This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

【僕が商社の安定を捨て社員20人のスタートアップに転職した理由】ミツモアメンバー紹介②

ミツモアは情熱をもち、能動的に動く人々の集まりです!
社員は全員、情熱をもち、ミッション達成のために能動的に動く、自走する組織です。

メンバー紹介第2回は、事業推進本部長の大河内にインタビューしていきます!

どんな大学生活を送っていましたか?

↑ラクロス部の試合の様子


部活ばかりやってました。
ラクロス部に所属していて、最後決勝で負けちゃったことは今でも後悔しています。
当時は朝7時12時ぐらいまで練習で、その後昼寝して、練習の映像を見返して、夜自主練する、みたいな生活でした。

ミツモアに入った経緯

↑大学時代の大河内さん。今の姿からは想像できないスマートさですね!


部活を引退した後、5年目まで大学に行ってたんですが、その時就活イベントを開く団体にちょっと所属してました。

新卒の時は、いわゆる就職ランキング〇位!みたいな総合商社に入社しました。
そこで顧客を目の前にした売買も経験しましたし、数十億円規模の投資案件も経験しました。
できることがたくさん増えた、とても充実した時間でした。
ただ、
「全体に自分の目が行き届くような規模感で仕事をしたいな」とか
「一緒に働く人は自分で選びたいな」とか、
「若いうちしかできないことってあるな」とか、
「自分がちゃんと伸びてれば商社なんていつでも戻れる(過信)」とか、
日々悶々と悩んでました。

↑将来に悩む大河内氏


そんな中で、
「俺、友達には恵まれてるし、たぶんこの人間関係があれば、将来も楽しく過ごせる」
「じゃあ、なんか仕事でちょっとリスクとって、どんなことが起きようとも、幸せな人生になるな」
と思うようになりました。

そんな時に僕が大学の時に所属していた団体のOB会があり、そこでCOOの吉村さんと出会ったのがきっかけです。
その後CTOの柄澤さんと話して、なんとなく面白かったので入社しました。
商社の仕事は面白かったんですけど、もうちょっと想像を超えるばたばたの中でどうにか何とかする、みたいな仕事したほうがおもしろいかな、とおもってスタートアップを選びました。

ミツモア では現在何をしていますか?

↑おっさんとおばさんの間をとった中性的おっさんの大河内氏


ミツモア のユーザーを増やすためにできることを考えています。
具体的にはSEO周りのことを主に扱っていて、現在の3~4倍ぐらいの人数の組織にしたくてその準備がちょっとだけ大変です。

SEOとは何かを検索するとたくさんのサイトがでてきますよね?
でも多くのユーザーが上位3つくらいのサイトしか訪れない。
ユーザーを集めるためには検索順位をあげれば良く、検索順位をあげる技術をSEOといいます。

将来マーケティングやweb関係の仕事をしたい人にはとても役立つスキルだと思います。

あとは会社の賑やかしをしています笑

どんな人と一緒に働きたいですか?

とにかく話してて面白い人がいいです。
根暗だろうとオタクだろうと、何かにこだわっていたり、変わってる奴だけどなんか魅力あるとか、もう本当に面白いとか、なんか話してると笑ってられる人を探しています。
しんどい仕事を助け合いながらみんなの力で乗り切る!!みたいなチームを作りたい!です。

最後に一言!

ミツモアはそれぞれの分野でトップレベルの能力を持つ超人たちが集まる組織です笑

毎日色んな刺激を受けることができることもオススメポイントです。

忍耐のいる仕事ですけど、その先には必ず結果がついてくると思います。

おもしろいことを一緒にしましょう。

ミツモアではメンバーを大募集してます!✨

未経験の方大歓迎!!!

学生さんのインターンも大募集してます!

ミツモアは経験関係なくやる気さえあれば誰でも大歓迎です!
まずはフランクにお互いのことをお話しましょう♪


人事・広報インターン
完全人柄採用!急成長ベンチャーで人事インターンやりたい学生WANTED!
「ローカルビジネスの課題を解決」したいと思っています。 ローカルビジネスとは、カメラマンや税理士、工務店などと言った、地域密着型でサービスを提供するビジネス全般のことを指します。 ミツモアは、ローカルサービスの事業者とサービスを利用したい依頼者のマッチングをしています。 実は、日本のローカルビジネス市場は、数十兆円規模の市場であるにも関わらず非常に非効率となっております。 非効率というのは、 - サービスの相場価格や提供事業者の情報が不透明で、自分にぴったりな事業者を探すのに手間がかかる - 依頼者と事業者の間に代理店が介在することも多く、事業者は顧客紹介を受けるために高額な手数料を払わなければならない という状況です。 数年先を走っているアメリカではローカルサービス市場の効率化をめざすプラットフォームがここ数年で複数誕生しており、世界的に見ても注目されている市場になっています。 その中でも、ThumbtackというプラットフォームはGoogle Capitalから「ローカルサービス市場の効率化に成功した最初の会社」と評され、1000億円を超える流通金額でユニコーンとなっています。 一方で、日本ではまだこの分野でユニコーン企業がありません。 ミツモアは、この分野での先駆者としてローカルサービス市場の効率化を牽引していきます。 また、1000万PVを誇る自社オウンドメディア「ミツモアMedia」の運用にも力を入れています!
株式会社ミツモア

記事読んだよ!という方はいいね(❤️)をポチッといただけるとめっちゃ励みになります!✨

最後までお読みいただきありがとうございました。

株式会社ミツモア's job postings
33 Likes
33 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more