This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

マッキンゼーからスタートアップに転職、誰もが羨むキャリアを捨てた理由とは

こんにちは!ミツモア採用担当です!

メンバー紹介第4回は、COO吉村のインタビューです!

マッキンゼーを辞めて、スタートアップCOOにたどりつくまでの話を聞いてきました!

まずは自己紹介をよろしくお願いします!

現在株式会社ミツモアのCOOをしています!マーケ・CS・事業提携・広報・採用活動まで幅広く担当しています。なんでも屋です。移り気なので、そういう役割が好きで楽しいです。モーニング娘。19とゆりやんレトリィバァを尊敬しています。


                  (同窓会の楽しい一コマ)

まさこさんってどんなこどもだったんですか?

奈良県の田舎で、自然の中で育ちました。秘密基地を作ったりドッヂボールをしたりする普通の小学生だったのですが、漠然と「でっかいことしたい欲」はずっと持っていた気がします。デフレについて論じたり政策に反対して文科省に意見を送ったりする意識高い系小学生でした。中・高と地元の公立学校に進み、大学は京都で過ごしました。

大学は京都大学でしたよね?大学時代に打ち込んでたことってありますか?

怠け者なので、法律相談という形でアウトプットが求められる法律相談部という部活に入って、毎週末近隣の一般人の方の相談に乗っていました。あとは福井県の鯖江市の地域活性化にかかわったり、バングラデシュに行ったり。やりたいことを詰め込みすぎてめちゃめちゃ忙しかったです。社会人になりたての頃は、土日が休みなので「大学生の頃より暇やな」と感じてました。


(鯖江市地域活性化活動の写真)

そこから新卒でマッキンゼーに就職したのはどうしてですか?

官僚を志して京都大学法学部に入ったのですが、官僚になった先輩方の話を聞くに自分は省庁のような大組織で働くのは合ってなさそうだと感じていました。

そんなときに、前述した鯖江市の地域活性化活動で某戦略コンサルに進まれるというおねえさんと出会いました。その方が美しく聡明でかっこよくて!!そこでコンサルティングについて調べてみたところ、「誰もわからない問いを解決する仕事」「高いレベルのプロフェッショナリズムと倫理観が求められる環境」ということがわかり、「でっかいことしたい欲」を持った自分にド刺さりしました。出来上がった組織じゃないところでなにかを作り上げる力がつくんじゃないか、と。

実際にマッキンゼーで働いてみてどうでしたか?

私は世間知らずでいなかっぺ、海外経験もほぼゼロだったので入社当初はめっちゃ大変でした(笑)。「吉村さんって敬語しゃべれないの?」と怒られたりしてました・・・。

しかし、圧倒的に仕事ができて人格も素晴らしい先輩・同輩・後輩のおかげで物凄く成長することができ、一生の付き合いになるだろうクライアントもできました。

世界中のメンバーと仕事をしながら、価値ある仕事とはなにか。プロとはなにか。という軸を持てたと思います。感謝してもしきれないです。

なるほど。。そんな充実したマッキンゼーからどうしてスタートアップを選んだんですか

マッキンゼーでの仕事は楽しかったのですが、いろいろなクライアントさんとのプロジェクトを通じて『事を成す』ことにおける決断力、完遂力の重要性も痛感するようになりました。戦略・決断・実行に一貫して責任を持ち、事業で成果を出される方々への憧れとリスペクトも大きくなりました。自分も、当事者として戦略を描き、決断し、実行することを通じてなにかを成したい。

それができるのがスタートアップかなと思いました。出来上がったところに入るのではなく、ほぼゼロの状態からなにかを作りたい、と思っていました。

ミツモアとの出会いについて教えてください

実はマッキンゼーを辞めたあとは先輩と事業を始める準備をしていたのですが、それが頓挫しました。そのときに貯金もすっからかんになりました。笑

ただ、超アーリーから事業をやりたかったので、もう一度自分で作ろうかなといろんな人に相談していたときに、マッキンゼー時代の先輩にCEOの石川を紹介されました。「事業は人だ!俺の友人の石川彩子は採用がうまい!コツを聞いてこい!」と。

そこで石川に「バイトする?」と誘われ、ミツモアでバイトすることにしました。ずるずる続けてしまうのがいやだったので、「3ヶ月で辞めます!」と宣言して始めました。

「3ヶ月で辞めます!」宣言からCOOを引き受けた理由は何だったんですか?

私は「このプロダクトを通じて幸せにできる人がいる」と心から信じられれば、業界などにさほどこだわりはありません。とにかくイケてる事業をイケてる人たちと作りたい。純度高くやりたい。

仕事をするにつれて人となりや事業がわかってきて、ミツモアであれば「イケてる事業」を「イケてる人たち」と作れるのでは?と思うようになりました。特に”人”の面で、これだけ信用出来て、一緒にがんばろうと思える人達と出会えることは滅多にないのではないかと。

自分で事業を始めることを応援してくれる人もいたのですごく悩んだのですが、縁を感じることも多く、このチャンスを逃してはいけないと思い参画を決めました。


ミツモアの良さはどんなところですか?

· 皆Thrive togetherなところ(ミツモアのバリューで、「ともに繁栄する」という意味です)

· どちゃくそ優秀なメンバーばかりなところ。ジャイアンツの4番的な人がいっぱいいます

· コミットメントの高い、頑張り屋さんしかいないところ

どんなひとと働きたいですか?

受け身にならず、日々の出来事や歴史から謙虚に・能動的に学びを貯めていけるかがものすごく大事だなと、最近改めてと思います。自分で調べる。人の背中から学ぶ。わからなかったら聞く。そういうことを根気よくできる人と働きたいなと思います。あとは、自分の仕事にプライドを持てる人。仕事は自分の分身だと思って、オーナーシップをもって仕事ができるかがすごく大事だと思います。



ミツモアではメンバーを大募集してます!✨

未経験の方大歓迎!!!学生さんのインターンも大募集してます!

ミツモアは経験関係なくやる気さえあれば誰でも大歓迎です!

まずはフランクにお互いのことをお話しましょう♪

株式会社ミツモア's job postings
22 Likes
22 Likes

Weekly ranking

Show other rankings