多いですね。VCやクラファンという言葉を二言目には言う人も多いなと。
ただVCは大きいお金が動く半面で育てたビジネスか会社を売らないといけないし、本来のクラファンは途中経過や結果をキッチリ説明すべき双方向コミュニケーションの対価として支援を受けるもの。
つまり、ビジネスモデルを売りたくなくて会社を維持したければ昔ながらの融資しかなく、今のクラファンは「ネット乞食」だと批判を浴びても仕方ない側面も散見されるかと。

キレイごとだけでは会社は成り立たないし、法律を守っていくにはイージーモードではダメ。コンプラ意識が低い法律を知らないベンチャーともご一緒したことがありますが、外見の割には経営は火の車で、クライアントから必要以上に集金する姿勢を打ち出していきましたね。

草創期は「お客様のために!」と声を張り上げるんだけど、その声の裏側でやっていることは生活レベルを落さないための資金集めだったりして。
コインチェック社が『個人の財布で被害を弁償できる』といった時は、霞が関の官僚たちと呆れました。「自分のお金と会社のお金をどんぶりにしています」と言っているようなもんですから。
今から考えると、あの発言がきっかけで国税庁や金融庁が本気にならざるをえなかったというのが真相だったりしてね。
ホントは高校や大学で文理関係なく法律学を必修にすればいいと思うんですが、教員が不足して難しいかなぁ!?

さてタイトルの話ですが、9月末をWantedlyさんとの契約を止めることにしました。
理由はメンテの時間が取れないからです。
ホームページの運用を年末に開始して各自のFB(カギ付きのものもありますが)で想いを述べ、インターンシップ募集も別サイトで順調に進んでいる現状で、会社FBやインスタほか色々な発信ツールが放置状態になっており整理しようということになりました。

最終的にはホームページとSNS1つ、インターンシップや副業募集サイト1つという簡単な状況にします。
(ホームページにはカギ付きで、危ないことを話せる場所も作りました)

ここでやっていたのは数年という短い間でしたし、当社のような弱小ページを見に来てブックマークをつけて頂いた方には感謝の念しかありません。
ホントは興味を持って頂いた方々とお話しできる機会も作ってみたかったし、私が抱えている財政学と法律学、経済学、都市工学をミックスして挑まなければならない事案についてもテーブルに上げて議論する機会を作りたかったのですが残念です。

この更新以降はこのフィードを弄ることはありません。

何かありましたら、私たちの別の発信源にアプローチして頂ければ幸いです。
Web会議システムは健在ですので、どこの方とでも色々と議論したいという想いは変わりません。

茗渓コンサルタンツ株式会社 's job postings

Weekly ranking

Show other rankings