This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

2019卒の私がメグラスを選んだ3つの理由

こんにちは!2019卒、新卒でメグラスに入社する「すずのり」です!

2020卒の方に向けてこれからいくつかの記事で、メグラスのことや介護のこと、

就職活動のことなど、役に立つ情報をお届けしていきます。

今回は第1回ということで、私の自己紹介と、メグラスを選んだ理由について!

さっそく見ていきましょう!

:すずのりって一体誰?:


まずは簡単な自己紹介から。

「すずのり」は生まれも育ちも愛知県!

県内の大学で心理学(社会心理学)を専攻していました。

大学では勉強を中心に、

バスケットボール部と定食屋のキッチンアルバイトにはじまり、

ボランティアサークルとブログ、

自転車小旅行や年間100冊読書などをしていました。

好きな食べ物は焼きそば。

お気に入りの言葉は「焦らず、止まらず」。

それにしても上の画像、一体どこを見ているのでしょうか……。


:メグラスを知ったきっかけ:

働くイメージができない

話は3年次の冬にさかのぼります。

アルバイトとブログで収入はあったものの、

だからこそ正社員として働くイメージができなかった私。

その時は就職活動らしい就職活動は全くしていませんでした。

考えるに考えた結果、発想を転換して、

「自分と同じように働くイメージが持てない人の力になれる仕事」

である人材業界を志望しました。


メグラスを知るが……?

就活エージェントを利用して人材業界の会社を紹介してもらったところ、

いっしょにメグラスも紹介されました。

しかしその時の私は介護なんてノータッチ。

「きつそう」「きたなそう」「給料やすそう」

この記事を見てくださっているあなたもそう思っている(いた)かもしれません。

私もそうでした。労働条件の書かれた「書類1枚」を見ただけで判断し、

説明会にすら行きませんでした。


人材からベンチャーへ

人材業界を中心に見るも、絞り込みすぎは良くないと思いました。

そこで、人材も人材広告という部分で広告方面も探したり、

「働くイメージができないなら自分で創っていけばいい」と思い、

ベンチャー企業も探すことにしました。

そこでWantedlyアプリを入れ、

名古屋市のベンチャー企業を端から見ていきました。


メグラス再び

その中で見つけたメグラスという企業。

君の名は。

なんて冗談は置いておいて、当時は全く気が付きませんでした。

「どこかで聞いたことあるような」くらいの感じでした。

そんなことより、Wantedlyのページがとにかく良い!

「介護を変えたい!」という強い意志を感じました。

とりあえず話を聞きに行くことにしました。

これからは、面接にも触れつつ、メグラスに決めた理由をお話していこうと思います。


:メグラスに決めた理由:

仰天の1次面接

さて、話を聞きに行こうとしたらそこは既に面接だった!

採用担当の方からの衝撃の一言。

ー「すずのりくんのこと知ってるんだよねー

私「!!?!???」

就活エージェントで一度見ていたなんてことは、

頭の中にも隅っこにもありませんでしたので、驚きました。

話を聞くと、就活エージェントで私の情報がメグラスに送られていたらしく、

既に知っていたとのことでした。事態が飲み込めない私。

メグラスとしては紹介された「すずのり」のことが気になりつつも、

「今年は就活エージェントを使わない」という方針のため、

採用を見送っていたみたいなのです。

そんなとき現れたのが「事態が飲み込めない私」。

「事態が飲み込めない私」は何も知らずWantedlyでの素晴らしい記事を見て

はるばる訪れたのでした。

ようやく「事態が飲み込めた私」は、あることに気が付きました。

それは、

人材会社が間に入ってもマッチングできないこともある

ということです。

むしろ間に入る企業が多ければ多いほど企業も人も費用がかさんでしまいます。

当時の私はそれが衝撃でした。

仰天の1次面接で思ったこと、それは「人材業界に対する興味の薄れ」でした。


清々しい2次面接

さて、1次面接はどうなったかというと、メグラスも私のことに前から興味があり、

私も興味があって「自分の意思で(ここ重要です)」来たということで話がトントンと進み、

2次面接へ。

1次面接とはうってかわって、2次面接では徹底的に問い詰めてもらいました。

メグラスの面接は基本私服です。

でも私服って言っても困りますよね。既に「就活病」みたいなのに染まっていましたから。

今回の私服はオフィスカジュアル風でジャケットで行きました。

そしたら面接の方が開口一番、「それ私服?」

私「!!?!!?」

私「私服……だと思います……」

ー「普段着るの?」

私「たまに……」

ー「あなたらしい服って伝えたよね?普段着る服じゃないと意味ないじゃない」

私「え、あ……」

こんな感じでした。本当に。だらーっと嫌な汗です。

この人にウソや付け焼刃は通用しないと思いました、

そういうことならこっちも腹くくって言いたいこと全部言おう!と思いました。

介護を選ぶにあたっての不安はありましたが、それはメグラスを見ていて、

「自分がそのイメージ、不安を変えるんだ!」と思ったのです。

人材業界を志望していたこと、夢の事、全部話しました。

面接が終わるころには、私は就職活動中味わったことのない達成感に包まれていました。

数々の会社の面接に行きましたが、これだけ正直に自分の思いを打ち明けられた会社は、

他にありませんでした。これがメグラスを選んだ2つ目の理由です。

話し忘れました、1つ目の理由は「ご縁」ですね。


内定を取ったあと

内定がわかったとき、自分でも驚きました。飛び跳ねました!

飛び跳ねる自分に驚きました!!

その後数日で決断し、他の選考中の会社を全て辞退し、メグラスに決めました。

辞退した中には人材業界のあのメガベンチャーや、その広告代理店などがありました。

内定は、メグラス1つ。

「だったら辞退する必要はないんじゃないか?」と思った方も多いと思います。

でも私は、就職活動をする中で、「ひとりの人間を採用することがいかに大変か」を知りました。

「内定を取ったところで迷うレベルなのか?1年後もメグラスに入りたいと思うか?」

考えた結果、他を手放す決断をしました。

これはあくまでも私の話であって、あなたはあなたです。私と同じようにする必要は全くありません。

選択肢は多い方がいいと思います。


:期待が確信に変わるとき:

以上が、私のほやほやの就職活動体験記を交えた「メグラスを選んだ理由」でした!

最後に、お話ししきれなかったメグラスを選んだ理由を少しして終わりにしたいと思います。

それは、職場の雰囲気!落ち着きつつもテキパキと仕事をするフロア、笑顔が絶えないながらスピード感あふれるオフィス。この2つのバランスって本当に難しいと思います、

ゆったりしすぎると社会の波についていけないですし、楽しく突っ走りすぎると細かい気配りをおろそかにしてしまいます。

そのバランスが取れているというのがメグラスを選んだ大きな理由のひとつになります。

実際に職場を見て、期待は確信に変わりました。

「これは良い企業だ。もし入社後自分と合わなかったとしても企業ではなく自分の目を責めるだろう」

そこまで決意を固めて入社しました。

:まとめ:

私がメグラスを選んだ理由は、

1つ、「ご縁」で偶然出会った

2つ、「面接」自分の思いを全て出した

3つ、「雰囲気」落ち着き×スピード=最強

でした!

もちろんメグラスを選んだ理由はそれだけではありません。

が、それらの理由はまだ「期待」であり「確信」ではないのです。

私こと「すずのり」は今後、その期待を確信に変えていくために、

メグラスに切り込んだ調査、取材をしていきます。

決してそれは明るい部分だけではなありません。

暗い部分も含めて知りたいと思います。

それはきっと私の役に立つだけではなく、

就職活動をしているあなたの役にも立つことでしょう。

楽しみにしていてくださいね!

ところで、私のお気に入りの言葉、もう忘れちゃいました?

「焦らず、止まらず」です。

それでは、また!

株式会社メグラス's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more